絶賛キッズキャンプ開催中〜★★★

January 12 [Tue], 2016, 13:46
大変雪が少ないスタートとなりました今シーズン

クリスマス〜年末年始〜3連休とあわただしかったものの、連日「キッズ/ジュニア/レギュラー/シニア」各クラス沢山の選手達が充実したトレーニングを行うことが出来ました。

ACCEL Ski Systemブログ
http://ameblo.jp/accel-ski/
ACCEL SKI SYSTEM

ミホコーチ担当のキッズクラス&ジュニア選手のサポートと、他業務と並行しながら、連日の早朝トレーニングに追われすっかりブログでのご報告が滞っておりましたが、みな元気にレベルアップしてくれております。

特にジュニア選手達は、オフシーズンの陸トレからシーズンイン、そしてダグに引き継ぐまでなんとか粘って少ない雪でも質を上げて取り組みましたが、結果が出た選手、ぎりぎりのところで最後にメンタル面の敗因があったり、ピークを持っていったものの詰めが足りず反省する部分があったり、”環境を言い訳にしない”と取り組んで来ただけに無念でならない結果になった選手も。

悔しいばかりですが、スポーツは結果での評価になりますので、真摯に受け止めなければなりません。
長いシーズン、長期的な視点を持ちつつ、指導する側も”強い気持ちをもちつづける”ことの大切さを学ばせてもらいました。

キッズキャンプの方は、お蔭様で順調に
新しいメンバーも増えて、大変にぎやかになってまいりました



先輩達が切り開いたキャンプを、継続できるようにコーチも気を引き締めて
先輩達はすっかり貫禄が出てきましたね(笑)



はじめはMotoki選手のプレイベートキャンプだったのがウソのようです
SakurakoちゃんやKarenちゃんも、遊びに来てくれ嬉しいかぎりです

個性豊かな選手達、1人ひとりのレベルアップも素晴らしく







それでは、各予選通過の選手のみなさんは、本戦に向けた準備を
これから予選の選手は、自信を持ってベストランを
この後は大事な大会がつづきますので、それぞれいい準備を期待しております。

吉報をお待ちしております

ロシチームの全国ミーティングへ

September 28 [Mon], 2015, 9:58

最近はもっぱら陸トレ期間ということで、こちらにご報告せずすみません

ACCEL Ski Systemブログ
http://ameblo.jp/accel-ski/

ACCEL SKI SYSTEM

で、5月〜9月までのメニューも終わり、ここからどこまでツメて雪上へつなげるかの大切な時期

小学生までと、中学〜高校への移行期では、心身共にプライオリティが異なるので、本当に『年間プラン』と『長いスパンでのプラン』と、『広い視野でのプラン』の重要度をひしひしと感じている今日この頃。

先日(9/26)にロシチームの全体コーチミーティングへ参加して参りました。
全国各地の素晴らしいコーチの方々にお会い出来る、貴重な機会を本当にありがとうございました!

https://www.facebook.com/rossignoljapan

(シェアが上手くできなかったので、facebookより画像をいただきました

連携して選手をサポート出来る体制があることは、本当にありがたいことですし、マテリアル(用具)を使うスポーツである以上は、全国大会などでのサービスマンさんのサポートは重要なウェイトを占めることになります。



FECなどでロシチームのお手伝いで出向いている時には、霜野さんや吉野さんのサービスマンさんのお仕事を垣間見ておりましたが、本当に素晴らしすぎて奥が深い上、知識・経験、決断力・判断力を技を繰り出しながら作り上げ、選手達の結果が出た瞬間は、本当に鳥肌もので。

トップ選手になれば、かかせない存在であるサービスマンさんのお仕事は、尊敬でしかありません

もちろんこのサービスを受けられる選手になるには、狭き門をくぐらねばなりません
どのスポーツもそうですが、当然スポーツは実力主義です。
早く選手を送り届けたいなという気持ちと、送り届ける以上は心身共に失礼のない人材をお預けせねばと、強く思いました。

その部分と、これまで同様に変わらず大切にしたい部分と、今後私たちがどう取り組みどう進んでいくか、再確認する機会にもなりました。
今回も大変貴重で有意義なお話しと、あらたなチーム体制の方針も聞くことが出来、冬に向けて気持ちを引き締めて参りたいと思います。

そして、北海道や秋田、岩手〜甲信越、西日本と、なかなかお会い出来ないそうそうたる尊敬してやまないコーチの方々にご挨拶が出来ましたこと、本当にありがとうございました。

うちに来ている選手達は、まだまだ天真爛漫にアルペンに向き合っておりますので、楽しみながらも将来皆様に”サポートしていただけるような選手”へ、どう成長してもらえるか、選手一人ひとりと向き合いながら取り組んでいきたいと思います。

好きなことを本気でやれる喜びは、何事にもかえがたい経験で
真剣にやらせてもらえるご家族がいて
それを支えてくださる方々が大勢いること





特にまだ染まっていない『チャイルド〜キッズ〜ジュニア期』の大切な時期にこそ。
伝えるべきことはしっかりと伝えつづけることを、肝に銘じて。


・・・責任重大ですね(笑)

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。



シニアマスターズ選手の短・中・長期計画

July 09 [Thu], 2015, 10:47

以前からずっと疑問に思っていたことの1つに、大人の選手の「短・中・長期計画」の立て方の難しさがありました。

50代以上のシニア・マスターズ選手にとっての「短・中・長期計画」の基本的な「組み立て方」が、個人的に見えてきたので参考までにご紹介させていただきます。
(現在活動されているマスターズ選手の方々には”あたり前のこと”かと思いますが、”これからトライする方”や”復活する方”にとって参考にしていただきたいのと、あくまで基本的なものとして)

= = = = = = = = = = = = = = = = =

マスターズの大会は、5才刻みでクラスがあがります。
年齢でのクラス制限なので、ある程度『クラスがあがったばかりの初年度』『2年目』にチャンスを向かえることになります。
(どうして2年目もかは、また後日にでも。)

57 58 59
60 61 62 63 64
65 66 67 68 69
70 71 72 73 74
75 76 77 78 79
80 81 82 83 84
85 86 87 88 89
・・・

この5年というスパンの中で、自分がどこに今いるかで戦略(戦い方)を変えることで、モチベーションを維持してピークをあわせやすくなり、より長いスパンでスポーツを楽しめるようになるのではないかと。

例えば、シニアクラス50代後半〜を仮に設定しますと

57 58 59
直近で訪れる60才でのチャンスへ向け、58-59才を準備期間とする。
技術の習得、トレーニング内容の再構築などライフスタイルを含めた環境づくり、家族の理解、自分自身の目標設定、情報収集など。

60 61 62 63 64
現役マスターズ選手として最初のピークを60・61才へ。
62才/下からあがってくる若いライバルに食らいつき、玉砕するつもりで挑む。(常にチャレンジ精神で)
63・64才/心・技・体、あらゆる総合のベースをあげて来たるべき次のクラスへ備えます。
年間計画の見直しや、環境改善をしつつも、落ち着いて方向性を決める大切な頃かと。

65 66 67 68 69
60〜64才で培ったノウハウを、さらに深め、高い境地を目指します。
ライフスタイルの変化を乗り越え、次クラスやさらに上のクラスでの競技継続のため、よりご家族との絆を含めた環境づくりが重要になってきます。

70 71 72 73 74
世界でも類を見ない長寿の国である日本チームは、70才以上〜本当に素晴らしいシニア選手が多くいらっしゃいます。75才以上、80才以上、85才以上と、仮に60才から「全日本マスターズ〜世界マスターズ」へ挑戦した場合、ピークが6回訪れます。

もちろん病気やケガなど予測不可能なことも起こるので、出来うる限りチャンスをものにしていただきつつも、次のチャンスへ向けてチャレンジをしていただくこと(日々のトレーニング、食生活の改善、生活サイクルの向上など)で、モチベーションが維持されて、それが健康でゆたかな『大人のスポーツ選手LIFE』を過ごしていただけるのではないかと。

私自身はまだ、経験した領域ではありませんが、マスターズ選手をつづける家族の一員として長年過ごしてきた経験と、アクセルにトレーニングにいらっしゃるシニアマスターズ選手のサポートを10年以上経験させていただいたお蔭で、取り組み方のスパンを身近なものとしてアドバイスさせていただいたり、接する機会をいただきました。

また、ジュニア〜トップ選手にとっても個々の「短期・中期・長期計画」が大切であるように、マスターズ選手にとっても同様の価値(またはそれ以上の価値)があると、常々思っていたものの、具体的にどう取り組み、どう方向性を見出していくかを考えてました。

ジュニア世代との共通項も当然のことながらあり
●変化に対応する年代であること
●時間制限があること(結果をすぐにでも出したいという精神面で)
●ご家族のサポート(理解)も必要であること

違う面も多々ありますがそれは特徴であって、進化・成長は一生しつづけるものだとして、もちろん”大人として”の楽しみ方を含みつつも。
自分の家族を含め、今のシニア層は本当に若々しい方達ばかり。
日本史上もっとも裕福で、情報収集も含めプロテインやトレーニングの開発、わからなかったことがわかってきた時代、前例が参考にならない時代だからかと。

人が違うのだから、当然のこと^ ^

ただ、ルールや仕組みを紐解いて、しっかり戦える準備が出来れば、よりその種目に集中していただけて、よりご自身にとって豊でなにものにも代えがたい経験をされていくのではと。

少なくとも現在の日本のアルペン界における「指導者」や「コーチ陣」は、シニア選手の方々のほとんどより「年下」です。
そのため経験を話し、それを伝えるというやり方の指導スタイルにはなりえないことがほとんどです。
(60代〜80代にフルに現役選手活動を経験し、90代に現役コーチになれそうな方は数名存じてますが・笑)

正直に言いますと、この考え方は自分がジュニア選手を指導する際の計画を応用したに過ぎず、本当に実践していただくには深く戦略を練る必要があると思います。
そういう意味でも『基本的な考え方』であり、最終的には個々にあわせた計画(PLAN)と実行(DO)になりますので、絶対に他の人と同じ計画ではないはずです。

改善(CHECK)の部分は、信頼できるコーチやトレーナーの方と方向性など技術的なことも含めてご相談出来れば、次のクラスのスパンがすっきりと進められるのではないでしょうか^ ^

少しでもご参考にしていただいて、ピンチをチャンスにしていただいたり、目の前の壁が少しでも低くなってもらえれば幸いです。








あっという間にFIELD TR シーズンイン★

May 26 [Tue], 2015, 10:36
さてさてすっかり放置でした

お蔭様で2014−2015シーズンは人に恵まれ、エキサイティングで素晴らしい時間を過ごさせていただきました。
キッズコーチとしても、ジュニアコーチとしてのサポートも、選手(アスリート)サポートでも、デザイン業務でも、その他もろもろもう(笑)

本当にお蔭様の連続。
ありがたいばかりです

で~
はい、始まってます、陸トレ
早いですね~

ACCEL Field Training Camp★


ありがたいことに皆成果が出て来てますので、よりコツコツと加速してまいりたいと思います~
てことで、2015−2016シーズンもGOGOGOGO−−−連発します

素晴らしい選手、素晴らしいご家族、サポートしていただける皆さまに恵まれておりますので、ちゃんとお応えできるよう自分をしっかり整えていい状態にすることを肝に銘じて
yaplog!PR
|| PROFILE ||
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タカサワミホコ
読者になる
[NAME]
Mihoko Takasawa
facebook

///////////////////////////////

■ ACCEL SKI SYSTEM
http://accel-ski.com/
キッズ&ジュニアコーチ
WEB & 広報

■東京都スキー連盟
GOLDWINスキークラブ
SAJ / C級コーチ & 旗門審判員



■ HIGH GULLY LLC. 代表
http://highgully.net/
HIGH GULLY facebook

///////////////////////////////

[ALPINE RACE RESULT]
◆2013/2014◆
*東京都国体予選 5位
*SAJ/B 国境SL DNF

☆【SL】RACE参戦開始

◆2012/2013◆
*FIS 糠平GS 31位
*東京都国体予選4位
*SAJ/B 東京都選手権GS 26位

◆2011/2012◆
[スノーバスターズ]万龍合宿・遠征
FIS 万龍(中国)GS 60位
*東京都国体予選3位
*FIS 菅平GS 75位・85位
*東京都選手権GS 2位
【3月】右足アキレス腱断裂

◆2010/2011◆
[ロシチーム]AUT/ヒンタートックス合宿
【10月】左足首靭帯断裂
*FIS 糠平GS 83位
*東京都国体予選 3位
*FIS 大山GS 10位(FIS 94.40/SAJ 60.18)・14位(SAJ 65.93)
*FIS 菅平GS 17位(FIS 105.00/SAJ 66.15)
*東京都選手権GS 優勝
*FIS キロロGS 56位(FIS 117.15/SAJ 97.08)

◆2009/2010◆
[ロシチーム]FRA/ティーニュ合宿
*東京都国体予選 2位
*FIS 大山GS 9位(FIS 81.02/SAJ 49.65)
[ダイナマイト原田]愛媛/ソルファ小田合宿へ
*東京都選手権GS 2位
*SAJ/B 北海道選手権SG 47位(SAJ 158.95)
*SAJ/B カムイスキーリンクスSG 40位(SAJ 130.92)
【2月】国体4日前に右手首骨折
*札幌国体 東京代表
*SAJ/B 金山GS 27位(SAJ 67.10)・24位(SAJ 51.36)
*SAJ/B 蔵王ライザGS 37位(SAJ 92.71)
[ダイナマイト原田]大原/SGキャンプへ

◆2008/2009◆
[ロシチーム]FRA/ティーニュ合宿
[ユニティ]万龍合宿・北大湖遠征
*FIS 北大湖(中国)GS 27位(FIS 150.70)
*東京都選手権GS優勝
*SAJ/B 奥神鍋GS 2位(SAJ 63.04)
*SAJ/B マックアースCUPオクカンナベ大会GS 6位(SAJ 79.61)
*FIS 大山GS 15位(SAJ 55.45/FIS 91.65)
*SAJ/B 大山GS 13位(SAJ 69.92)
*FIS 宮様杯テイネGS 30位

◆2007/2008◆
[ロシチーム]FRA/ティーニュ合宿
*東京都国体予選 3位

◆2006/2007◆
[ロシチーム]FRA/ティーニュ合宿
*東京都国体予選 3位

◆2005/2006◆
[プライベート練習]NZL/クィーンズタウン
[ACCEL]CAN/バンフ/サンシャインビレッジCAMP

◆2004/2005◆
*東京都国体予選 3位
*WSC競技会GS 優勝
[ACCEL]CAN/キャンモア/サンシャインビレッジCAMP

◆2002/2003◆
【1月】国体予選前日に左肩骨折
[ACCEL]カナダキャンプ/APEX

◆2001/2002◆
【2月】国体2週間前に左腕骨折
*妙高国体 岡山代表
[ACCEL]カナダキャンプ/APEX

◆2000/2001◆
ポール練習開始(ダグイトウ・インターナショナルにて)

☆【GS】RACE参戦開始(24才)


///////////////////////////////

12/21結婚、高澤に。シーズン中のためよく結婚記念日を忘れる。

▼スキー以外で訪れた海外
韓国(ソウル)
オーストラリア(シドニー/妹テニス遠征)
ベトナム(ホーチミン、ニャチャン)
マレーシア(ランカウイ)
シンガポール
香港(返還前)

▼バイト
・バスケ部コーチ(多摩地区の中学校)
・ライフガート4年間(総括チーフ)赤十字/水上安全法・救急法取得
・アーバンデザインコンサルタント(黒川紀章)

▼学歴
武蔵野美術大学/造形学部建築学科バスケ部MAUBBC
岡山県立操山高校バスケ部(3Pシューター/FW)
岡山市立竜操中学校バスケ部

10才のときスピードの限界に勝手に挑戦し、直滑降で転倒。顔で滑ったことがある。(※両親は見ていない)
1度だけレース(小さな小さなローカル大会)に出走するも4旗門目で板がはずれ転倒。散々で切ない目にあう。

7才(小1)父の勤続祝いでフランス(シャモニー)で滑る。

日体大卒/体育教師(私立高校&大学)の両親(陸上投擲種目/機械体操)から誕生。 スキー好きの両親の影響で、幼少期からスキーをさせてもらう。

///////////////////////////////

[CORCH&SUPPRT WORK]
◆2014/2015◆
向川桜子選手公式サイトサポート開始

◆2013/2014◆
国内陸トレサポート
自主トレサポート
ACCELチャイルドCAMP開始
★FECジャパンシリーズ視察
ナスターレースJAPAN CUP視察
石川晴菜 応援netサポート開始

◆2012/2013◆
国内陸トレキャンプ開始
自主トレサポート開始
ACCELキッズCAMP開始
ワールドカップ/SLOマリボル女子GS・SL 視察
世界選手権シェラドミング清沢家付添
FECジャパンシリーズ視察
ナスターレースJAPANCUP視察
[SAJ]TOP RACER'S CAMP2013野沢会場担当
CrossCoutrySkie西田順風開始

◆2011/2012◆
[スタッフ]NZL/ポーターズ(ISN)
SAT国体事前強化合宿派遣
TeamRossignolサイト&BLOG終了

◆2010/2011◆
FECジャパンシリーズ[ロシチーム]
[スタッフ]NZL/ポーターズ(ISN)
SAT鹿角国体/コーチ派遣

◆2009/2010◆
清沢恵美子サポーターズクラブ開始
[スタッフ]NZL/ポーターズ(ISN)

◆2008/2009◆
FECジャパンシリーズ[ロシチーム]
[スタッフ]NZL/ポーターズ(ISN)

◆2007/2008◆
FECジャパンシリーズ[ロシチーム]
[スタッフ]NZL/ポーターズ(ISN)

◆2006/2007◆
FECジャパンシリーズ[ロシチーム]
TeamRossignolサイト&BLOG開始

◆2002/2003◆
[スタッフ]ギブスで腕を吊りながらセット&コーチングデビュー

◆2001/2002◆
[スタッフ]ACCEL SKI SYSTEM(Web/事務/広報)開始

///////////////////////////////

[DESIGN & BUSINESS]

ポスター/チラシ/冊子[デザイン/制作]
Tシャツデザイン[ノベルティ]
イベント用サイト[制作/運営サポート]
ビジネスサイト[制作/運営サポート]
パーソナルサイト[制作/運営サポート]
ビジネスツール[名刺/PPT資料]業務サポート
データ作成/各種レポート作成
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
|| COMMENT ||
アイコン画像タカサワミホコ
» GOLDWINスキークラブへ (2014年07月15日)
アイコン画像スキー日記
» GOLDWINスキークラブへ (2014年07月15日)
アイコン画像エバタ
» 謹賀新年★ (2014年01月01日)
アイコン画像えばた
» 0=ゼロベース (2013年10月04日)
アイコン画像ミホ
» WHY ? (2013年08月27日)
アイコン画像エバタ
» WHY ? (2013年08月26日)
アイコン画像Mt.
» Thank you Message ★ I appreciate. (2013年05月17日)
アイコン画像ミホ
» この時期ならではの〜NEW三昧♪ (2013年05月17日)
|| MONTHLY ||
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
http://yaplog.jp/acceltakamiho/index1_0.rdf