水越の長瀬実夕

March 25 [Fri], 2016, 19:42
看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。



それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、人気の医師のところなどでは、大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。



勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。
国の看護師資格試験は、1年に1度受けられます。



治験看護師不足が懸案となっている現状にとっての明るい兆しとして、今のところ看護師試験受験者の合格率は、9割ほどで非常に高いレベルを、キープしています。
看護師の資格試験は、合格者数が決まっている試験ではなく、一定の水準に達していれば資格を与えられるシステムです。

叔母にあたる人が、ついに離婚を決意してふるさとに戻ってくることになりました。

久々に会った叔母は想像していたよりも元気そうで、「私には看護師資格があるんだから、仕事に困ることはない。



ダメ夫に面倒見てもらわなくても十分生活できるわ」と強がりではなく、笑っていました。
看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてカタカナでエッセンと書く言葉があります。

これは、食事をとりに休憩してきます、ということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち日常的に使用されています。



ところで、エッセンという言葉ですがこれは、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。


一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、そんな時代の名残ですが、とにかく今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。辞めたいと思っている看護師は、現実には、かなりの数になっています。大きな訳としては、ハードワークで病気になってしまったり、給与について不満に思っていたり、複雑な人間関係で精神的に行き詰ってしまったりという事が多数です。



病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどの程度だと思いますか?受験生全体の看護師国家試験合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。

内容も今までの授業で勉強しておけば合格できますので、これといって取得が難関な資格という訳でもないようです。
実際、看護師からすると仕事と育児をどちらもこなすのは困難な問題といえます。

どんなに病院で仕事をしたいと思っても、育児をこなしながら看護師の職責を果たすには、色々な困難が生じてしまいます。看護師も育児もこなすのは個人による問題というより医療全ての問題として取り組むことが必要でしょう。看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金をもらえるサイトが存在します。転職することでお金をくれるなんてラッキーですよね。しかし、祝い金を受け取るための条件がないことは少ないので、事前にしっかりと確認しておくようにした方がよいでしょう。
また、祝い金を出してくれないところの方が充実のサービスな場合があります。


看護師の仕事とは医療現場で重大な職務でしょう。

一年中、毎日、厳しい現場で看護の業務を行っている中では、様々な精神的な負担に見舞われることもあります。
なんといっても、看護師はいつも命にかかわる仕事に携わっていますから、とても強い緊張感に晒されることも日常茶飯事で、ストレスを上手に解消する工夫をすることも必要でしょう。
看護士が許可されている医療に関連した行為は、これまでは範囲を限って、行われてきました。けれども、医師が足りないという理由や即座に対処すべきことが行えるように気管に点滴をうつといった一部の医療に関係する行為が許可される予定です。



許されるようになった行為は、研修をある期間受けて、欠点などのないようにしてから看護師が必要だと感じた時、行う事を決められるのが特徴です。

ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。
通常業務のみでも大変忙しいのに加え、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、時間通りに帰れないということはよくあるのです。
ですが、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。

直前まで愚痴を言っていてもすぐさま笑顔を向けられるのだから、看護師はさながら女優だなと感じます。将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も世間にはいます。
看護師としての腕を上げることで、高収入を狙うこともできます。職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に適した場所を探すことも大切でしょう。
自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。知人の看護師が仕事をやめようかやめないかで迷っていると相談を持ちかけてきました。


最近、結婚したのですが土日祝祭日も仕事なので、土日休みの夫と休日が合わなくて、一緒にいられない生活が多いそうです。

子供も作りたいし、でも、今の仕事は続けていきたいと追い込まれていました。看護師が転職する際の要領としては、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。それに加え、3ヶ月程を使って注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。



急いで転職してしまうと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、希望した条件を満たす職場を丁寧に探しましょう。ですので、自分の中で条件をハッキリさせることが重要です。収入面において、看護師という仕事は、他と比べると、女性の仕事としては、相当高めの給料をもらうことできます。


責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も確実に支給されるからです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり勤務終了でクタクタのところ更に残業をするなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mei
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/acavrqfywsdeso/index1_0.rdf