昨年、一昨年、の反省・・・

January 19 [Thu], 2017, 17:21
先ほどの記事で↓

ボールペンと一緒に写っているのは
年に一度、年明けくらいに製本している
このブログの本(2015/2)でして

今日、その2016年版を依頼したところ。
昨年、一昨年は一年分が二冊に分かれてしまい
コストが(汗)結構、厳しかったのだが

今年はなんと、一冊にまとまり(驚!)

どんだけ更新していなかったのか〜と。


それはよいとして、
2015年版を読み直して、思ったコト

んーーーー

つまんない。

・・・・(笑)


過去ログを読んで、一番ワクワクするのは私、
だったはず。
確かに、以前は、間違いなく。

わかる〜、それ!
共感、共鳴!

ナンテ

・・・自分が書いたモノなので、当然なんだけど
書いたことすら忘れてるから(笑)

へぇ〜、あの時の自分はこんなこと考えてたのかぁ、と
懐かしがったり、感心したり。


2015年版のワタシ・・・
がんばれーーー

いえそれより
今日依頼した2016年版の中には
一体どんなワタシがいたのやら???

時にはPCでさかのぼり
過去ログを読むこともあるにはあるが
目が疲れるのと、気ばかり焦るのとで、
よほど知りたいことでもあって探している時以外は

書き捨て。
ほったらかし。

本になって戻ってきてようやく
パラパラと少しずつ読んだりする。

2014年は・・・2013年は・・・

今よりはだいぶ、音楽ネタが多かったなぁ。
子供たちのこと、も書きつつ、
背景にはいつも歌ってる私がいて


いろんな出来事があって、
自分の考えを突き詰めたりまとめたり、出来るのであって
ほぼ一人、の毎日にそんな変化があるはずもなく

ゆえに、読んでもつまらない。・・・のか?

だとしたら、なんてさみしいこと。


音楽があったから、感動もあった。
そりゃ〜いつもいつも凹んだり落ち込んだり
ゲキ飛ばしたり、舞い上がったり
生意気なこともたくさん書いたけど

なんてめまぐるしく、素敵な日々!

平穏な毎日こそが
人のしあわせなのかもしれないけれど

もっと私はがんばらなきゃね。


あー
でも

どうしたら??

今の私に、何ができるだろう。

うーん
空の巣症候群。

消せるボールペン

January 19 [Thu], 2017, 13:53
存在を知ってからというもの・・・・

虜になってしまったボールペン!!
「PILOT フリクション」



すでにCMでお馴染みですが

消しゴムらしき部分でこすると、
スルリと消えるんです!!

ものの見事に、綺麗さっぱり。

あー、快感!

しかも、とっても書きやすい。
インクのみずみずしい感じが、ホントに好き〜

字がヘタ、な私でも上手に書ける!
(ペンの書き味によって文字って変わりません?)

もうこれ以外のペンは使いたくない、とさえ思うけど

熱で消えるので、公文書や残しておきたい日記などには
不向きです。。。

でも、和裁の「まとめ」はコレで書いちゃってます(笑)
書き直せるのがイイ。
消えてもいいか!ってくらい、お気に入り。
(うっかりコテを当てたりしたら・・・一瞬で消えますが)


そう、熱で消えるというコトは・・・
私の好きな

こんなコトや

こんなコトに

フリクションは、今やなくてはならない存在。。

一冊まるまる楽しんだあと、
コテ(小さいアイロン)をかければ、真っ白に!


あ〜〜〜

すばらしいわ。

こんなに惚れこんだものって、そうそうない・・・(笑)

PILOTさん、ありがとう!!!!
この場で御礼申し上げます。

雪景色

January 16 [Mon], 2017, 11:10
降りましたねぇ〜

今朝の風景です↓

青空がきれい〜

まだ日陰の、通りは静か。


今日のピエール姫は雪の中


この崩れかけた雪だるまは・・・


先日の雪の日、遊びに来た彼女さんと次男が作った

この子↓



先週は大忙し。

月曜に義母を病院へ連れて行ったと思ったら

火曜の仕事上がりに新幹線に飛び乗り
久しぶりの実家へ一日休みで里帰りした娘。

お正月に食べさせてあげられなかった
栗きんとんやら黒豆は
年明けに夫が持って行ってくれたけど

豚の角煮と煮物と茶碗蒸し、それに
娘の好きなおでんを
いそいそと仕込んでいた私。

娘が帰る前日・・
バイトから帰ってきた次男に夕食を出した時
「そういえば・・・おでんって、いつ食べるの?」
「あ、出来てるよ。食べる?」
「いや・・・C(彼女さん)が好きだから」

ああそうだ!
Cちゃんはギョーザとおでんとお鍋が好きなんだって。
次男が「昨日ギョーザだった」とかいうと
「えっ!・・・呼んでよ」と言われるそうで(笑)

じゃあ今度いつか、作ったら呼ぼう
言う話になっていたんだっけ。
ちょうどいいわ、娘も来るし。
私一人では空気感おかしなコトになりかねないし(笑)

そして、翌日、遊びに来たのでした。

と言っても、都会みたいにアクセス良くないから
飲んだら送って行けないんで
・・・泊めちゃいました。これで二度目。

・・・いいんかいな?

もちろん、次男とは別室で。
しっかり私と娘とCちゃん、川の字で寝た(笑)

・・・今の子って・・・こんなの??

そうだと娘が言うので、まあいいや。
(娘がいなければきっと許してないかな)


次の土曜、ドカ雪の予報。
夫の実家へ雪かきにGO!
雪かきして〜買い物に連れて行って〜
温泉入って帰ってきた。

張り切りすぎて、ものもらいの予感あり。
目薬つけたら良くなった。

世間話、が苦手。

January 11 [Wed], 2017, 13:49
私は、ある習いものをしてるのだが
(あえて特定しないのは、この記事がもしも見つかって
誰かを傷つけることがないように、念のため)

新米だから馴染んでいない、というよりも〜
話の、内容に入って行けないことが多くて困る。

先日も・・・

ブログとかツイッターとか、なんでやるんでしょうね?
自分のことを他人にさらけ出すなんて
何が面白いのかしら〜

・・・的な話題で回りが盛り上がってる時、
ただ寡黙におにぎりを食べていた私(笑)。

私、やってますよ!面白いです、と
ひとこと言えば、その場の展開は
肯定的な空気に変わって行ったのかもしれないけど〜

言えない!(笑)

確かに、なにが面白いのだろう。
この、訪れてくれる人も少なく、
コメントくれる人はごく数人、の当ブログに
何かの意味がある??

それでも、年末年始に私のお願いを聞いて
滅多になく、あたたかいコメントをくださった
ありがたーいお友達のみなさん(MIXIの方にも何人か)
のおかげで
自分が思いのほか愛されていることを知り(?)
感激すると同時に、意欲がわいた(単純)。

中でもうれしかったのは

「るかさんのファンでありシルキーさんのファンです!
いつも「ああいうのがやりたいな〜」と思ってみていました!
また楽しく歌う姿を見たいです!期待しています」

と書いてくれた、アカペラ繋がりのまっきー(@kanon)さん。
ご無沙汰しています。
最後にお会いしたのはいつでしょうね?
ブログのおかげで、こうして細々とでも
繋がっていただけている、ことが本当にうれしい。

実生活での私は、
結構人見知りで大人しい(最初だけ?)。
「気ィ遣い」と人にはよく言われる。
(そんなあたしが、音楽のこととなると
思ったことスバスバ言うもんだから、
時々誰かを凹ませてしまうことも?)


話は戻って

その習い事の奥様たち、だが
時事ネタは外さない!
ポケモンGOが出た時も、
アレはこうこうでこうなんでしょ、とやけに詳しかったが
帰ってきてワイドショーを見ていたら
一字一句同じコトやってて
「朝、同じの見てきたな」とピンときた次第。

私は世間に疎く〜
テレビや新聞からの知識が圧倒的に少ないと思う。
見ると言ったら、再放送の推理ドラマや
バラエティは、昔の友人を探すのや海外妻、が多いかな。
だって

ワイドショーは芸能人がああしたこうした、
事件の犯人はこんな人物、
政治の話題も、誰と誰の反りが合わないとか、
こういう社会のシステムが悪いとか、文句ばっか!

私は本当に本当に、人の悪口が大嫌いで〜〜〜
いたたまれなくて見てられないの!(きっとソコ)

(それにしても、
じゃあ新聞くらい読めよって感じで、今年の抱負は
「毎日一面から新聞をめくる」ことにしてみたわけ)

世間話って、むずかしい。
どうしても、誰がどうしたって話になるよね。
それが嫌だから私はいつも
自分の話、家族の話、が多いのだわ。
お笑いも嫌いだしね・・・。
あとは「好きなものを熱く語る」ね(笑)


実は今、シルキーリボンは堪(こら)え時。
みんながそれぞれ、深刻な問題を抱えてる。
それはもう本当に・・・
ココを乗り越えなくては人生の先がない、くらいの
予想をはるかに上回るような大きな出来事でばかりで。

綱渡りでも、結局何とかなるもんさーと
思ってはみても、それすら難しい状況があったりで

力になりたいけど、何もしてあげられないのが歯がゆい。

それでも歌いたい、と
何とかしようともがいてくれるメンバーたちに
「もうそこまでして無理しなくても
ワタシたちは大丈夫だよ!きっと続いていくから」と、
ついに言ってしまった。

先日の、義母の検査による私のライブのドタキャンなんて
序章にすぎなかった〜ってヤツね。

頑張ろう、って言いたい。
でも、頑張るのやめよう、っても言いたい(笑)。

シルキーのメンバーと一緒にいて心地いいのは
誰も人の悪口を言わないから。
人の好き嫌いがない子ばかり。
こんな集団って、珍しいと思う。
みんな優しくて、前向き。
(歌はそんなにうまくないけど?笑)


人の悪口、が嫌いとか言って
ブログでいろいろぶちまけんなよ!って話だよね(笑)
でも、だからこそ、ココが私にとっての大事な場所で。



今日もお付き合いありがとうございます。

初売り。

January 08 [Sun], 2017, 13:58
去年の初売りは・・・

確か、初めて子供らと別行動にしてみたっけ。

それまでは、みんな一緒に、
大型総合店舗や電器屋なんかに行って
昼食を食べたりするのが定番だったけれど

両親とお正月を過ごすようになり、
子供らも大きくなって
買いたい服や見たい店がバラバラなこと、
義母があまり長歩きできなくなったこと、を考えると
一緒に行動するのは、、、
統率する私らが気を遣ってタイヘン、だったから(笑)。

それでも、
「あの子らはどこに行った」「何時に帰る」と
年寄りが何度も孫たちを気にしすぎて
その対応に追われたけれど。(苦笑)


今年は、炊飯器を買いたいと義母が言うので
ストレートに電器屋に連れて行って
ようやく抵抗がなくなった車椅子に座らせ、
体力や足腰の痛みをあまり考えずに商品を選べたので
それはそれでよかった。

初売り、には出遅れた感のある4日になって
バイトがないという次男と三人で
フェスではじけ過ぎて壊れた、というメガネを買いに
アウトレットへ行き、洋服も何枚か買ってあげた。
親子三人でランチを食べるのも久しぶりに感じて
「水入らず」を楽しむ。

夫はゴルフ用のシャツを一枚。
私は・・・
年末、嫁仕事で疲れた自分へのご褒美に
ネットで何枚か服を買ったので、物欲なし。

この頃は出掛ける場所も友達との約束もないので
洋服を欲しいと思うことがなくなった。
そして、引っ越してからは極力
「モノがない生活」を目指しているので
新しい洋服掛けだとか、掃除道具なんかを
夫が欲しがるたびに「いらない」と却下(笑)。
どうせ買うのなら、即決せず
吟味して好きなものを、というのがワタシ流。
不便だな、と感じることがあっても
すぐには買わない。
三回、不便を感じたら考えよう、と決めてる。

・・・念のために言っておくけれど、
私はケチでも倹約家でもない。
夫の私物だったら、反対せずに
むしろ「買ったら〜?」と勧めるのだけれど
彼も案外「買わないタイプ」なので、そう言えるのかも。

物欲なし、と言っておきながら
ネットで時々服を買う。
お気に入りの、「ヘンな服」を売ってるサイトがあって
つい、ポチっと(笑)。
個性的な形に惹かれ、パターンの研究のつもりで。
洋裁や編み物の本もよく買ってしまう。
これも向学心で(笑)。

そうだ、珍しく、CDを三枚も買った。
シルキーのレパでもある「kalafina」を。
ヴォーカルが気持ちよすぎて、すっかり虜。
こういう音楽なら、私の声でもイケるんじゃないかと(笑)
図々しいコトを考えて、アレンジに意欲。


昨日から・・・右目の目頭の下側に違和感。
ぎゅっとつぶると、熱い。
いつもものもらいが出来る場所。
仙台に来てからというもの、
疲れるとすぐ、出来るようになった。
以前もらった目薬を差して、
ひどくならないようにと祈る。

昨日から夫が帰ってきているが、
「三連休はS(夫)は帰ってくるのか?」と
期待感満々で先日義父に言われた言葉をそのまま伝えると
「毎回来るものと思われても困るので、行かない」と(笑)。
・・・だよね、このところ毎週だもんね。
それでなくとも、連休明けの火曜日にはまた病院。
ものもらい〜〜〜〜〜(泣)

さて、そろそろ夫がゴルフの練習から帰ってくる頃。
今から、次男も一緒に近くの温泉に行くの
水入らずっ
ココは、温泉が近いのがうれしい。

疲れを癒してきます。
(癒してばっかやろ<自分)

人それぞれ、のはずなのに?

January 06 [Fri], 2017, 10:45
義母は、元気です。
満86歳という年齢の割には、とても若いと思う。

多少背中が丸まっていたり
歩くのに杖を使うけれど、
頭はしっかりしていて、記憶力も昔からとても良い。

几帳面に家事をこなし、家計簿もつけてる。
周りの人への気配りもできるし
テレビのニュースや新聞もよく見ていて、
特に、地元のニュースには詳しい(笑)

そして何より、出来るうちは何でも自分でやらなくちゃ、と
足腰が痛いながらも、
動かないと動けなくなる!と「きちんと」生活してる。
(なんと、髪も結構黒くて「白髪まじり」という感じ。
手や首はシワも多いが、顔はお肌がきれい。
見た目も「かわいい」おばあちゃん。)

先月からの検査と診察の日々で気づいたこと・・・
それは、病院での「年寄り扱い」。

移動が多いことから、院内のみではあるが
初めて「車椅子」なるものを使った義母。
最初は「いい」「恥ずかしい」と拒否していたが、
看護師さんの勧めもあり、使ってみたらなんとラク。
(心臓が悪いことがわかり、息切れがあった)

その車椅子のせいなのか、
年寄りが多い職場での親切心からなのか、
看護師さんの何人か(特にベテラン年齢の)が
必要以上に「大声でゆっくり」話してくれるのが気になる。

義母は耳が少し遠く、
声の小さい医師の言葉はあまり聞こえていない風だが
私が改めて個別に話せば、ちゃんと聞こえて理解もできる。

その「通訳する姿」を見るや
「あのねぇ〜、トイレ、何回、行きましたか〜」と
大声でダイレクトに話しかけてくれる看護師さんの
声、でかっ!
そして、言葉自体も、幼子に接するかのようで・・・
まだまだしゃんとしている義母には失礼であると感じる。

そういう対応、はいずれ必要かもしれないが
「うちのおばあちゃんはしっかりしています!」と
心の中で何度も思った。

(本当は医師の説明も義母は自分で聞きたいだろうが、
先生の声が小さすぎるうえ、
年寄りには理解できないと思われてのことか
付き添いの私に向かってのみ説明がなされる、のを
横から義父が”はあはあ、そうですか、なるほど”と
あまり的確でない相槌を入れるもので、
先生もやりにくそうに苦笑・・・)

実際、自分が年寄りだとは全く思っていない義母(笑)。
医師から「高齢でもあるので」手術は勧めない、
という話をされたその日も、家で
「高齢、って言われる年に、なったんだわねぇ〜
自分ではまだ若いつもりなんだけど」

っっって!!
86歳ですから〜〜〜!!!
と、口に出さずにツッコミ入れたわ。

ご近所のお葬式の手伝いにも行くし
「私にも何かさせて、って言っても
いいからいいから、座ってて、って言われて・・・」と
不満を口にするくらい、気は若い。
(普通は、元気なくせに”年だから”と何でも逃れようとするよね)

私がそう感じただけで、余計な心配かもしれないが
お年寄りとはいえ、一人の人間として尊重されるべきで
「その人に合った」対応が本当は一番いいんだろうと思う。

そういえば・・・


うちの次男が小さいころ・・・
最初はYマハ音楽教室に通ったんだけど

年少さんにしては大人びていた彼が
担当のおねえさん先生の
「ほーら!きらきらきらきら〜〜〜〜
魔法をかけるよ〜〜〜!!!」みたいなノリに耐えきれず
「何も見えない」「恥ずかしい」と、
せっかくの場の雰囲気を壊しまくり
他の純粋な子供たちにも悪影響を及ぼしかけて
付きそう私がいたたまれず、やめた、という
笑えない過去を思い出した(笑)
(その後個人の先生についてピアノを始める)

それを考えると、
世の中が何でも「ひとくくり」だから、
仕方がないことなのかなあ。
学力で選別された高校や大学、が特別な環境なのかも。


そして、義父については・・・
長くなるので、また。
(十分長いわ!)

今年の抱負@2017

January 06 [Fri], 2017, 9:05
起きたら、雪が積もっていた。

今日は、どこにも出かけな〜い、っと。

昨日は義母の病院の日。
早起きして実家に行って、一日付き添い
夜は次男が軽音の合宿でいないので
買ってきたお惣菜を食べながらだらだらして
早めに寝た。
(それでも二度寝してしまい、目覚めたら7時半!汗
結構、疲れていたんだと思う)


さて・・・
あさイチを観ながら今年の抱負を考えてみた。
(ちなみに、2016年のワタシの抱負は
誠心誠意
当時抱えていた悩みから脱却するためにと考えたのだが
一年を通して、心の支えになってくれたと思う)

今年は、従来通り、具体的に↓

*「毎日、新聞を一面からザッと見る」
世間に疎すぎる自分への警鐘。
ありがとう、あさイチ。ありがとう、池上さん。(笑)
まずはココから、やってみようと思う。

*「ブログの記事は短めに」
長文好きゆえ、ついつい長くなってしまうけれど
一日一更新、としてきたブログを改め
テーマごとに細切れに更新して行くつもり。
(関わりが深くなった義父母や実母との日々を
新カテゴリに追加して独立させるため)

そして・・・
*「心優しく、おおらかに」
去年のテーマである「誠心誠意」はよく守れたと思う。
でも、本来真面目な自分に無理をさせてきた気がして
再度掲げるには、窮屈に感じてしまう。
今年は、ほんわか〜と
周りに尽くして行けたらいいな。
相手のためには、自分が何をするのがベストなのか。
難しい問題ではあるけれど、
年々求められて行く予感がする。

さあ、2017年のワタシ、始めます!

新年おめでとうございます@2017

January 04 [Wed], 2017, 16:59
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

この年末年始をザッと記録〜↓

27日深夜〜次男、幕張カウントダウンジャパンへ。
29日午前、夫が仙台に来る。そのまま塩釜の魚市場へ買い出し。
30日午後、夫が両親を迎えに行く。私はおせち作り。
31日、両親と夫と私、四人での年越し。

1日朝、次男が幕張から帰宅。長男も仙台へ。
2日、次男は友達と初売りへ。両親と夫と長男と私、初詣へ。
3日昼、長男横浜へ帰る。夫と私、両親を送って行く。次男バイト。
4日夕方、夫が東京へ戻る。

年末年始は怒涛の連続出勤の娘、は可哀想だけど
穏やかなお正月を家族と過ごしました。
(この合間に、大掃除やら初売りやらこまごまあれど
めまぐるしすぎて省略)

私はほとんどキッチンに立ち、
朝作って食べさせて片付けて〜
昼作って食べさせて片付けて〜
夜作って・・・・の繰り返しで

昔のお嫁さんは、ずっと家にいて家族の世話をして
毎日かなり忙しかったんだろうなあと思った。

そんなフル回転の私に成り代わり、
布団をたたむ、風呂の支度、掃除、などは
毎日夫が全部引き受けてくれたのだけど
洗濯は毎日しなかったので、さっきようやく回したところ。

お正月休みの間、男性陣は特にやることもなく
手持無沙汰な回遊魚の夫は何度もキッチンへ来ては
甲斐甲斐しくお皿や料理を運んでくれたので
彼の株は上がる一方で(苦笑)

私はといえば掃除は夫に任せきり、な
ズボラ主婦に思われやしないかと
ありがたい反面、ちょっとフクザツな気持ち。


さて・・・
今年の抱負は・・・・

考える暇もなかったので
これからじっくり決めたいと思います。


とにかく、終わりました(笑)

一年間ありがとうございました。

December 29 [Thu], 2016, 15:33
いよいよこれが、
今年最後の更新になるかもしれません。

るかブログファンの皆様(?)
一年間お付き合いいただきまして
本当にありがとうございました。

今年は・・・・
友との絆を強く感じた一年でした。

思えば、中学生の頃から
「友達、の定義って?」
なんて面倒くさいことばかり考えてしまう私が
「もうそんなの、どうでもいい」境地にたどり着けたのは
やはり、かりんちゃんの急逝という
ショックな出来事があったからでした。

あんなにたくさん、一緒に歌って
あんなにたくさん遊んで
いろんなところに行って
好きなものを共有して
お互いのことはもう、ほとんどわかっていた
といってもいいくらいの、仲良しだったのに

「一緒に歌やってる子」と、人には紹介してしまう・・・
ネタか!ってくらいの分厚い心の壁が
ようやく取り払われた、と思い始めた矢先の
悲しい知らせ。

10年以上、一緒に歌ってきた。
いろんなハードルを越えてきた。
でも、もっともっと
この先もずっと、一緒に歌っていたかったよ!!

さっき覗いたsukekohさんのブログにもあったけど

この先は、後悔しないように生きたい。
やりたいことは、やれるうちにやる。
支えてくれる仲間の存在は、
かけがえのない宝物。
いつもそっと、優しい言葉をかけてくださる
ココでのお友達も、大切な宝物。

以前の私は、「自分大好き」な人、だった気がするけれど・・・
いつのまにか心のどこにもいなくなっちゃった?



来年はもう少し「歌う私」でいられたらいいな。
好きなことを続けるのは、しんどい。
楽しいコトばかりじゃない。

なんて言いつつも、やっぱりとっても楽しい!(笑)

そんな自分でいたいです。


私は、好きなことに対しては
しんどいくらいに突き詰めたい方だけど

嫌なことにはちゃんと手抜きも息抜きもして
上手にやって行けたらと思います。

年末年始、
普段以上に長い時間キッチンに立ちながら
抱負など、じっくり考えてみたい。


最後に・・・
お友達の皆様、通りすがりの皆様、
たとえ一言でも、コメントいただけましたら
今後の励みになりますので
よろしくお願いします(笑)

・・・良いお年をお迎えください。

あらためて、「逃げ恥」

December 28 [Wed], 2016, 12:42
ふと、外を見たら

空は青いのに、雪がちらちら降ってきました。
積もらなければ、雪は、好き。

素敵な眺めだなあ〜と
ぼんやり見ています。


さて、昨日から次男がいないので
いくらでもやりたい手仕事をこなせばいいものを、
何もやる気になれず・・・
ひたすらぼーっと過ごしてしまい

気が付いたら、またもや
録画しておいた「逃げ恥」を観ていた!(おい)

3話までは録画していなかったので、4話から。

二巡目ともなると、
以前は気づかなかった新たな発見があり
「ほーう!」などと感心してしまう(笑)

このドラマはやはり「社会派ラブコメ」。
単に、雇用関係にある偽装結婚の二人の話にあらず、
年の差カップル、同性愛、バツイチ子連れ、と
恋愛において多角的であるばかりでなく、

専業主婦、兼業主婦、独身キャリアウーマン、
仕事の形もさまざまな上に
家族の形もそれぞれ。

働く若い人たち、部下を持つ立場の人、
帰国子女、リタイヤ世代、昔ながらの亭主関白、
ひとりひとりの生き方、考え方のあれこれ・・・

誰もが、どれかしら自分とリンクさせながら
観ることが出来たのではなかろうか。
心に残る名言も多い。

私はやっぱり3話から7話くらいが好きだなあ。
お互いの気持ちを、まだ隠していた頃。

みくりが風見の家事代行に行き始めたあたりで
「彼氏のいる女の子に片思いしている気分」と
平匡がベッドで苦悩するシーンも好きだし

イケメン風見に引け目を感じながら
みくりにいただろう元カレや未来の彼、を想像して
「愛される人は、いいなあ・・・・愛される人は」
と、平匡が心で発する言葉も切ない。

恋をした時、急に自分が小さく見えて
叶わぬ思いに悲観的になる、なんて経験は私にもある。
自尊感情の低い彼が作る壁、は
やがてみくりによって打ち破られるのだけれど

みくりもまた小賢しさというコンプレックスから
同じ壁を築いてしまう、というクライマックス。
「この二人だから」この恋があった、と言えるし
世の中のどのカップルも多かれ少なかれ
お互いの凸凹をカバーしあう一対なのだと思う。

ゆりちゃんが夜の街で風見に
「私のようなアラフィフの独身女でもね・・・」と言うシーン。
化粧品のイベント会場でみくりが
「はたからみれば私も専業主婦・・・」と立ち尽くすシーン。
どんな立場であれ、人は何かしらの卑下を持ち。
目に見えない申し訳なさや肩身の狭さを感じながら
生きているんだと思ったし

やっさんがみくりに
「出来婚して専業主婦になる、と言ったとき
なんか、下に見られてる感じがしたな〜」
と言った時の、みくりの表情・・・。
無意識の自分が、人を傷つけたことに気づくのは
同じ立場になった時。

人の価値観は、人それぞれ。
自分の尺度で生きて行けばいいんだ!という
勇気をくれるエピソードの数々。

中でも印象的なのは
「運命の人なんて、いないと思う。
運命の人に、”する”の!」
「仕事も家庭も、意思がなければ続かないと思う」
という、みくりの母さくらのセリフ。

上手く行かないなあ、と思うとき
そこに努力があったかどうか、自分に問うのは必要なこと。
なにもかも、運命がそうさせているなんて
大いなる間違いなんだ!


久しぶりに、面白いと思っただけでなく
自分にとって実りのあるドラマだった。

「逃げ恥」が好き、と方々で触れ回っていたせいか
「あれ、すごく面白いよ」と人に勧められたいくつかの
ドラマやバラエティを観てみたが
どれも私の琴線には触れなかった。
やっぱり、結局は「好み」なのだと思うわ。

自分とリンクしなければ、興味もさほどわかず、
意図するような真意も酌めない。
もしも私に娘がいなかったら、
あの世代の子たちの状況や心境に疎いあまり
身近に感じることが出来なかったろうと思う。

草食系、なんて言葉が蔓延する今、
その「型」に自分を当てはめてしまうのはラクなこと。
イマドキの若者が草食だから、といえば
周りに対して格好がつく。

でも、このドラマは「ひとりひとり」だと言ってる。
「沼田さんは沼田さんだ」と。
そういう意味ではイケメンカテゴリの風見くんだって
すごく個性的な「ひとり」だったと思うよ。
みくりも、ゆりちゃんも、みくりの両親も・・・
登場人物全員が、それぞれの「ひとり」だった。

こんなに深い考察が出来るドラマって・・・
私の中で、かつてあっただろうか?
「どストライク」で自分にリンクしてしまったのか?
大筋である「専業主婦」ってキーワード自体が、
「私そのもの」であるわけですし。
立場に伴う、申し訳なさや肩身の狭さ、は
この30年ずっと感じてきたものだから(笑)

ひとりひとりが、みんな大切な「ひとりの人」だと
勝手に受け止めて、前向きに生きよう。

「逃げ恥」
素晴らしかったです。
ただのムズキュンじゃない、私の感想でした。
P R
最新コメント
アイコン画像るか@Silky
» 雪景色 (2017年01月19日)
アイコン画像オリバー
» 雪景色 (2017年01月19日)
アイコン画像るか@Silky
» 世間話、が苦手。 (2017年01月12日)
アイコン画像よこたん
» 世間話、が苦手。 (2017年01月12日)
アイコン画像るか@Silky
» 人それぞれ、のはずなのに? (2017年01月11日)
アイコン画像よこたん
» 人それぞれ、のはずなのに? (2017年01月11日)
アイコン画像るか@Silky
» 新年おめでとうございます@2017 (2017年01月11日)
アイコン画像よこたん
» 新年おめでとうございます@2017 (2017年01月11日)
アイコン画像るか@Silky
» 初売り。 (2017年01月08日)
アイコン画像ピエール
» 初売り。 (2017年01月08日)
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:るか@Silky
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:宮城県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-アカペラ、声楽やってます。数年ぶりに合唱にも復帰♪
    ・楽しき飲み会♪
読者になる
■好き■大人になって再開したピアノ、コーラス、数年前に始めた声楽、作詞・作曲・・・はいずれもお休みモード(笑)現在は、アカペラのみ。手作り(洋裁、編み物、エコクラフト、パッチワーク・・・)
■苦手■ 機械モノ全般(PC)、計算、虫・・・
■家族構成■ 夫と子3人(社会人4年生♂社会人2年生♀・大2♂)三世帯に分かれて住んでます
■SilkyRibbon■ 少人数のアカペラがどーしてもやりたくて、友人をそそのかし2001年5月に結成。メンバーの入れ替わりを経て現在6名。毎週火曜日昼に練習(仙台から時々参加)
VOON Podcast Feed
月別アーカイブ