飛行機に飛び乗って 

December 07 [Thu], 2017, 2:06

< br>

11月の想い出。

.

彼がお仕事で広島に行ってる時。

子どもたちも遅起きでゆったり朝ごはん食べてる中、「ああ…やっぱり福岡に行こう…」と思い立っちゃって、スーツケースにめちゃくちゃにお着替えや最低限必要なものたちを詰めて、メイクもせずに、もう着の身着のまま飛行機に飛び乗り、福岡に行ってきました。

.

いつか行きたいなと思っていた女旅。

いつか…なんて待ってたってずっと来ないから、“いつか”を“今”に変えて。

心の声に忠実になって。

.

ホテルも泊まり慣れている所。博多駅前のね。

飛行機が福岡に到着してから予約して向かいました。

長女は大喜び。次女はキョトンとしてたけど、楽しそうな長女につられてニコニコ笑顔に。

.

まず長女が大好きなアンパンマンミュージアムに行って、閉館までたくさん遊んで、帰り道で二人ともぐっすり。

ベビーカーに長女を乗せて、エルゴで次女を抱っこして、博多を歩くのが幸せで。

6年ぶりにIKEAにも。

電車に揺られて幸せで。

IKEAから戻って博多駅ビルで大好きなお蕎麦を食べたり、その帰り道、駅のイルミネーション点灯式に“ゆず”が来ていて、青春の頃の歌たちに心を柔らかく揺さぶられたり。

彼らの歌声の中、幸せで。

たくさんの人たちが笑顔で。

天神でも、いつか娘たちと行きたいなと思っていたスイーツ屋さんにも行けて夢叶って幸せで。

.

本当に幸せでしかない旅。

まだまだ自分が未熟でちゃんとママをやれているのか、子どもたちの気持ちを優先して日々を送れているのか、色々と反省したり行動したりの毎日ですが、この旅で、「ああ、私まだまだこの子たちに出来ることがある、もっと出来るなあ。旅にも出れたんだもの。彼のためにももっと出来ることがある。ありがとうの気持ちで私動けるんだなあ。」と少し自分の中の想いに整理をつけられました。

.

帰りは彼の飛行機の時間に合わせて、福岡空港で合流。

お客様をお連れしてのお仕事だったので、飛行機は違うけど、フライト時間は同じ。

私たちの飛行機から彼の飛行機が見えて、長女は「パパーおきなわでまっててよー!」ってずっと手を振っていて可愛いかったです。

.

「いつかなんて来ないよ、今行けばいい。」

とこの旅の数日前に背中を押してくれた彼、そしてこの旅のことを話すと嬉しそうに喜んでくれた彼の優しさに甘えて、深く感謝した夜でした。

.

幸せの真ん中の大切な想い出。

.



とても晴れた日 

October 26 [Thu], 2017, 23:32



海から帰る車の中、

たまたま流れてきたあのアーティストの曲を聴いて、


ああ、ママの声だね

ママが歌ってる


と、ココ



これはママじゃないのよ、

んー似てるかな?


と問うと、


ママでしょ、

と言って、



曲の中で、何度も繰り返される、


「忘れるから」


というフレーズを繰り返すココ




私の心が泣くと、

顔など見なくてもすぐにわかる娘





歌いながら、そっと寄り添ってくれる



こっちゃん、ありがとう




今日は私のとびきりの場所へ行った

心が疲れたり、減ったり、でも、心が優しいときも、嬉しいときも、とにかく、心が動いたときに行くところ


この場所から海を誰かと一緒に見たのは初めてで、ココも気に入って、今日の中で一番楽しかったって言ってくれた


しかも今日、気がついたけど、そこは竜宮へ祈りを捧げる拝み所だった


やりかたなんてきっと別にいいんだけど、

ココと2人、靴を脱いで、地べたに正座して、手を合わせた


こうやって感謝をさせてもらえる毎日


軽やかに生きる、と


もう決めたから



でも、忘れるから、こうやって感謝を祈らせてもらえるのは本当にありがたいこと



かなよかなかな、宝物

愛よ愛愛、宝物



愛しくて愛しくて 

July 18 [Tue], 2017, 2:07



惜しくて眠れないや


大好きな東京タワー



愛してやまない、赤い鉄骨


0時で消えるはずの灯は、まるでプレゼントかのように一晩中灯っている



やっぱり、夜のタワーが、比べ物にならないくらい好き





空と海、なんだよね。 

March 29 [Wed], 2017, 0:12


夏の日差しのように、
強い暑さの日も増えています。


でも、まだ寒くて、薄いセーターを着る日もあります。



もうすぐで移住して6年目。

初めて、ごく自然に、


海が見たくなりました。


きっとずっと構えていたんだと思います。

ただ海にいくことに。


潮風と、水面の煌めきと、碧さと。


ただ、ただ、海を見にいっただけ。



嬉しかったから。

守るものが出来たこと。
幸せの真ん中にいること。

あの子の粋な、空色の可愛い器も。


嬉しかった。



半端な気持ちではなかったので、

こうやって、遠くから、私は海を見ます。



きっともう、ね。



愛する小さな命たちよ、愛しい命。

本当にありがとうね。


ありがとうね。




愛よ、愛愛、宝物。
かなよ、かなかな、たからもの。




この一言で 

September 18 [Sun], 2016, 22:48

大黒埠頭



この一言だけで泣ける


あんなに
あんなに
嫌いだったのに



優しい想い出


???????????????????????????????

最近の我が家


長女のこっちゃんが胃腸炎になり、
次女のあおちゃん以外全滅の我が家

母が山形に帰ってしまって早々の全滅

そして私は産後ひどくなってしまった湿疹が上半身だけでなくお顔にまで


さあどうしたもんか…
と、眠れぬ夜に、夜泣きのこっちゃんを立って抱っこしながら頭を悩ませたけど、

もうこれは、ひとつひとつ頑張ってゆくしかないのである


幸い、あおちゃんは元気、梅干しは元気になってきた、こっちゃんも家の中を歩けるくらい元気になった


そう、
「ない」より「ある」を考えるのだ

「不幸せ」より「幸せ」を数えるのと一緒



先日、母が山形に帰る前に、お友達家族が集まってくれて、みんなでお別れ会

優しいお友達たち子どもたち



そこで、お友達がギターを弾いてくれて、梅干しが歌ってた

とても心地の良い時間


私はどんな歌手よりも、ギター一本で歌う梅干しの声が好き

柔らかくて優しくて強くてしなやかで美しい


と、相変わらず妻バカ

こうやって幸せを数えてるのである

東京タワー 

August 26 [Fri], 2016, 0:09

東京タワーを手をつないでデートしたいな

まだ一緒に行ったことないものね


見上げる東京タワーの凛々しい姿も、灯りをまとった姿も、到底敵わないその大きさも、本当に美しくて、ずっと焦がれる


展望台にも登ろうね
歩いて登るのもいつかしてみたい


東京タワーのあとはどこでお茶をしようか


昔のように新宿から原宿を通って渋谷まで歩くのもいいね



一緒に日々を重ねるようになってすぐ、
沖縄へ移住してしまったから、
東京での想い出や2人で行った場所は数えるほど

その数少ない想い出たちをたまに箱から出して愛でる


微熱のような感覚


あの日の花火だって、きっと同じ日に違う場所で見上げていたのだろうね



あの日の満月から、同じ空を見上げるようになった



昔の自分とはもう別人のような今
きっとみんなそうなんだろうけどね



碧に染められた私

毎日がめまぐるしく忙しいけれど、
こうやって少ない想い出をまた丁寧に箱から出して、また箱にしまうのです


東京タワーが恋しいよ

小さな2人の女の子たちへ 

August 13 [Sat], 2016, 20:48

どこに住むのも自由

美しい海と空と空気を選ぶのも

誰と生きるかを選ぶのも


全て自由

何にも縛られない

何を着てもいいの


だって今より若い日なんて2度とない
今日が1番若い


誰が何をどう思おうと自由

彩りを選んでゆくこと



どうか自由でいてね

誰のせいにもしない自由を手に入れると


とても幸せよ



私は

大好きな人と

あなたたちと

この沖縄で生きれるのが


本当に幸せよ

海街diaryを観ていた 

August 04 [Thu], 2016, 16:28

「何かを諦めないと、幸せは手に出来ない」


確かねに、なんとなく、そんな気がする



たくさんを諦めてきたけど、
今はすごく幸せで、

ただ、たまに、本当にたまに、
鎌倉に住みたかったなあー
とか思う

多分、梅干しとの江ノ島がすごく深く幸せだったから


たまたまドラマで江ノ島が出ていて、
それをみたら泣けてきて、
だって水族館とかやるから、
泣けるなあって観ていたんだけど、


梅干しはすっかりそんなことって感じで、
「懐かしいね」と言うと、
「そお?」
だって(笑)


「俺は今がしあわせー」とか言ってる


そうなんだけどね、ほんと

ただ、たまにね、恋しくなるだけよ



だから、子どもたち大きくなったら、
鎌倉と江ノ島、デエトしようね

「ふうん、いいけどー」
だとさ


梅干しらしくていいか

美ら海で海月 

February 27 [Sat], 2016, 0:17
いろいろなことに助けられて、いろんなことがスムーズにいってます
本当に良かったね
梅干しもやっとニコニコの毎日で、美味しそうにチョコケーキ食べててとっても可愛いし、こっちゃんも言葉たくさん増えて、
「お菓子は後で食べようね!」
と朝食前にパパに言われたお返事が、
「えーいいじゃん!いいじゃん!」
で、ベッドの中でママは吹き出しました
あー可愛い

愛しい毎日
望んでいた毎日
もったいないほど幸せな毎日

梅干しとこっちゃんの寝顔をみて、毎晩そう思います

7月にはこの幸せな日々にもう1人増えているなんて
どうやら今のところ女の子とのこと
姉妹になるかな

ずっと男の子だと思っていたから、お名前も男の子のお名前にしていたんだけど、女の子だとわかって、梅干しとワタワタ

まだ時間があるからゆっくり考えられるね

でも、男の子に考えてたお名前、女の子でもなんだかとっても可愛くてしっくりきてて、そのままかな
まあゆっくりゆっくり

お雛祭りの日にお引越しです
賃貸だけど一軒家
楽しみ楽しみ

明日も梅干しとこっちゃんが幸せあふれる1日になりますように


冬のうた 

December 07 [Mon], 2015, 14:35

君を追いかけて追いかけて
迎えた冬
街の煌めきの中
これから手をとって暮らしてゆけると
心が踊ったあの冬

また新しい冬がきて
君も変わらず笑っていて
君にそっくりな小さなガールも
君にそっくりな笑顔で私を呼ぶ

もう切なくなることなんて
当の昔に置いてきたのに
たまにあの日を引っ張り出して
聴きたくなる日もある

あの日から自分の確信だけで生きてきた

約5分の切なくて悲しくて途切れてしまう歌


毎年想い出して
この手にした幸せを
当たり前だと思わない

優しさ2つから
優しさ3つ

優しさ3つから
優しさいつかは4つへ


いつだって君に逢いたい
*about me*
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maco
読者になる

08*08
Hello*Hello*Hello

2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
*month archive*