どう触っても巨石?に見える?

January 24 [Thu], 2013, 0:54
二週間前に友達よりゆうパックで京都府名産の立派な山の芋が配達されました。
友達は少し前に大切にしていた犬を突然に亡くしたので、とても愛されていた犬の命日にと淡いブルーのお花を送りました。
学生時代からの友達は愛犬の命日を覚えていた事に心から喜んでくれ郷里名産の山の芋を感謝の気持ちにと出荷してくれました。
急いで箱を開けると「あれれれ?」在るはずの山の芋が見えません!箱いっぱいに粗いオガクズが入れてあり其れをかき分けると奥から山の芋が現れました。
「ん?岩石?」って思えるほど真っ黒な皮で覆われた山の芋。


短冊に切って食べる事しかひらめかない私(涙)困っているとオガクズの奥の方にOPP封筒を見っけ!!それを取り上げてみると中に山の芋の説明書が入っていて様々なジャンルのお料理が載っておりニマニマしながら開封しました。
山の芋は、揚げ物・煮物・焼き物、全て良し!どの写真を見てもウマそうなんです♪それが私の料理魂に火をつけ山の芋料理に惚れた切っ掛けとなりました。
料理好きの方のHPを見たり料理好きの友人にたずねたり山の芋料理の部類の多さにとても驚きました。
寒い時期はベシャメルソースにたっぷりのおろした山の芋を合わせ蒸し焼きにするとまろやかでとっても美味しいです!後、これは一般的ですが、天ぷらもイケますよ。
たくさんのレパートリーが増え、其れを友達に教えてあげると言う楽しみが出来ました。
素材はシンプルなほど色々と遊べて個性が出せ刺激的ですね!で、最後に分かった事は一番お願いされるメニューは素朴な揚げ物とか。


トホホ(泣)でも友達からのお届け物のお蔭で私の道楽?が一つ増え有り難い気持ちでいっぱいです。
まだ3個残っているので、今日のお昼ご飯はやっぱり天ぷらかな?
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aburagaya/index1_0.rdf