みきたんと後藤康二

August 09 [Wed], 2017, 10:05
労働の時間が長いということで辞めたのなら「生産性を重視する業務をやりたい」、仕事にやりがいというものを感じず退職した場合は「新しい環境でますます成長したい」と言い換えると印象が違います。
ネガティブな転職の理由も言い方を変えればポジティブなものです。履歴書に書くときは、150文字から200文字くらいが理想です。



転職の履歴書の書き方の上手な方法ですが、それまで在籍していた会社でどういった仕事をしたのか、どういった業績があったかなど、仕事でどんな成果を上げたのかを理解しやすいように書くことが重要です。


転職を考える時には、まずは、履歴書を通してアピールすることが不可欠なのです。転職の際、資格を持っていないよりも転職先が希望するスキルに近い資格を持っていた方が有利かもしれません。

とはいえ、今のご時世、望まれているのは、資格よりも実務の経験なので、資格がなくても実務経験が長い方が就職に有利な場合もあります。転職時にあった方がよい資格というのは、専門職を除くと少ないようですが、持っていると有利な資格という点では、なんといっても、国家資格が一番のようです。

特に、建築・土木関連では「業務独占資格」と言われる建築士のようなその資格を未取得のままでは実務につけないという仕事がたくさんあるので、狙い目ではないでしょうか。転職の話を家族に相談しても、適当な助言を与えられるとは考えないでください。

家族は今のあなたの仕事の現状をちゃんと把握していないからです。転職理由を説明しても「へーそうなの」程度しかわかってくれないこともあるでしょう。「思うようにしたらいい」といった簡単な言葉であっさりと片付けられてしまうことも考えられます。

仕事をしていない期間が長いと新しい職を得難くなるので、なるべくなら退職してから転職までの期間を短くするように心がけてください。


無職の時期の長さを面接官が気にして質問する場合もあるため、無職の時期はどんな生活をしていたのか、はっきりと答えられるように心がけておきましょう。長時間の労働が原因で辞めた場合は「仕事の生産性を重視して働きたい」、やりがいを感じられなくて仕事を辞めた場合は「新しい水を得てさらに成長したい」などと言葉を選ぶと悪い印象を残しません。

辞めた理由がネガティブであっても言い方を変えれば、明確で相手に理解されやすいものになります。
履歴書の文章を作成するときには、150〜200字程度でまとめるのが良いでしょう。

専門職では、求人に際し、その条件として指定された資格を持つことが条件などと提示されている求人もありますので、専門職へ職を変わるのなら資格を持つ方が有利となっています。



さらに、資格を持つ人とそうでない人とでは、履歴書を人事部が確認した際にも違いが出ることでしょう。就職活動していると避けられないのが、メールによるコミュニケーションです。コツなどはないのですが、「お世話になっています」とか「よろしくお願いします」などの定型句を使う場面が多いので、単語を打てば文が出るよう登録すれば楽だと思います。

どのような転職の理由が望ましいかというと、最初に、転職の本当の動機を自問自答してみてください。そのまま相手に伝達する訳ではないので、思ったとおりのことをノートに記入しましょう。
そして、それを後ろ向きなイメージにならないように表現を変更してみてください。転職理由が長くなりすぎると言い訳がましく聞こえるので、なるべく簡潔になるようにしましょう。英語が堪能だと、就職活動で有利になるかというと、有利になる可能性が高いでしょう。



楽天などに見られるように、社内で話せる言葉が英語だけという会社もあったりしますから、英語に強いと、他の求職者に比べて選択肢が広がり、有利に事が運びます。



履歴書に記載できるような英語能力に関する資格を取っておくのが得策です。正社員に合格できない場合、その原因はその人の心構えにあるといえます。実際、その会社に入って何を達成したいのか、どう貢献できるのかが明確に決まっていないため、志望理由が抽象的になり、面接も今一つになるのではないでしょうか。やりたい仕事がわかって、情熱が伝わると学歴によっても違ってくるかもしれませんが、正社員として合格する確率はあがると思います。

公務員といっても、どんな職場で働くかによって給料には差があります。職業次第ではその給料に大きく差が出るので、高収入を得るために転職をしたいのであれば、どのような職に就けばいいのか、よく考えないといけません。さらに、公務員には暇なイメージや楽なイメージもあるかもしれませんが、いざ働いてみると、そう甘くはありません。ボーナスを貰ってから転職する方が金銭面では有利です。


退職金と合わせると大きな臨時収入となるため、退職を希望している人はボーナスの月に合わせて退職すると損をしません。

そのためにも、計画を練って転職活動をできるようにしていくことが重要ですから、前もって計画しておくといいでしょう。労働時間の長さを理由に辞めたときは「生産性重視の仕事を希望しています」、やりがいのある仕事と感じられずに辞めた場合は「新しい環境でさらなる成長を目指したい」としておくと悪い印象を与えません。ネガティブな転職理由も違った表現で、ポジティブになります。



履歴書に書くのであれば、150文字から200文字程度が理想とされています。転職してみようかと思っている人は、目指している転職先で持っていた方が良い資格は何があるか考え、前もって資格を取得しておいた方がいいでしょう。面接時、他の人に差をつけることが出来るということもありますし、資格手当などを設けている企業では資格が大切な証拠なので、取ってない方は積極的に取得するのが良いでしょう。

大学を卒業する見込みのある人が就職活動を始める時期は、遅くても大学3年生の冬頃から始めることが望ましいです。
一方、既に卒業しているけれどまだ就職していない人は、早く就職が出来るように、応募しようと決めた会社が求人募集の公示があった時から迅速に活動をするべきです。
転職する時に、身内と話すことは大切なことでしょう。


ただし、アドバイスがほしい時には、仕事の状況をきちんと知っている会社の人に相談してみてください。職場の仲間だからこそ、出来るアドバイスがあると思います。仕事仲間が信頼できない場合は、新しい仕事に就いた友達に相談してみるのがいいと思います。

辞職後、マイペースに生きているだけだったり、失業保険を受けとるだけで、別段、就職活動らしいことをしていなかった場合には、無職期間が長期にわたるほど転職をする際に不利になるかもしれません。
できれば、面接官に理解してもらえるような理由を話せるようにしておくことが大切です。面接に臨む時は、身だしなみにはまんべんなく注意をはらいましょう。清潔な印象の服装で面接にチャレンジするというのが大切です。

あがると思いますが、しっかりと妄想トレーニングをしておき、当日に備えるようにしてください。
同様ですから、事前に回答を準備しておくことが重要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マサト
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/abtowoarfalwtk/index1_0.rdf