和歌山市の経済

February 23 [Mon], 2009, 13:23
和歌浦中心部の衰退が著しく,人口も減少傾向にあり,近畿地方では,大阪市から 70km南の大阪市から最も距離の離れた県庁所在地で,大阪方面への通勤も少なく,市長が交替すると政策が二転三転し,なかなか統一した将来計画を打ち出せないことも衰退に影響しているとされる。

中心部に位置し,かつて栄華を誇った『 ぶらくり丁商店街 』では地元老舗百貨店丸正が自己破産し,大丸,ビブレなど集客力の高い店舗が次々閉店し,さらに郊外型の大型ショッピングセンターが現れ,人の流れが遠のき,いわゆる『 シャッター通り 』となっている。

2005年には大手量販店ドン キホーテがぶらくり丁に進出するなど,市は構造改革特別区域法を利用して規制を緩和し,人の流れの回帰に努め,観光では和歌山城や和歌浦が中心で,徳川吉宗が大河ドラマなどで取り上げられると観光客が増えるが,ブームがしぼむと元に戻ってしまうという傾向を繰り返してきた。

和歌山市は江戸時代,紀州藩 55万5千石の城下町として,全国有数の文化都市として繁栄を誇っていたが,明治にとなってから和歌山城は和歌山公園として公開され,天守閣が国宝に指定されたり,戦災で焼失したり,再建されたりと,人々の熱意と浄財で天守閣が再建された。

和歌山市は,史跡和歌山城の復元整備を目的として,『 史跡和歌山城整備基金条例 』を制定し,史実に忠実な整備を目指し,御橋廊下,櫓,白壁,西の丸能舞台など,シンボルとしての文化遺産の輝きを蘇らせている。

浜松市役所 松戸市役所 柏市役所

和歌山の城

February 23 [Mon], 2009, 13:21
八代将軍,吉宗のふるさとの『 和歌山城 』は,1585年に,紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりで,その築城の担当の普請奉行に,築城の名人藤堂高虎と羽田正親,一庵法印が任命され,築城当時の規模などについてはよくわかっていませんが,翌年に領主羽柴秀長の城代として桑山重晴が入りました。

1600年に関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長が,37万6千石で入城し,1619年に徳川家康の第 10子頼宣の紀州 55万5千石の居城となり,城郭の大改修があって,尾張,水戸と並び,徳川御三家のひとつとして,長きに渡り紀州徳川家治政の基を開きました。

和歌山城の入口は5ヶ所,重要文化財に指定されている『 岡口門 』,門外に馬術の稽古場のあった『 追廻門 』,一の橋の架かる『 大手門 』,『 不明門 』址,『 勘定門 』址があります。

和歌山城は,1846年に天守閣に落雷し,大天守,小天守,多聞などを焼失し,当時幕府の制では天守閣の再建は許可されないのですが,紀州藩は幕府と特別の関係にあったので再建を許され,1850年に復旧したが,1871年の廃藩置県で廃城となり,1901年に,和歌山公園として初めて公開されました。

1931年の昭和6年,文部省から史跡に指定され,1935年に天守閣,隅櫓,楠門等が国宝建造物に指定されましたが,1945年,不幸にして戦災を蒙り,一夜にして焼失し,1958年に竣工式を行い,再び虎伏山の空高くその雄姿を誇っています。

市川市役所 船橋市役所 千葉市役所

和歌山市  - わかやま -

February 23 [Mon], 2009, 13:16
和歌山市役所は,地方公共団体である和歌山市の執行機関としての事務を行う施設で,和歌山市役所の所在地は,和歌山県和歌山市七番丁23番地で,和歌山市は,近畿地方のやや南部に位置し,和歌山県の県庁所在地で,江戸時代には御三家の紀州徳川家が治める紀州藩の城下町として栄えた。

和歌山市の面積は,和歌山県の面積の約4%ほどだが,県人口の約 40%が集中するプライメイトシティで,近畿地方の府県庁所在地としては,大阪市,神戸市に次いで人口密度が高く,紀の川の河口に位置し,市街地はほぼ南岸だが,中心市街地には,城下町としての名残を留めた小さな町が点在する,

市内のターミナル駅としてはJR西日本の和歌山駅と南海電鉄の和歌山市駅があるが,行政機関や金融機関が多く集まる和歌山城周辺へは,いずれの駅からも近いとは云いがたい距離があり,かつては南海和歌山軌道線の路面電車が和歌山駅,和歌山市駅から和歌山城付近を通り,国道 42号を南下して和歌浦,海南駅まで伸びていたが,1971年の昭和 46年に廃止された。

学習と音楽の里 にこにこ村 前橋市役所 北九州市役所 北名古屋市役所
P R