【 更新情報 】

スポンサード リンク

ルイ ヴィトンの偽物

何故『 ニセブランド品 』が,日本に氾濫しているのだろうかと云うと,色々な理由が考えられますが,主に以下の2つがあります。

・偽物とわかって販売した場合は,懲役 10年だが,偽物だと知らずに売った場合は,刑事責任がなく,罪にならない。

・買う側の知識が不足していて,偽物を買ったときも,買った後も偽物だと気付いていない。

上記の事件の例としては,大手スーパーのジャスコ・イトーヨーカ堂のバーバリーのマフラー事件がありますが,ジャスコもその卸元のマツモトが,大阪の並行輸入会社に『 本物 』だと騙されたと云って謝罪しましたが,この件では,販売側は『 偽物 』だと知らなかったので,刑事責任は問われず,結局ジャスコもイトーヨーカ堂も自主回収ということで決着しました。

まさか大手のデパートや販売店で,『 偽物 』が販売店側のジャスコも気付かずに何万個も販売し,買い手側も『 偽物 』と気が付かないと云うことは,ブランド物は本人が『 本物 』だと思ってさえいれば幸せでいられる程度の物なのかもしれませんし,『 大手だから ... 』では信用できません。

並行輸入会社,並行輸入品という記載,そして大手販売店,大手ディスカウントショップでさえ,100%『 本物 』であることはないことを肝に銘じ,正規取扱店や直営店での購入かより安全で,お金を貯めてやっと買った憧れのブランド品が『 偽物 』だったら,悲しいことです。


家電のコジマ ヤマダ電機 家電量販店 コジマ

ルイ ヴィトンの見分け方

一般的な見分け方のポイントをいくつかあげると,ルイ ヴィトンは生地と生地のつなぎ目を中心にして左右の柄が対称になっているほか,最近のルイ ヴィトン製品は,必ず『 シリアルナンバー - 製造番号 - 』が刻印されていて,古いルイヴィトン製品には,本物でもシリアルナンバーがないものもあり見分け方が難しいのですが,本物はジッパーにエクレール社の物が使われていることが多いようです。

元来シリアルナンバーとは,世界に一つしかない,住民基調台帳のような識別番号ですが,ヴィトンのシリアルと呼ばれる物は,何年にどこの県で生まれたかがわかるだけの物で,『 スペインのCA 』という工場で97年04月に作られたということがわかるだけで,バッグも財布も合わせれば,何千個も何万個も,同じ番号があるので,ヴィトンの場合は正確にはシリアルナンバーとは呼べません。

ヴィトンのシリアルには,必ず製造国を記したMIやCAなどのアルファベット2文字の記号があり,例えば,『 MIならフランス 』,『 CAならスペイン 』で,ヴィトンのシリアルと『 made in - メイドイン - 』を見比べれば『 本物 』かどうかわかる参考ポイントの1つで,製造国とシリアルの関係は,

・フランス … AN・AR・AS・A0 ( ゼロ )・A1 ( いち )・A2 ( に )・CT・NO・RA・SL・SP・TH・SR・FL・MB・MI・DU・BA・BJ・RI

・スペイン … CA・LO・LB・LM

・アメリカ … FH・SD・OS 。


ガンの血管内治療 がんの血管内治療の奥野哲治 美容矯正

ヴィトンの魅力

フランスのスーパーブランドのルイ ヴィトンは,本国のフランスやヨーロッパ各国での人気が抜群で,世界中の国や日本でも愛され,多くの人々から圧倒的な支持を受けていて,私たちの回りにもルイヴィトンのアイテムを持っている人がたくさんいますが,ルイ ヴィトンの魅力は,デザイン性と機能性と実用性を兼ね備え,使うほどに味わいが出て,これが多くのファンを虜にし,性別や年齢を問わずに使える商品や,毎シーズン発表される新しいコレクションも,多くの人々の注目を集めています。

ルイヴィトンは,フランスでバッグやトランクを製作していた小さな会社だったが,小さい会社ながらヴィトンのバッグの完成度が飛びぬけて優れ,2つか,3つ以上の文字などを組み合わせた記号や個人や団体の頭文字で作られ,ロゴタイプとして使われることが多い『 モノグラム 』だが,ルイ・ヴィトンのモノグラムは,日本ではルイ・ヴィトンを代表する商品として知られている。

1896年に,『 ニセモノ - 偽物 - 』に対抗するためにつくられた創始者ルイ・ヴィトンの『 LV 』のイニシャルに,星と花を組み合わせたモノグラム・モチーフを発案したのは,2代目のジョルジュ・ヴィトンで,このモノグラム・モチーフは,当時パリで流行していたジャポニスムの影響で,日本の家紋からインスピレーションを受けて生み出されたものとも云われている。

学習と音楽の里 にこにこ村 パーツモデル 金子エミ
P R
カテゴリアーカイブ