ランドセルのリサイクルでは“きずあと”を残す。

ランドセルのリサイクルを考えるならもう今更ランドセルとしては使わないのですから、形を変えた再利用がいいかもしれません。

形を変えたランドセルのリサイクルと言うことになるとランドセルの一部分を使って別の小物に作り変えることがあります。

ランドセルのいわゆる“かぶせ”の部分からキーケースやキーホルダー、長財布などにリサイクルしたり、ランドセルのベルトの部分からズボンのベルトを作ります。

そのときランドセルの止め金具もベルトのバックルとして再利用します。

ランドセルのリサイクルで一番大切なことは6年間の使用に耐えた名残とも言うべき“きずあと”をぜひ残しておきたいものです。

童謡の“背比べ”にあるような柱の傷みたいな思い出を残してくれます。

この傷跡があることでランドセルをリサイクルした小物を使うときに子供の時の思い出に浸れます。

どうせ残すのなら同じ傷跡でも一番思い出に残っている傷跡を選ぶのも面白いですね。

例えば、仲良しだった○○ちゃんと遊びながら帰っていたとき、狭い露地でかくれんぼして狭いところに

隠れたときに付いたキズだったりしたらクスっとしませんか?

ランドセルは牛革かクラリーノか?

ランドセルは牛革かクラリーノかと最初に買うときは悩むところですね。

ランドセルは牛革と言うのが相場のように思っているおじいちゃんやおばあちゃんは牛革を薦めますが、クラリーノは軽いのが魅力です。

小学校に入学する頃は体力がない子供さんも多いようです。

そんな子供さんなら軽いほうがお勧めです。

なんたってランドセルを背負うのが苦痛で学校へ行かないなんて言われかねません。

ランドセルを比較すると牛革はクラリーノと比べると傷みやすいようです。

ただ傷みが6年間の歴史を物語っているわけで、逆にそれが牛革のいいところだという人も多いようです。

ランドセルの手入れも最初の頃は拭いたりしていますが、だんだん手入れはしなくなります。

牛革はやはり手入れをしたほうがいつまでもきれいな状態を保てます。

牛革かクラリーノかという選択は難しいところです。

牛革のランドセルは何となくブランド品のようなステイタスがある感じですし、軽さや水に強いところや
傷にも強いところはクラリーノがいいようですし、基本的に一度買ったら6年間ずっと同じランドセルを
背負って通学するわけですから、ネットででも皆さんの意見も参考にされたらどうでしょうか。

ランドセルはオランダ語?

ランドセルもアウトレットモールに並んでいます。

おじいちゃんやおばあちゃんが、4月に小学校へ入学するかわいい孫と一緒に品定めをしています。

きっと孫が大きなランドセルを背中に背負って通学する姿を想像しながら財布の紐を緩めているのでしょう。

ランドセルは明治時代の学習院に始まると言われています。

軍用の背のうのことをオランダ語でランセルと言うそうです。それがなまってランドセルになりました。

そしてこのランドセルが戦後の昭和20年代の後半から全国に普及しました。

その当時からランドセルの形はあまり変化していませんが、色はカラフルになりましたね。

赤か黒しかなかった頃から、最近はブルーやピンクなどもあります。

ランドセルも6年間使えば不要になりますが、だからといって思い出の詰まっているランドセルを簡単に捨てるわけにはいきませんがクラリーノ ランドセルのクラレが、不要になったランドセルをアフガニスタンなどの子供たちに贈るキャンペーンを2004年から始めています。

これもランドセルのリサイクルとして有意義なこです。

この運動で今までに5万個以上のランドセルが現地の子供たちに渡されたということです。

ランドセルをリサイクルして何に使用しょうか?

不要になったランドセルをどうするかが気になります。

成長期の6年間も愛用したランドセルですからそう簡単にポイするわけにはいきません。

ランドセルをリサイクルすることが人気になっています。

ランドセルをリサイクルして何に使用しているのでしょうか。

ランドセルをリサイクルするときには元のランドセルの形を残してミニチュア化して記念にすることもあります。

ネットで検索したらミニチュアにしてくれる業者さんを探せます。

ミニチュア化してケースに入れて保存すればインテリアにもなるし思い出が残ります。

それとも、どうせランドセルをリサイクルするんだったら実用品に変えるのもいいかもですね。

多くのランドセルは革製品ですからりリサイクルして別のものにしても長く使えます。

ランドセルのかぶせの部分を四角に切り取って自家用車のシートに置いて座布団になります。

そっくり使うのならショルダーバッグにだって出来ないことはないでしょう。

日記帳なんかのブックカバーにもなります。

ランドセルのリサイクルの方法

ピカピカの1年生。ピカピカのランドセルが背中で踊っています!

ランドセルを背負った小学生の姿はいつ見ても嬉しいし、かわいいものです。

私達にもあんなランドセル背負った時代があったんだという感慨がこみ上げます。

そんなときに時分が使っていたランドセルをもう一度見てみたいと思うかもわかりません。

ランドセルのリサイクルはそんな想いを形にします。

でもランドセルのリサイクルと言っても色々なメモリアルの方法があります。

一番簡単でストレートなランドセルのリサイクルは、そのままの状態で壁にかけて使わなくなった教科書やノートを入れて保存するというもの。

コムサのランドセルや天子の羽やイオンのランドセルがそのまま物入れとして残ってくれます。

ランドセルのリサイクルにはこれでなければいけないといった型にはまったランドセルのリサイクル方法があるわけではありません。

それぞれ今まで6年間使ってきたランドセルを感謝の気持ちで、どんな記念にするかが大切なことです。

ランドセルのリサイクルとは再活用の方法です。

ランドセルとして修理して再活用もあるでしょうし、ランドセルから別の形に変えるランドセルのリサイクルもあるでしょう。
P R