どんなときも 

January 20 [Thu], 2005, 22:09
”豆腐としいたけのカキソース煮”

お豆腐としいたけをカキソースで煮込みます。
しいたけなどのきのこ類は煮込めば良いお出汁がでます。
淡白なお豆腐はしいたけとカキソースの風味とお味を
ふんだんにからめてくれます。
しいたけから出るとろみが加わったお料理は
まるでスープのようです。

食べすぎてしまったり、飲みすぎてしまったりで
胃や体が疲れている時もこのお料理は
あなたの体を優しく包んでくれます。

 

January 18 [Tue], 2005, 20:33
”新鮮たまごとトマトの炒めもの”

太平洋に面した土地と暖かな気候は
様々な豊かな食材をもたらしてくれます。
トマトもそのひとつ。
大きくてぷりっとした真っ赤なトマトは
それだけで食欲をそそります。
それをふわふわのたまごと一緒にサッと炒めます。
あまり油が入りすぎると折角のトマトの新鮮さと
卵のふわふわが台無しに。
あくまでもさっと、それでいてまんべんなく火を通します。
食材が新鮮で良いものなら余計な味付けはいりません。
あくまでもトマトさんの引き立て役にサッと味付け。

そうすれば、ほら
目にも鮮やかな花のようなお料理が完成です。

花椒 

January 16 [Sun], 2005, 20:22
”マーボー春雨”

これも家庭でもおなじみのお料理ですね。
日本人の方はこのお料理がお好きな方が多いようです。
春雨にしっかり絡まったピリ辛のソースは
嗅覚を存分に刺激します。

お店の主人は四川料理を専門としているので
通常、日替わりに関わらず、メニューの大半は
全体的に辛めであり、そして胡椒がよく効いています。
それは花椒(ホアジャン)と呼ばれる
中国のある地方特有の胡椒で
私達の舌を強烈に刺激します。

ただ、一度この花椒のとりこになってしまった方は
もうこれなしでは食べれなくなってしまうようです。
この”麻婆春雨”のほか、”麻婆豆腐”の際にも
「花椒遠慮なくお願いします」
とオーダーに付け足されることも珍しくありません。

おみそ 

January 13 [Thu], 2005, 20:15
”なすの甘味噌ひき肉炒め”

お店がある地方はお味噌との関係が深い土地柄。
お味噌(特に甘味噌)を使ったお料理が好まれるように思います。
そんな中、群を抜いて人気なのがこのメニュー。

油でさっと揚げた茄子を秘伝のたれやおねぎ、ひき肉と炒めます。
たれはもちろん、お味噌がベースになっています。
甘みとコクの絶妙なバランス。
中華なべの上で転がされて
香ばしい匂いとともに出来上がります。
ご飯がどんどん進んでしまう罪な一品です。

海のミルク 

January 11 [Tue], 2005, 19:54
”カキチリソース”

ヨーロッパで海のミルクと呼ばれる牡蠣。
お店があるところは太平洋から近いので魚市場に毎日足を運びます。
そこで粒が大きくふっくらとした牡蠣が手に入った際に
メニューに加わるのがカキチリソース、通称”カキチリ”です。

通常メニューの一つである”海老チリソース”も
日本の家庭中華の王道だからなのか
お店でもご好評頂いていますがこちらもなかなか。
毎回食べれないとあってか
見つけたらオーダーして頂くことが多いです。

海老チリと違うところは『卵』。
牡蠣のお味や食感に合わせてチリソースにうっすら卵を加えます。
海老チリとはまた違ったまろやかな辛味になって
辛い物が苦手な方にも食して頂けます。

日替わりメニューにおいて売り切れてしまうことが一番多いのが
この”カキチリソース”です。

やわらかーい 

January 09 [Sun], 2005, 19:28
”やわらか豚なんこつのニンニクソースかけ”

お店には色々な手作りソースが用意されています。
ゴマのソースやしょうゆがベースのあっさりソースなどなど。
そんな中、かなりご好評を頂いているのがニンニクソース。
ゴマのソースと人気の双璧をなしています。

それを豚の軟骨におかけします。
軟骨は長時間かけてじっくり煮込んであるのでトロトロ!
とてもあの硬かった骨とは思えません。
軟骨の部分を豚の脂身だと勘違いされる方も
いるほどにトロトロなんです。
そんなトロトロでやわらかな軟骨とニンニクソース、
そしておネギのハーモニーが口の中でからみあう!!

ニンニクたっぷり、ラー油たっぷりなので
スタミナをつけたいあなたにもおすすめですし、
たっぷりのコラーゲンで美容効果も見逃せません。
ニンニクは骨粗しょう症に悩む女性の強い味方なんですよ!

カリフラワー 

January 06 [Thu], 2005, 19:19
”ほうれん草とカリフラワー、ブロッコリーの炒め物”

美味しいカリフラワーが手に入りました。
みなさんのイメージではカリフラワーといえば
『白』
だと思うんですが
ところがどっこい
『緑』なんです。
よく見るとちゃーんとブロッコリーとは違う形。
味も、ブロッコリーでよく嫌がられる青臭さがなく
食べやすいんです。

そんな緑のカリフラワーとほうれん草、ブロッコリーと炒めます。
素材の味がしっかりしているので薄いお味で。
ほんのりカキソースのいい匂いがします。
白いお皿の上に緑がいっぱい!

お野菜が足りないな、と感じたらぜひこの一品を!

はじめに 

January 03 [Mon], 2005, 19:08
わがやは中華料理屋さん。
みなさんにアツアツでおいしい中華を食べていただき
笑顔になっていただくのが私たちの願いです

お店のメニューは二本柱。
通常メニューと日替わりメニュー。
その日にとれた新鮮な食材をふんだんにつかった
日替わりメニューをこれから紹介していきたいと思います。
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
熱々麻婆豆腐を作るなら深型四川鍋30センチ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:abite
読者になる
Yapme!一覧
読者になる