「ラモスの教え」。監督・永井秀樹が、ヴェルディユースで目指すもの

November 24 [Fri], 2017, 18:28
永井秀樹「ヴェルディ再建」への道(5) 〜激闘のプリンスリーグ関東(前編)

◆「ヴェルディらしいサッカー」は、“ラモス瑠偉“という存在ありき

 試合後のミーティングを終えて、誰もいなくなった川崎フロンターレ麻生グラウンドに戻ってきた永井秀樹の表情は、思いのほか晴れやかだった――。
852625-030
【写真】スペインの知将が指摘。日本代表は「プレッシングを誤解している」

 2017年9月23日、高円宮杯U−18サッカーリーグ2017・プリンスリーグ関東の第14節。4位の東京ヴェルディユースは、首位を走る川崎フロンターレU−18と敵地で対戦し、0−2で敗れた。

 フロンターレU−18はこの日、2年生ながらチームの攻撃をけん引するU−17日本代表FWの宮代大聖をはじめ、来季ファジアーノ岡山入りが内定しているMFデューク・カルロスなど、年代別代表や代表候補がズラリと顔をそろえるベストメンバーだった。

 片や、監督・永井率いるヴェルディユースは、背番号「10」のMF藤本寛也とキャプテンのDF谷口栄斗がU−18日本代表のカタール遠征メンバーに選出されて不在。さらに、1年生ながらU−17W杯に挑む代表メンバーに選ばれたDF馬場晴也が出場停止で、他にも負傷などで主力メンバーを複数欠く“手負い“の状態だった。

 こうした状況にあっては、さすがに好結果を求めるのは酷だろう。だが、そんな“ハンデ“も意に介さず、永井はこう語った。

「『これだけ選手がそろわなければ仕方がない』と思ってしまう監督もいるかもしれないね。でも(自分は)そんな言い訳をする気はまったくない。むしろ、逆。選手にも昨日の練習後、『俺は明日の試合が楽しみで仕方がない』と伝えていた。『レギュラーが5人いないということは、新しいヒーローが5人生まれる可能性がある、ということだ』と。

 今日の負けは、すべて監督である自分の責任。選手には1%の責任もない。これだけ厳しい状況の中でよくがんばってくれたと、選手たちには感謝している」

 言い訳を嫌う永井らしい台詞である。とはいえ、負けて悔しいと思わない監督などいない。

「悔しいかどうか聞かれたら、もちろん悔しいよ。たぶん、今夜も確実に眠れない(笑)。でも、その悔しさを上回るだけの発見や学びがあった。それは、ものすごく大きな収穫だった」

 永井は笑顔でそう答えた。

 敗北の中で、永井が得た“発見“や“学び“。それは、一指導者としての成長に限らず、今取り組む『ヴェルディ再建』にもつながるものだ。

 では、いったいどんな発見や学びだったのか。それを説明するには、今から四半世紀前のJリーグ創成期、人気・実力ともに国内最強を誇っていた「黄金時代」のヴェルディについて触れる必要がある。

「当時言われていた、いわゆる『ヴェルディらしいサッカー』って、わかりやすく説明すると、圧倒的にボールを支配して、ゴール前でたくさんシュートチャンスを作れる、見ている側もプレーヤーも楽しいというサッカー。実際に一緒にプレーしていたからよくわかるけど、そのサッカーができるかどうかは、“ラモス瑠偉の存在“があるかどうかで決まる。

 ラモスさんは、たとえ試合に勝ったとしても、理想とするサッカーができていなければ、決して満足することはなかった。当時、自分たち若手は試合に勝てば、何でもかんでも喜んでいた。ときには、ドンチャン騒ぎのようにロッカールームで騒いでいた。でも、そんな中でラモスさんだけは違った。内容が伴わなければ不機嫌になり、はしゃぐ若手を見て『ふざけんな、おまえら!』『何がうれしいんだ!』『なんだ、今日の試合、クソ試合じゃねぇか! 何がヴェルディだ!!』と激昂し、説教をし始めた。

 当時、自分もまだ幼稚なサッカー脳しかなかったから、内心では『試合に勝ったんだから、喜んだっていいじゃないですか』と思いながら、ラモスさんの説教を聞いていた。でも、今となれば(ラモスが言っていた)理想を追求することの大切さがものすごくよくわかる」

 日も暮れ始めたので、麻生グラウンド近くのパスタ屋に移動。そこで、話の続きを聞いた。「フロンターレ選手御用達」という店は、家族連れや女性客などで賑わっていた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナイキ
読者になる
全国送料無料バスケットボール,サッカー専門ショップで!様々な大人気の ナイキバスケット,アディダスバスケット,サッカーユニフォーム関連商品豊富に取揃!絶対必見!
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる