えりにゃんのたかし

September 30 [Fri], 2016, 12:17
自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、離婚するかしないか決めかねますよね。

まずは落ち着いて、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。
夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚してしまうのも一つの案です。


たとえ大手だからといって最高だとかは言えませんけれども、探偵業者の場合は大手のほうがリスクを避けることができるのでオススメです。

小規模な調査会社の中にはろくすっぽ仕事もしないくせに見積りと全然違う料金を請求してきたり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。


そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、重要です。

納得がいかないようなら依頼すべきではありません。
探偵業者に調査を依頼する場合、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用を理解していないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。1時間1万円からと予想していると間違いありません。



行動調査の時間を増やせば、費用負担は増えるだけですから、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。



浮気調査を探偵事務所に成功報酬で頼めば得になるかと言えばそうでない場合にも遭遇します。成功報酬ならば一般的な感覚としてはもし調査が不成功の場合、報酬を払わずに済みますから依頼者から考えると得ではないかと思うのです。ですから、成功報酬の探偵事務所に特定して、見つけている人もいるのです。
離婚も辞さないつもりで、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、喧嘩になりやすいので、避けるのが賢明です。

信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。
心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。

私28歳、夫36歳。



小2と幼稚園の子供がいます。先月半ばに彼の職場不倫がわかり、家族会議の結果、いよいよ離婚という運びになりました。幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が育てるわけです。簡単なことではないでしょう。私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。浮気の形跡がSNSを介して把握できることもあります。

一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますのでパートナーも無意識のうちに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事が珍しい事ではありません。


時には、浮気を証明してしまうような内容を書き込んでいる可能性もあるのです。
ユーザーIDを見つけたなら調査してみて下さい。探偵を雇って配偶者の浮気調査をしてもらうには、相応の支出は覚悟しておきましょう。平均的な調査料金ですが、具体的には不倫の行動調査の場合、1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいはかかるとみておけば間違いありません。

時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、何を依頼するにも50万から60万くらい用意しておけば充分だと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuna
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/abesaoxkhtoiot/index1_0.rdf