【 更新情報 】

スポンサード リンク

メンズ ビジネスバッグは機能性重視で選ぶ

メンズ ビジネスバッグはドキュメントバッグ(書類バッグ)や、ブリーフ
ケース、ショルダーバッグ、旅行バッグなどほとんどのメンズバッグは
ビジネス用と言ってもいいくらいです。

ビジネスマンが通勤に使用しているビジネスバッグはドキュメントバッグ
が一番使われていますよネ。

ドキュメントバッグは本革でできていても、小さいので、重さを意識する
ことなく使用できます。本革の質感が十分堪能できるバッグです。

もちろん、今では、クラリーノなどの丈夫な合成皮革が開発されており
、ビジネスバッグにも採用されていますが、やはり質感は本革にに敵いま
せんよネ。ドキュメントバッグは黒の本革で決まりでしょう。

次に多いビジネスバッグは、短期出張などに使われるブリーフケース、
とショルダーバッグです。

これらのものも一昔前は革製のものもありましたが、なにせ重たいのが
たまにキズでした。

今では丈夫で軽いナイロンのキャンパス地のものが主流になっています。
そして、ビジネスユースということで、ペンホルダーやキーホルダー
はもちろん、着脱式のミニバッグ、携帯電話ポケット、パソコン収納
ルーム、背面には新聞や雑誌をぱっと出し入れできるマガジンポケット
など機能満載で、どれもがスタンダードになってきています。

とにかく今は必要な持ち物が増えましたので、使い勝手の良さを優先して
ビジネスバッグを選ぶべきでしょう。

そして、結構な重量になりますのでジョイント部の取りつけがシッカリ
したビジネスバッグを選びましょう。

グルメ・特産品市場.com【訳あり】【アウトレット】

芸能人の裏話.com

資格試験情報バンク

脳を鍛える100の方法

ポールスミス ビジネスバッグもド派手です

ポールスミスはイギリス・ノッティンガム育ちのカジュアル・ファッション
ブランドで、アパレル、財布、コインケース、マネークリップ、腕時計、
ベルト、キーケース、カードケース、メガネ、帽子、携帯ストラップ、
ステーショナリー、香水、バッグまで扱う、総合カジュアル・ファッション
ブランドです。

ポールスミスはカジュアルファッションブランドということで、ビジネスバッグ
はどうかなと思いきや、ありました。

バリバリの丸の内のネクタイ姿のビジネスマン向けのシンプルなビジネスバッグ
は少ないですが、カメラクルーなど、どちらかと言えばフィールド系の仕事
に適したデザインのバッグが主流です。

ポールスミスといえば、マルチカラーストライプ、大きいユニオンジャック、
迷彩色、マルチカラーストライプの車など一目で「ポールスミス」とわかる
ものがほとんどです。

ポールスミスのバッグはメンズのビジネスバッグにはショルダーバッグ、
レディースにはトートバッグが適しています。

ポールスミスはカジュアルブランドとはいえ、機能性にも優れていますので
、一度チェックしてみるのもいいかもしれませんネ。

プレーンなデザインの好きな人は、ド派手なデザインに惑わされずに探すと
重厚感たっぷりのものもありますから、探して見てくださいネ。

レディースのビジネスバッグといえども機能性を第一に

レディースのビジネスバッグと言ってもちょっとピンと来ないと
思います。

男女兼用のヘビーデューティーなアタッシュケース、ブリーフケ
ースは別として、一般的にはトートバッグやショルダーバッグなど
がレディースのビジネスバッグとして使用されています。

これらトートバッグやショルダーバッグなどはカジュアルなもの
も沢山ありますので、シャイニーやブライトカラーのものは
ビジネスバッグとして不向きです。

また、逆に、レディースのビジネスバッグとして適しているものは
カジュアルユースにはちょっと無理があるようです。

巷にはフォーマルとカジュアルのマルチユースを謳っているバッグ
もありますが、私的にはどっちつかずの違和感が否めません。

ビジネス・カジュアルの共用は止めた方が賢明だと思います。

ビジネスバッグではレディースといっても、なにより、収納などの
機能性、耐傷性、耐摩耗性、ジョイント、ジッパーなどの堅牢性、
型崩れしない構造、などを優先して選ぶべきでしょう。

さらに、カラーは重厚感のある黒、ブラウン、ベージュなどのべー
シックカラー、シャイニーは止めましょう。タッセルなどの飾りも
必要ありませんヨ。

ビジネスバッグのブランドは百花繚乱

ビジネスバッグを製造しているブランドは沢山ありますが、
ここではそのうち新旧の2つを紹介してみましょう。

●エルメス
なんといってもバッグブランドの王様。ですが、エルメスがビジネスバッグ
を作っていることを知っている人は少ないのではないのでしょうか?

エルメスのビジネスはまず「サックアデペッシュ」「ケリーデペッシュ」の
ドキュメントバッグです。

両方とも、不朽の名作バッグの「バーキン」「ケリー」を彷彿させます。
多分一目で「エルメス」とわかるビジネスバッグです。

デザイン的には「サックアデペッシュ」の方がスマートです。
「ケリーデペッシュ」は頭でっかちな風貌をしています。

手作り、堅牢、ベーシックデザインということで、お値段の方も結構
張っていますが、長持ちしますから、親から子に受け継ぐことも可能
です。

●オロビアンコ
オロビアンコは1996年にイタリア・ミラノでできたばかりのニュー・
ビジネスバッグブランドです。

オロビアンコのデザイナーのジャコモ・ヴァレンティーニはビジネス
バッグを「持って移動する家やオフィスである。それらの空間を全て
持ち歩けるような機能性を持って、人それぞれ千差万別のライフスタ
イルに密着したビジネスバッグを作る。」と言っています。

つまり、24時間ビジネスするために最適なビジネスバッグを念頭にデ
ザインしているというわけです。

オロビアンコのビジネスバッグの特徴はレザー×キャンバス地にあり
ます。見た目も洗練されているうえ手入れもしやすく、使い勝手も
良いお値段も手ごろということで、日本でもオロビアンコユーザーが
増加中です。

その他のビジネスバッグのブランドは
「ACE・GENE」「アトリエサブ」「L.E.D.バイツ」「エッティンガー」
「アンビル・ヘッド」「イルビゾンテ」「ヴェルサーチ」「ガザ」
「カルティエ」「グッチ」「コーチ」「グレンロイヤル」「カルテーラ」
・・・etc.たくさんありますので、じっくり見てみるのも楽しいですネ。

バーバリーのビジネスバッグでデキル男に

あのキャメル、赤、黒、白のチェックの「バーバーリー・チェック」
で有名なファッションブランド「バーバリー」がビジネスバッグ
を作っているって知ってましたか?

「バーバリー」のシンボル「バーバリー・チェック」は当初、
コートの裏地だけでしたが、その後マフラー、シャツ、バッグ、
ビジネスバッグ・・etc.とさまざまなアイテムに採用されてい
き、世界の誰もが知るチェック柄となりました。

1835年にトーマス・バーバリーによって創業された「バーバリー」
はイギリスを代表する英国王室御用達のトップブランドです。

バーバリーは英国、さらに英国王室御用達ということで、重厚感
に溢れ、シックでトラディショナルなデザインが特徴で、世界中
の紳士淑女に愛されています。

バーバリーのスレンカラーコートは日本のビジネスマンのあこ
がれの逸品ですよネ。

そのバーバリーですが、ビジネスバッグも作っています。

さすがに、外側にあの「バーバリー・チェック」を使用したモデル
はほとんど無いといっていいと思いますが、内側には結構使われて
います。

バーバリーのビジネスバッグはダレスバッグ(ドクターバッグ)や
ブリーフケース、トキュメントバッグ(書類バッグ)などがありま
すが、どれもシックで、飽きがこない末長く使える逸品です。

ファッションブランドのビジネスバッグというと、結構派手めの
デザインが多く、モノグラムなどはビジネスにはちょっとという
感じですが、バーバリーのビジネスバッグはビジネスの場でも
使えるデザインがほとんどなので、イヤミがなく安心して使え
ますよ。