2016.02.24 [Wed] 09:35

ここでブログを書いています。
http://osake.hatenadiary.jp/
 

人は間違えることを忘れない。
2015.05.29 [Fri] 00:04

自分の生き方について毎日考えている。
ずっと考えていたけど、特にここ一年深く考えている。
というか日毎に強く考えていると思う。



自分は30年弱くらいの間、たいへん不器用に生きてきたと思うので、
その過去は非常にださくかっこうわるく痛い辛い悲しい(言いすぎか・・・・笑)
そんな人生だったと思う。

ひとの力添えや環境の変化により
そういう自分を素直に振り返り、いかにダメであったかを受け止められる今
非常に生きやすく、以前からは考えられないとても楽しい日々を過ごしており

(つっても、お金を持っているとか社会的地位が高いとかそういうことじゃあ全然ない。
そういう意味では同情される、社会問題とされる地位とかレヴェルであるとおもう。
けれどそんな定規で測られることには全く価値を置いていない。)

そうなると、今まで考えられなかったこれからの人生を前向きに考えることができるのだ。

そしてわりと最近まで、
以前の私と同じような悩みを抱えている人の話を聞きたい
できることならその悩みを解決する一助となりたいと思っていた。

でもそれは
こういう悩みを、ひとからの手助けにより克服した私は、
自分もそうしなきゃいけない・そうすべきだ
という思い込みからきていた。

そして今は、とてもできないや
と思っている。

過去の嫌いな自分と同じような悩みを聞くのはつらい。
つらい上に、それを解決するすべは結局のところその本人が
どれだけ克服したいかという思いの大きさが最も重要であり

そこに対して自分が出来ることを考えるより
違うアプローチで何かをしたいと思った。

具体的な何かじゃないけど、
今自分が信じていること
=今世の中で多数の人が支持している生き方みたいなものから外れること

を実践して生きていくことで
ああ、こういうふうに生きてもいいんだ
っていうひとつの例みたいな生き方をしたいと思った。

私は今世間で良しとされるものを何も持ってないけれど
なかなか楽しく生きているよ
っていうことを、なんかの形で表せたらよいなと思う。

これになりたい
っていうのは決まってないけど
こう生きたいは決まっているしずっと変わらないし
それが人生と人間の本質であると思っている。
楽しく生きたい。
嫌なことをできるだけ避けていきたい。
決めつける人を避けて生きていきたい。
いつでも自分を疑って生きていきたい。
人は間違えるから。

これを思っていれば、だいたい大丈夫じゃないか。
 

いつだって同じことを考えている。
2015.04.25 [Sat] 20:35

いつでも、どこでも、
誰と、何をしていても
思うことはおんなじだ。

茶番はいやだな。

本音か本音じゃないかなんてすぐわかるんだけど
本音じゃない会話を続けられる能力も、あるんだな。
みんなある。
ない人がいて、
「空気読めない人」にカテゴライズされる。
あー、かっこいいなあって思う。
じぶん、やだなーっておもう。
つまんねーなっておもう。

ほんとうに、どこだって一緒。
たぶん、すくなくとも日本国内は一緒だ。

すごい高学歴集団や
エリート集団や
そうじゃない集団や
いろんな職業
性別
年代別
地域別
縦に割っても横に割っても絶対同様に
等しく存在する。

本質的じゃないことに
本質的じゃないと言いたい
言わなくていいところに行きたい
そうなるためにすべきことを考える。
 

「好きなことして生きて行きたい!」って思いは
2015.04.23 [Thu] 13:41

今その「好き」が決まってなくても
成り立つ目標だなあと思う。行動をすれば!

かさこ塾全講座終了しました!
毎週東京に通い、泊まっていたので
休み=東京
今月は今日まで、1日家で過ごす休みが無かったし
課題もなかなか大変で、今週は風邪を引いたりして
プレゼンも、もう1日あればもっと練習できたのになー
と悔いが残りますが、いろいろやってみてよかったです。

本当は、社会問題のことを語りたいし
社会派ブログを書きたいとずっと思っていたのですが
(ちきりんさんのように。)
毎日書くの大変だし、その土俵でとても戦えないなーと
で、自分はほんとうは何がしたいんだろーと思っていて

でもとりあえず、わりと毎日書けそうな「お酒」
について書いてみるかー・・・と思い、
弱いけれどお酒が好きなので、そういう
切り口で書いてみようと思ったところ
肩書きは「お酒アドバイザー」とかどうですか、とかさこ先生に言われ
あ、ハッタリだけど、別にアドバイザーって名乗ってもいっかー?!と思い
そう名乗ってしまうとブログの方向性もまとまってきて

そして思ったのが、
今これを仕事に、と思っているわけじゃないけど
そう思うものができた時のシミュレーションとして
非常に勉強になった4週間でした!!!
(アドバイザーとか言い切っていてすみませんでした。)

と言いながら、定期的にブログを更新していると
今までよりお酒のことを考えたり調べたりもするので
より好きになっていったりもする!
やっぱりお酒関係でしたいことを探す?!


この4回の講座を受けて、
かさこ先生は押し付けがましい言葉は言わないんだなあと思いました。
言うなればすべては「提案」です。
課題に対しても、できない人はできなくてもいいし
いつやってもいい、と。

でも、「このなんだか上手くいかない今を誰かに変えてもらおう」
という(昔の私みたいな)考え方だと、やっぱり何も変わらないのだ。
手を抜こうと思えばいくらでも抜けるので。

今回よかったなと思うのは
「自分が今できないことにチャレンジすべし」という思いが
少なからず自分の中にあったんだ!と知れたこと。

たとえばブログ、
いちおうこのブログはやっていたから
新たに開設するなんてめんどうだし(実際ひじょうにめんどうでした)
これですって言ってもいいわけだし

名刺はソフトを使っちゃえば簡単だーと思ったら
セキュリティソフトの関係で上手くダウンロードできず
解除のしかた参照するより自分でいちから作ったほうが早いか!
と思ってドツボにはまったり(泣きそうになりました)

肩書きとか、自分で勝手に名乗っちゃうなんて発想
自分一人だったら抵抗あるけど
そういう講座なんだーと思えば
仮の名前で勝手に作った肩書きを名乗って
それらしくブログ書いちゃうのも、抵抗がどんどんなくなり

あと、絶対すごい人がたくさんいて
独立寸前で、みんなWEBとかPCとか詳しくて
何もない私が行って辛いんじゃないかと思っていたけど
(まあ実際すごい人ばかりでしたが)
重要なのは、今自分ができていることの1つ上をやろうという気持ち
だと気づいたので
(私に関して言えば、肩書きを作り・名乗り・さも詳しいふうに
ブログなんか書いてしまったり・人前で今まで話したことないことを話したり)
たとえばプレゼンだって、もっと簡単にできたし
言うことを覚えようとしなくてもよかったし
やっぱお酒持ってくの面倒だし
チラシも無くてもいっかと思ったし

でも、やっぱりお酒ないと内容つまんないし
3分で言えることは少ないからチラシあったほうがいいなって思ったし
(直前にホテルで書いて来る途中にコピーした)
もっとできることはあったけど
限られた時間の中で、とりあえずよりマシになるよう
これだけはやっとこうっていう見切り方とかも大事だと思ったし
そしてやっぱりもっと練習しとけばよかったと思ったし
(緊張して言いたいこといっぱい忘れた!)

すごいなーって方たちを見て、すごいと思ったけれど
自分は今までできなかったことを、実際やれたという点では
とりあえず、よくやったー!と思ったので
比べる必要はないなーと普通に思えたし

自分が今まで使わなかったところをたくさん使った日々でした。
良い出会いもたくさんあってよかったです!

何かがすぐ変わるわけじゃないけど
1年後の自分は結構変わっているんじゃないかなと思う。
 

かさこさんの講座に行ってきたよ!
2015.04.02 [Thu] 02:54

本日(既に昨日ですが)4/1、ブログでおなじみのかさこさんの講座
“「好きを仕事にする」ブログ術&セルフブランディング術実践編”に行ってきました。

これを書くために、いつもは持ち歩かないパソコンを持ってきたよ。
そして恐らく東京は、入社式&入学式などで利用する人が多いのか、全然ホテルが取れなくて
会場からも帰路からも遠い蒲田に泊まっているよ。(でも蒲田いい街ですね。気に入りました。)

以前からずっと気になっていたこの講座・・・
すごい経歴の人ばっかり来るんだろうな、
都心でバリバリ働くかっこいい人ばっかり来るんだろうな、、、、
(まあ実際そうだったのですが。)
何者でもない私なんか行ったら恥ずかしいな、
ていうか山梨からなんて行けないし・・・

ってずっと思っていたんだけれど

今抱えている「私、このままじゃだめだよなー」っていう思いは
もう自分では解決できないなと思って
もう恥ずかしいとかどうでもいいやーっと思って行ってきました。


結果、まだ一回目だけれど、行ってほんとうによかったー!!!


まず、かさこさんはすげーやさしい人です!!!

これは以前映画『シロウオ』を観に行った時も思ったのですが
あれ、ブログの印象(特に何かを批判されている時とか)と
だいぶ印象が違うなー。。。とても優しくて面倒見がよくて
話しやすくて穏やかで丁寧で紳士でかっこいい人だなーと思いました。

激しい一面は演出なのかな?とも思ったり。


場所は千駄ヶ谷にある「サンクチュアリ出版」の1階
ここはガラス張りで外からよく見えます。
(ちなみに普段も、ここを通る人が気になる本があれば立ち寄れるような感じみたい。)

出席者20名は半円になる感じで並び、講座がスタートしました。

事前に貰っていた予習・復習用の動画もかなりのボリュームだし
もう大体言いたいことは分かったしなーと思っていたけれど

(当たり前ですが)
いろいろ実践していく中で、より深く内容が理解できたし
今までも向き合ってきたつもりだけれど、改めて
自分でもまだ気付かなかった自分の面を知ったりして
とてもわくわくした2時間でした。

もちろん講義の内容もよかったのだけれど
いろんな職業・立場・年齢・性別の違う人が
でも、どこかでこの講座の存在を知ってここに集まって
その共通の目的があること(だけ)で集まっている
親でもない友達でもない職場の人でもないその人達からの
ある意味贔屓のないフィードバックを貰えることは
私の昨日までの日常では有り得ない
非常に価値の高いものなんじゃないかと思って

(ただ共通にコレが好き!とかこの資格をとる!とか
分かりやすく同様な目的じゃないのもいい。)

来週も非常に楽しみなのであります。

もっといろいろ書きたかったけど、時間もあれなので取り急ぎ。
あと、会場の様子とか写真とればよかったなー。


課題もがんばろう。
 

札幌&九州
2015.03.19 [Thu] 23:40

二週間の間に、働いたり札幌行ったり
働いたり九州行ったりしてさっき帰ってきました。

あまり観光らしい観光はしてないけれど
人と会って話したのが一 番楽しかったし
それ以上楽しいことって無いよなーと、ずっと考えていた帰路でした。

写真もあまり撮ってないなー。

今年中にまた行きたいです。





 

今考えていることB
2015.03.05 [Thu] 23:23

私はちきりんさん(社会派ブロガー)という人がとても好きなのだけれど
彼女の本やブログでよく言っているのが、

「失敗」をどんどんするべき

・・・ということで、この言葉を聞いたときは
あーよかったな〜と思ったわけです。


失敗の多さには相当自信がある!笑


でも実際、こういうふうに、「失敗したほうがいいんだよ」って
言われないとなかなかできない・したくない
(まあ、失敗したいなーっていう人はいないわな)
もんなんだな、と改めて思って

私は幼い頃から、わりと成長しても
どうやら上手くいかなそうなことも、自分で試してみないと気が済まない
っていうのがあって

少しだけ経験値が上がって、あーなんでも試さなくても
だめなものはわかるよなー
幼かったなーバカだったなーと思う時期があって

でもその時期を更に通り過ぎて
やっぱり、全部試してみようって思ったことは
そしてたくさん失敗して、いろいろ失ったものがあったことも
全部よかったなって今は思う。

回り回って、
20代後半に後悔した過去の自分を
30代の今は、やっぱり悪くもなかったかなって思う。

失敗にはやっぱり価値があって
失敗の貯金を時々いろんなところで使って
まだまだ貯金あるなあ〜っと思っている。


最近読んでなかったんだけど
今このブログを読み返して思ったことは
自分が成長したな、とか思っても
過去の自分を馬鹿にしちゃいけない、というか
その時はその時の知識で、その年齢で、その環境で
その時全力で感じ考えていたことは
いまたとえばボーっと何も考えていないときよりは重要なことを考えている。

そんなにわるくないぞ。
 

今考えていることA
2015.03.02 [Mon] 23:54

10月と年末年始には再び南三陸町に行きました。
10月に行った時には、民泊という地元の制度を利用して
地元の人のふつうのおうちに泊まって、一緒に夕飯を作ったり
たくさん話を聞いたり、お酒を飲んだり、しました。
年末年始には、これまたほんとうにたくさんの人に出会って
主に地元の人だけれど、全国各地から来た人にも、4度目の人にも

思ったのは、
南三陸町にも、私の住む町にも、以前住んでいたところにも
そして日本全国たぶんどこでもそうだろう、
たぶん同じくらいの割合でいろんな人がいる
当たり前すぎること。

あと、私は海が好きで、今住んでる山の中の閉塞感が嫌いで
よくそう思っていたけれど、
たぶんどんな海も見慣れるし、山だってそう悪くない
って思うようになったのは意外だった。


大事なのは自分だ。
自分が何をしたいか、どう生きたいか
そのために、必要とあらばどこに住むのか
そして誰と過ごすのか

それを今年考え続けたら
住むべき場所と、するべきことは
自然と分かるんだろうなと思う。
 

今考えていること@
2015.03.01 [Sun] 22:24

去年の6月で時が止まっていましたが、ふたたび。
なにごともなかったかのように。


なにをしてもしていなくても、日々は、過ぎる。


去年6月以降のできごとと言えば・・・
8月から地元の吹奏楽団に入ったこと
(で、週二回の練習とたくさんのステージにより
生活にメリハリができた。)

・・・・確実に生活が一変したのだ。

週2回の練習・幾つかのステージ・課題曲
最低限の責任
・・・という軽い縛りと10年くらい忘れてた演奏
(というか合奏)の楽しさが、
今まで使っていなかった時間に置き換わると
残りの時間を大事にするようにもなるのだ。

今まで時間がありすぎたのだ。

強い意思と高い志があれば、人生における自由時間なんて
1分も無駄にできない!となるだろうけれど

ないわけじゃない意思とないわけじゃない志をもって
いろいろやりたいんだけどなーなんて言っている私は

強い(というかふつう)の人にとってはイラっとされる
ぬるい人間だとおもうが

時間の制約により、
志と意思が高まったっていいかなと思う。

・・・いいって、何がいいのか?

私は、どう生きたいのかということをここ数年考えていて
今も考えているのだけれど

ひとつの結論としては
楽しく生きたい。
日々、楽しいなあって思っていたい。
日々、できれば嫌だなあって気持ちを何も持ちたくない。

・・・・という結論に対しては、「いい」のだ。
時間の制約でしか高められない薄弱な意思とかあっても。


そして、今日々わりと楽しい。
目標とする生き方に対しては及第点ではないか。
だけど、このままそれが続かないことは知っている。

日々楽しく生き続けるために何をすればいいのかを考えている。
そのために、お金も使おうと思う。今年。
つづく
 

再び宮城へC
2014.06.24 [Tue] 23:54

2日目は8:45〜9:45にホテル観洋の方による語り部バスに乗りました。
語り部は前回と同じ伊藤さん。

前回の様子はこちらに詳しく
http://yaplog.jp/abeam/archive/354
http://yaplog.jp/abeam/archive/355

今年3月のホテルからの志津川湾


今回









3月の防災庁舎


今回





3月の高野会館(防災庁舎近く)


今回・・・土を盛った所に草が生えてます。草以外変わっていない印象。





反省・・・
前回撮った写真一覧を持参したので、同じショットをちゃんと撮ればよかった。。。

が、印象としてはまあ3ヶ月なので劇的に変わった感じなどは無く
前回は冬だったので、今は更地だったところに更に草が生い茂っていました。
前回は前日が雨で、所々深い水たまりが多く地盤沈下しているのがよくわかりました。
今回は当日が雨だったのでよく分からず。
きっと翌日以降も雨が引かない場所がたくさんあったのだと思います。

以下は今回撮った写真です。

以前線路(JR気仙沼線)だったところ


プレハブのファミリーマート


気仙沼線の代行バス専用道路


さんさん商店街付近




土地をかさ上げするための土を盛っているところ。
できているのはすべき範囲の数%の印象


震災以前はたくさん家があったところ。
他の全ての写真も。


荒島


海岸付近