犬の心情を考えたら、よい愛犬のしつけができるでしょう。

November 06 [Fri], 2015, 0:37
犬を飼うと飼う前にはわからなかった問題が続々と出てきたりします。
問題が起こるのは生き物と生活する以上、あたりまえのことですが、あまりに問題が多いと困るのでしつけをしてお互い暮らしやすくする必要があるのです。

犬が起こす問題行動はいくつかありますが、室内飼いの小型犬によく見られる行動が、ソファに乗るという行動です。

ソファに乗りたくなる理由は人間と同じで、ソファが気持ちいいからです。
犬にとってもソファは座りやすくて心地が良いので、ソファに乗りたくなるのです。

また、犬は外敵から身を守ろうとする習性を持っているので、周りを見渡せる高さのある場所を好む傾向があります。
ソファはそういう意味でも最高なロケーションなのです。

ですから犬がソファに居るのは、「気持ちがいい&管理ができる場所」だと思っている可能性が存分にあると考えましょう。
そして、犬にソファから降りてもらいたい時はただソファから降りることを促して叱るのではなく、ソファ以外のベストポジションを見つけてあげるか作ってあげるなどして対処しましょう。

犬が安心する場所を奪って、新たな居場所を与えないというのは犬にとったらストレスにもなります。
犬の心情を考えつつ、犬の行いを正して行くことが大切です。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/abczamnos/index1_0.rdf