杉村の明日菜

February 03 [Fri], 2017, 11:43
以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、最近は少しずつ改善されてきています。


便秘改善に効果があった方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。
友人がこの方法で成功したという話を聞いて、私も早速ヨーグルトをたくさん買って毎日食べてみたのです。



ヨーグルトを毎日食べているうちに、お通じが改善されてきて、ひどい便秘になることもなくなりました。



乳酸菌を必要以上に多く摂取しても特にこれといった副作用はございません。ただそうは言いますが、いくら体に良くてもヨーグルトなどでたくさん摂り過ぎてしまうと、カロリー過多になる可能性があるのです。


消化吸収できる量にも限界というものがあるので、そう考えても、常識的な量を守っておくと安全でしょう。

仮に便秘になっても、薬を飲むことで簡単に、なんとかできると思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。
特に食物繊維を多く含む食品を摂取すると効果的で、不溶性水溶性、両方の食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。
便通をよくするのに効果的なものは、乳酸菌が入っているサプリメントです。整えられた腸内環境は重要だとわかってはいても、ヨーグルトや乳酸菌飲料が好きではないという人も多数います。
連日乳酸菌を含む食品を摂取し続けるのは大変です。それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんととることが可能ですから、便秘の解消に役立ちます。オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として目を止める存在となっています。
事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の働きはアクティブになり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、腸内環境を良くしてくれます。
乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の働き向上や健康促進には非常に重要な成分だと主張することができます。
インフルエンザの予防として効果的だといわれているものに乳酸菌があります。1年程度前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したというテレビプログラムを見ました。私の子供が受験生でしたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。

乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが最もいいそうです。

もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、きわめて大変なことに陥ります。


まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも考えられるでしょう。インフルエンザが蔓延している時には、赤ちゃんを外に出さない方が正解かもしれません。アトピーにとても効く化粧水を使用してします。友人からすすめられた化粧水は、とても気にしていた私のアトピーを想像以上にきれいに治癒してくれたのです。


今まで嫌いだった鏡を見るのが、たいへん楽しみになりました。

触る度にお肌がスベスベしていることを感じています。便秘にいい食べ物を毎食摂っています。何かと言うと、それはバナナプラスヨーグルトです。
日ごと朝食べています。


食事するうちに、便秘が好転してきました。あれほど頑固で、ひどかった便秘が解放されて、便秘薬を飲むことも終えました。

現時点でポッコリしていたお腹も、へこんできていて嬉しいです。昔から、乳酸菌には色々な健康作用がありますが、とりわけ、整腸作用に良く効くといわれています。

お腹の中の善玉菌数を増やすことで腸内が活性化し体内に停滞していた便が排出されやすいのです。
その為、便秘や下痢が緩和されます。
乳酸菌を日々飲むことで腸を整える効果が強まります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mizuki
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる