dear spring 

November 23 [Thu], 2006, 19:02
イブ終わりましたああ
いやいや…前日の涙はちょうかんぼうで熱が38度6分あって
ほんとどうなるかと思いましたが、友達やバンドめんば-が心配してくれて
どうにか治りましたご迷惑をおかけしました…
ライブでは涙たち以外が全員高校生という中でしたが
みなさまが「中学生なのにすごいじゃん!」て言ってくださって
ほっとしました―
店員さんにも「キ-ボがいるバンドは珍しいからね、ずっと続けてね」と言われて
あ―涙はとっくの昔にピアノなんて飽きてやめちゃったけど
頑張ってよかったなあと思いました
友達も20人以上来てくれて…ありがたや

のイントロで泣きかけたのはきっと
これが中学最後のライブで、これからはみんな離れ離れになっていくんだなと
急に実感が押し寄せてきて、淋しかったからなんだと
今になってやっと気づくことが出来ました
春は卒業の曲だし…この曲を聞くたび、今日のことを思い出すんだろうなあ

leader:私情をはさまずいつもみんなをまとめてくれてありがと
きみがいなかったら、このバンドはますます行き当たりばったりだったよ!

vocal:技術面以前に、曲への感情移入が上手いなあと
だいすきはほんとよかったよ…気持ちが伝わった!

drum:ばんど組むまではほんとに苦手な人物だったけど
ほんとは素敵な人でした!むかつくけどきみは優しいひとだよ!

bass:もう不思議な人としか思ってません…
けど限りなくベース上手いよね!そして紳士なのだ―!

guitar:あたしはなにもしてあげられなかったのに、1番に思ってくれたよね
きみみたいに一途で優しい人はたぶんどこを探してもいません。

ンドのことばかりになってしまいましたが
「猟奇的」の最終話も書き始めております―
テストが近いので遅くなるかもしれませんが
しばしお待ちを。

moment 

November 19 [Sun], 2006, 22:54
タジオ2時間いえ―い
ドラムとギター1居なくて寂しくしょぼかったけど
バラードは綺麗だった
今日は3人に迷惑かけた…4日で完璧にしないとな
Vo.とGt2.が人生について語ってた
みんな夢あっていいな…置いてけぼりは自分だけだあ―
庭付き一戸建てに夫と二人で住むなんて、あほな夢だな…
でもみんなみたいに才能なんてないし
ギタ1本で食べていけるわけも、医者になって稼ぐわけも
あたしにとってはわけないし…
せめてなにもかもを捨てても貫き通したいなにかがあれば
それだけで生きていけるのに。
こんな洒落にならないあたしを
必要としてくれてありがとう
あたしはみんなみたいに夢も希望も立派な才能もなにひとつないけど
だけどあたしはあたしに出来る小さいこと
それだけやるよ、頑張るよ
それが今言えるあたしの、すべてだから。

my love 

November 16 [Thu], 2006, 17:09
23日に、イベントに出ることになりました
あ、バンドのです…
でも明日がテストで、23日の1週間後もテストだというのに…
冷静になってみれば、なに考えてんだ自分
しかも、1週間で1曲マスターするなんて無理に等しい
つくづく崖っぷちのバンドだなあと思いました。
でもみんな受験生だから、1月のイベントには出れないし
23日が終わったらしばらく活動停止―
ほんっとに受験は嫌です

四度目の春が来るとき。あたしはどこに居るの。それを決めるのは自分次第なのに、あたしはここから一歩も動けない。ばかで無理でも必死にならなくちゃいけないこと。一番だいじなもの。わかってるよ。わかってるのに。わかってよ。優しさに甘えてしまう。すべて魔法の煙だと思ってたのに。嘘じゃないよと言ったね。信じても良かったのかな。でも次はきっと、傷つけることを拒んで愛せなくなるよ。きみはきっと、あたしの好きにしたがるから。あたしがイエスと言えば笑うだろうし。ノーと言えば自分を責める。ねえ、何故。ボロボロになると知っていながら、きみはあたしの所にボロボロになりに来るの。
四度目の春が来るとき。きみはどこに居るの。それを決めるのはきみ次第なのに、きみは意地悪な神さまに祈ってばかりだよ。あたしのことばっかりを気にかけて。あたしなんてどうでもいいのに。きみの一番があたしであっても、あたしの一番はきみじゃ無い。そんなことには意味なんて無いのに。きみは強いね、あたしには真似出来ないよ。そんなふうに思いながら。離れ離れになった夜には泣いてくれるのかなと思うと、微笑みという型を作り上げてた。どうしても一番たいせつなのはきみじゃないけど、寂しい気持ちをかき消してくれるのはきみだよ。


whatsername 

November 11 [Sat], 2006, 15:17
イト2周年です
いやあ―なんだか早いです…すごく早いです2年って
自己満足言いながらも、色んな人に支えられてのサイトですので
本当に感謝しております
今後も、へっぽこ涙とへっぽこpianistを何卒よろしくお願いします
あ、2周年企画とか出来なくてごめんなさい…

いうか、サイト2周年だということに気づいたのは
つい先ほどのことでした
すっかり忘れてました…老化かな―
しかも、こんな日に涙は朝から塾の統一模試ですよ
最悪…しかも外は雨で
ずぶぬれになって帰ってきました…
次第に傘をさすのも面倒くさくなって、車に轢かれかけて、
えぇいこのまま死んじゃうか
とか思いながら。
やばい!今気づいたけど夜も塾だ

きみの好きな曲はあたしも好きになるんだよ。不思議だと思わない?アナーキーにはなれないのにアナーキーに憧れるなんてみっともないよね。だけどきみだって相当可笑しいんだよ。優しいくせにパンクが好きで、寂しがりやの癖になにも云わないんだから。
だけどあたしは歌詞の中の、名前は忘れたけど忘れられない女になれるかな。きみのなにひとつを支配できなくても、いつかはそう思ってくれるのかな。あたしだって相当可笑しいよ。手に入れるつもりは無いのにどこにも行かないでなんてとても。云えないのに。あたしが酷いことしたときの、きみの後姿が目に焼きついてる。あたしはどうしたいのかな。
あたしの名前は忘れてもいいから、どうかこの時間だけは忘れないでね。
あたしが死んでも、思い出だけは死なせないで。ずっと咲かせておいてね。

I surrender 

November 09 [Thu], 2006, 18:15
しぶりに、サイトの管理人らしく更新状況を
「猟奇的な彼氏」予定ではあと2,3話で完結ということになりました
それで先ほど、2,3話の中の1話を書き終えました
ネタバレしてしまうとすれば今回のテーマはラブレターです
猟奇的な彼氏より、ラブレターが届きますよ〜(笑)
ですが、書くのにはとても苦戦しました
なので、時々「修兵の口調が変」と思うことがあるかもしれませんが、
涙は男じゃないから仕方ない!ということで誤魔化してやってください
本当は…もう少し長引かせようと思ったんです、この連載…。
ですが涙は受験生なので、このまま長引かせて更新がどんどん遅くなるより、
短く終わった方がいいかなと思って…
連載を楽しみにしてくださってた方にはすごく申し訳ないですが
どうぞ最後までお付き合いのほど、よろしくお願いします

思っているだけじゃ上手くいかないってことは、あたしがよく知ってる。思いだけ強くて現実に結びつかなかったカップルを、厭と言うほど見てきたから。だけど今、あたしはそうでないと否定できるかな。嘘なんて吐いていないと、言い切れるのかな。本当は寂しさとか罪悪感とかで死にそうなんだ。耐えながら笑い続けるのにはもう疲れた。今にしてみれば、あたしのしてきたことはあの人を遠ざけてた。一生懸命悩んだのに。浅はかだよね。ごめんね。
今度逢いに行ったら、あの人は驚くかな。もう笑いかけてもくれないかもしれない。切なさで押しつぶされそうなのかも。だけどあたしはあの人の話が聞きたいよ。寂しいときは思い出して余計に淋しいから。だからどうか、記憶として残す前に。どうか六弦の音だけでいい。隣にいてよ。そしたらあたしはもう、なにも迷わないから。過去なんてもう見ないよ。あたたかくて綺麗な海に、飛び込んで。あたしは綺麗な魚になるの。

thanks a lot 

November 03 [Fri], 2006, 20:22
後の文化祭、終わりましたああ
合唱は…クラスで最優秀賞をとれなかったのですが
指揮者賞を涙の幼馴染くんがとったので、ほんとに嬉しくて涙が出ました
悔しくてみんなが泣いてて、何度ももらい泣きして
負けたのは限りなく悲しいですが、
敗者にしかわからない感情を味わえて、涙は感動でした
劇の「白雪ンデレラ」もドレス頑張って着ました
全体的に紫のグラデーションで、胸の辺りにバラがいっぱいあって、
ほんとにすさまじいんですが、何故か似合っていたようで
友達にも家族にも褒められたんで、頑張ってよかったです
バンドの方は、ほんっとに緊張して
本番前にどこかで指をザクッと切ってしまっていたのにも、
まったく気づかずにキーボード弾いてました
それにしても深い傷だ…一体いつ切れた…
演奏は…涙とギターの二人がそろって軽く失敗しましたが、
他のみんながカバーしてくれたので大丈夫でした
色々ありましたが、文化祭はほんとに楽しかった
これで終わるかと心配していたバンドも続けるみたいですし、
好きなことを続けられる涙は幸せだなあ
こんな拙い涙をバンドメンバーにしてくれたscreamingのみんなと、
涙に関わるすべての人に感謝

your guitar 

November 01 [Wed], 2006, 19:41
日から文化祭です
1日目は合唱の部、2日目はバンドand劇です
あ、バンドのオーディションは見事通りましたよ―頑張った
やっぱり最後の文化祭ですから合唱では最優秀賞とりたいです
劇の「白雪ンデレラ」も下品ながら仕上がってきました
今日はドレスを試着してみたのですが、
色がすごいんですよを混ぜた感じの色
すごい色合いの上、胸の辺りに花?がわしゃわしゃあるんですが
「あ、意外に似合うよ」って言われたので少し安心です
でもあんなの褒められてもちょっと悲しい

たぶん、君は優しすぎたんだよ。どの角度から見てもきみはなにひとつ悪くないのに、いつもあたしに謝ってばかりだった。もう少し単純で付け上がる子だったらきみを困らせなかったのに。つまらないプライドを捨ててきてくれたのに。上手く笑えないあたしを、些細なことで可愛いと褒めてくれたのに。なんてことしたんだろう。
今日も、世間うけするラブソングが耳に余るよ。LOVEの4文字を並べるだけのありふれた詩が頭から離れない。最近そういうのが嫌いでたまらない。ばかみたいで。自分のこと言われてるみたいで。苦しくて、死にそうで、悲しいのに。一番泣きたいときに吐くほど我慢した。涙を誤魔化すための微笑みは誰よりも得意だったから。自信あったのに。自信ありすぎて怖いほどだったのに。きみは気づいて、また在るようで無いような話をしてくれた。あたしは弱い。立ち続けることは出来ても、立ち上がることは出来なかった。現存するLOVEの文字は、美しくコーティングされながら穢れていて、大嫌い。だけど。Fを押さえる指にあたしは初めて「しなやか」を知った。今までもこれからも、きっと愛せるのはあのラブソングだけだよ。もしもそれが叶わなくても。きみのギターからいつも聴こえてた、あの歪(ひず)みだけが今もあたしの耳に残る唯一。大好きだった。

loop&loop 

October 26 [Thu], 2006, 20:57
まずはメルフォの返事
>>>彩香さん
こんにちは管理人の涙です!
修兵・冬獅郎・恋次・白哉の夢、
読んでくださってありがとうございます!
あんな拙い文ですが・・・
気に入って頂けたようで嬉しいです
これからも頑張りますのでよろしくお願いしますね。
それでは、感想ありがとうございました

ンド練習やってきました
文化祭に向けてのオーディションの為、
先生たちに学校で聞いてもらって…
先生が「おまえたち、先生は感動したぞ」って言ってきて
真面目に驚いた…というか調子に乗っちゃいますよ―
キーボードの音出しすぎて「うるせぇ」って怒られた
あんたらの方が爆音だよって

化祭が近づいております
今年はクラスで劇やるんですよ!
「白雪ンデレラ」って題名のです
なんかもう、色々改造してあって面白くはあるんですが…
下品なんですよ
全体的にHOMOっぽいんですよ!
ていうか、そうじゃなくても涙にはHOMOにしか見えないどうしよう
しかも涙は一番台詞の少ない義姉役なのですが
HOMO現場に遭遇してしまう場面ばかりで
でもなんか楽しいです

うすぐ「猟奇的な彼氏」を更新出来そうな予感
というか甘めの目指すとか言って、
結局シリアス路線を突っ走っていますが…
そこは文才のないものだと許してやってください

i call the flower you 

October 15 [Sun], 2006, 22:05
ンド練習二日連続でした―
昨日のバンドはあったけど、
その後、友人AとY家と共に祭に行ったことの方が印象的
初めて食べたさつまいも揚げ(?)の味がすごかった
今日は、バンドがすごい楽しかった
ボーカルMちゃんも頑張ってたし、ハモれたし
リーダーのギターの弦が、サビ一小節前でベチッ!て切れて
で、弾けないからそのまま踊ってた(爆笑)
しかもリーダー、ゲイとかいうし…ほんとかあ―
その後は6人で仲良く、プリを撮ろうという展開になって、
でも涙はそれよりトイレに行きたくて
なのにドラムが男子便所へ案内しやがって、ほんとモレカケタ―(下品)
プリは狭いし笑い転げるしギター背負ってるから邪魔だしで、
まぁとても楽しかった
日記はこれで終わり。

今、改装準備中です
やっぱり飽きたので、がらりと変えようと思って…。
ですので、「猟奇的」などの更新をお待ちの方
遅くてすみませんが、しばしのお待ちを…!(いつもこんなこと言ってる)

What do you wanna? 

October 11 [Wed], 2006, 16:54
まずはメルフォの返事
>>>10/7、19:53頃「修兵長編猟奇的な彼氏はよ続きが見たいです!」の方
こんにちは―初めまして、管理人の涙です。
「猟奇的」読んでくださってるんですね!有難うございます
めちゃくちゃよかった、とのこと…
文才に自信のない涙には、嬉しすぎるお言葉です
ずっとupしてないですよね…すみません
ちょっと行き詰ってるんですよ―。
でももうすぐupする予定ですので、もうしばらくお待ちくださいね
それでは、ご感想有難うございました

イオさんにバトンいただきました
有難うございます真面目に答えてみます(なんで-)

小説バトン

♭*小説を書いてどのくらい?
え―と、中1ぐらいかなあ?
まだ2、3年しか経ってない…(笑)

♭*処女作はどんな話だった?
あんまり覚えてないけど、その頃からシリアス混ざってた
当時はNARUTOのネジくんが好きだったから、ネジばっかり書いてた!
ていうか思えば、すでに処女作が連載だった
「pianist」がまだ「Don Quixote」だった頃、その連載も置いてたけど、
すぐに消しちゃった⌒

♭*どういった話を書くことが多い?
え、えぇーと…短編の場合はもうボツで(笑)
連載は、感動出来ないと思うけど感動もの書きたいっていつも思う
基本的にドロヌマ!!!

♭*プロットは立てる派?立てない派?
短編は思いつきで
連載の場合、一番最初に最終話をどんなのにするか考えて、
あとな成り行きで最終話に繋げていく感じ
でもプロットっていうほど大したものでもない…

♭*視点は一人称(主観的)と三人称(客観的)、どちらが多い?
ごめんなさい、恐ろしくバラバラです…
ひとつの話に一人称も三人称も登場します(だめじゃん)

♭*長編体質?短編体質?
めちゃくちゃ長編体質ですもうあほかって言うほど。
だって短くまとめるの下手だし…(笑)

♭*今まで書いた中でお気に入りを三つ
え-と…基本的にシリアスなやつ

♭*話を書くに当たって、自分なりのこだわり、ルール
無い(話にならない)

♭*書いているときはBGM有り?無し?
思わず歌ってしまうので、いつも無し!

♭*これから挑戦したい話や世界観、目標等など?
ヒロインは白哉の妻なんだけど、恋次と不倫してしまうっていう連載
本気で今書こうかと思ってるんですが…どうでしょうかね

♭*憧れる作家さんを三人
よしもとばななさん!嶽本野ばらさん!森絵都さん!

♭*次に回す素敵なノベリストを5人
誰が見てくださっているのかわかんないので…
見た人は書いてください
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:abcddd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる