bvcszhfd

September 17 [Tue], 2013, 19:06

日本では30代前半男性の2人に1人が独身、女性も3人に1人が独身といわれ、2000年の電通による調査では、婚活市場の規模は300億円だったものが、07年の経済産業省の調査では600億円へと成長、年々増加の一途をたどっている。中でも「婚活パーティ」に対する人気は根強い
年齢の壁。男性はいくつになっても、というよりむしろ年齢が上がれば年収も地位も上がるので、婚活市場では売り手市場に継続的に参加できる可能性は十分にある。一方の女性は、だいたいが20代限定、よくても32歳まで。いくら若く見られるから、といっても身分証を提示するから、年収のように年齢はごまかせない。だから33歳を超えると、参加できるパーティが急激に減ってしまう。

婚活初心者が婚活を始めるのに一番抵抗があるのが、恥ずかしい事や
お金がかかる事なんですが、やっぱり婚活は最初の一歩が抵抗があります。
婚活サービスのプチ活は、プチ婚活という始めやすさで人気があります。
そして婚活サイトの比較は、婚活比較デラックスも人気があります。
又、婚活サイト口コミ48も口コミで評判が良いです。

毎月、結婚相談所から会員の男性2〜3人ほどの情報が送られてきたり、また会報誌のなかに、自己紹介などのコ-ナ-、イベントなどの紹介などあって、初めは結構真面目に読みあさって真剣に取り組んでいました。
でも、どういうわけか、私は男性と面談すらできない。つまり、私は「会いたいです」と連絡しても、相手が“ダメだし”をするのです……。理由は全くわかりませんでした。
そして、たまに、男性からオッケーされて会ってみても、正直、的はずれな変な人ばかり。
結局、気が付くと、一年があっという間に経ってしまいました。
“なぜうまく行かないか?”一番の理由が後でわかりました。
私の写真と、プロフィ-ルが、ダメだったということなのです。
当時私が所属していた相談所には会員の写真ファイルが存在していて、“会うかどうか”“相手と面談をするかどうか”……の前に、その会員さんの写真を見る事が出来て、カウンセラーにその人となりを聞くことができるというシステムがあったのです。
私自身は、外見や先入観で人を判断したくなかったので、一回もそれをしには行きませんでした。
ところが男性っていうのは女性の写真ファイルを必ず見るものだということを知りました。そうなんです。私は写真でパスされていたようなものなんです。

婚活をするなら、まずは情報収集が大事になります。
口コミ婚活ランキングが婚活初心者にも人気です。
そして、つばい.comも分かりやすいと言われています。
又、評判が上がってきているのはツバイ結婚.comでアラサーに人気です。

最近の新聞で「20代前半女性 婚活に参入」という記事を読んだ。たとえば、地方に転勤させられた同僚を見て、もし自分もそうなった場合、都会より出会いの少ない地方で数年過ごしたら婚期が遅れる、と焦りを感じた25歳の女性会社員が結婚相談所に登録したという。彼女の希望は、「31歳以下で、自分が仕事を辞めても2人で生活できる収入のある男性」。社内の独身男性は、同年代は収入が低くて対象外だとか。彼女が入会すると、数人の友人たちも後に続いたそうだ。

又、婚活サイトは、たくさんあってどこを選んで良いか分からない場合や、
悩んでいる方は、婚活サイトランキング.bizでネット検索をオススメします。
そして、婚活ランキング.bizも20代の方が良く利用しています。

婚活男子の「中身を見てくれたのかなって思う。反面、あたりさわりのない褒め言葉かな」というコメントのように、自分をわかってもらえているようで、そうでもないような……という紛らわしいニュアンスなのが「優しい」という言葉。女性が男性に使う場合は特に注意が必要です。一番効果的なのは、相手がきつい言い方や行動をとった時に「でも、あなたは本当は優しい人だから」と言ってあげられる場合。そういうギャップがあるシーンに限っては有効でしょう。すべてはシチュエーション次第ですよね。
嘘をつかずに、心を磨いて言葉を磨いて、言葉の花束を贈り続けることが、婚活を、さらには人間関係をも円滑にするのですから。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:abb456
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/abb456/index1_0.rdf