最近は一般的に

January 13 [Sat], 2018, 15:09
引越しのチップについてだいたいどんなもんなんでしょう。引越の際には業者の運転手や作業者にチップをあげたりする昔からの習慣がありますが、最近は一般的に引越業者にチップを渡している人は一般的ではなくなっています。チップやご祝儀といったものを受け取ることを禁止している会社もあります。チップは必ずしも絶対に現金でなければならないとはかぎらないもので、缶コーヒーとかそういったものでもよいのです。ご祝儀を出すというのは強制的なものでもなく、お礼やお願いの意味をこめているので、必ず渡さなくてはいけないというものでも現金でなければいけないというものでもありません。チップを引越しの作業スタッフに渡すのはいつがいいのかそういう問題もあるのではないかと思いますが、まず最初に、作業を開始する前にというのも一つの方法としてありますし、または、引越しの休憩時間に渡すのもスムーズだと思います。または、作業が終わってから渡すという方法もよくあるのではないでしょうか。ご祝儀の金額は一般的にどのくらいが相場なのかと考えますと一人あたりですと、500円から1000円、全体で誰かに代表して渡す場合は、500円から1000円を人数分とかだいたいそんなもんではないでしょうか。コーヒーやジュースなどであればそこまでかからないでしょう。
引越しをするその当日は、基本的に引越し業者に任せておけばよいのですが、自分たちは、だまってみていればいいという訳ではありません。まずは、引越し業者に適切に指示をすることで、運搬作業もスムーズに進みます。特にば大型家具などはあらかじめ配置図を引越し業者に渡しておくと作業員の人たちはそれをもとに無駄のない作業をすることができます。あるいは、配置図まではつくっておかなかったとしても、現場で配置を指示してやることによってスムーズに作業が進みます。引越しの当日は引越しが効率よく進むように、前もって、搬出の終了、搬入の開始、終了の予定時間の確認引越し業者のトラックの駐車場所などの確認をしておけばスムーズに引越しが進むと思います。もしも特殊な物を運搬する必要があるある場合には、見積もりの際に引越し業者に聞いておいて運べないといわれた場合には別の業者に頼まなければいけませんからそちらも引越しの当日までに手配しておく必要がありますね。引越しの当日は引越し会社が全部やってくれると思っている人もいるかもしれませんが、決してそうではなく引越しの当日も色々と引越し業者に指示を出したりといったように、引越しが効率よくに終わるように私たちもスタッフを手伝う必要があるので色々とすることはたくさんあります。
引越し業者に頼まないで引越しをしようとする人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し業者を頼まずに引越しをする場合の、よいことや、反対に悪いところについてそれについて紹介したいと思います。なんといっても、引越しを自分で行うことのいいところはなんといっても、引越し屋さんを頼むお金が必要ありませんから、それだけ引越しにかかるお金が少なくてすみます。また、自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し屋さんに頼むと、初対面の引越し業者のスタッフに、どうするのかいろいろと説明したり自分の荷物を運んでもらわなければいけませんから、気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。その点、自分で引越しをする場合は、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、業者を手配するよりも気分的に楽かもしれません。引越しを自分で行うとメリットだけでなくこまったところもあります。引越し業者を使わない場合の困ったところは、結局は、なんだかんだで、引越しを自分で行ったほうが高くついたということもよくあるようです。仲間同士で引越しを手伝ってもらう場合は、それなりに食事をおごったりしますし、車もレンタカーなどで借りたりして、後から考えると引越しを業者に頼んだほうが安くついたなどということになってしまうこともよくあるようです。それ以外にも、自分達だけで引越し作業をする場合は、引越し業者のように、プロが引越しを行うわけではありませんから、素人が引越しをするので、荷物を壊してしまったり、トラブルもいろいろと発生するものです。なので、引越し業者を使わない方法は安く済む場合もありますが実際にはそうでもなかったということもありますので、そんなことも考えて、どうするか決めるとよいのではないでしょうか。
新潟 宮崎 引越し