遠田だけどスタイナー

January 27 [Fri], 2017, 15:29
私はずっと先天性のアトピー性皮膚炎を持っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、痛々しい姿でした。

いろんな治療法を片っ端からやってみても、殆ど、効果がなかったのに、別の場所に引っ越したところ、いきなり肌が綺麗になり、我慢できない痒みもなくなりました。

思いきりよく環境を変えるのも、アトピーに効果的かもしれません。

一般的な乳製品でなくても、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌について調べてみました。

いろいろ調べてみたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことになるのだそうです。

みなさんはこの事を知ってましたか?今まで30年以上生きて来て、初めて知った事実です。

昔から、乳酸菌が身体に優しいのはわりと知られた事実ですが、実は有効ではない説もあります。

この説も事実かもしれません。

なぜかというと、体質には個人差というものがあるほか、あくまでも乳酸菌は菌であり、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。

一度試して自分に合うかを確認してから考えてみてください。

乳酸菌シロタ株から連想されるのは、ヤクルトです。

その昔、白血病を患い、闘病した経験のある渡辺謙さんのCMでも有名です。

すっかり白血病を完治し、ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせている渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、効果が高そうな予感がします。

今、インフルエンザの感染がわかると学校などへの出席が5日間禁止になります。

仮にインフルエンザに感染した場合でも、発熱は2、3日で治まるので、登校しようと思ってしまうかもしれません。

たとえ平熱に戻っても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、うつしてしまう場合があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染予防には必要なことです。

ヨーグルトは便秘を解消するのに効果があるといわれますが、私が体験してみると、たくさん食べないと、効果がないような気がします。

毎日1パック位食べて、ようやく便通があるという感じです。

ヨーグルトが大好きな人はいいですが、好まない人も、ジャムを入れて味を変えるなどして可能な限り食べるようにするとよいでしょう。

私は花粉症になってしまってから、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。

二年前より花粉症となってしまって、延々とくしゃみや鼻水が止まらなくなりました。

薬を服用するのは気が乗らなかったので、この間、テレビで紹介していた乳酸菌飲料を試用してみました。

現在のところ、花粉症を抑えられています。

便秘にいい食べ物を毎食摂っています。

それはバナナにヨーグルトです。

ほんと毎朝摂っています。

食事するうちに、最近、便秘が良くなってきました。

ひどかった便秘が解放されて、便秘薬を飲水することもなくなりました。

今ではポッコリしていた腹部も、ひっこんできていて喜ばしいです。

インフルエンザを患ってしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂らなければなりません。

薬ももちろん重要ですが、栄養補給も大切です。

一刻も早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。

朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、消化が良くて栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。

1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、決まった用法がないのです。

商品パッケージには適量と回数が、指示が書いてあるところがありますから、まずはそこから始めて下さい。

その日の摂取量を一回にして摂る場合より、決まった回数に分けた方が体内への吸収ということで効果があるやり方です。

乳酸菌を体内にに入れると様々な効果があります。

例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、いい方向へと働きかけます。

疫力アップにつながり、多くの健康効果を実感することが出来ます。

他にもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。

乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いとされているのです。

ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまって病院を受診しました。

どのくらいの潜伏期間なのか判然としませんが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になって感染してしまったのかなと思っています。

高い熱が3日わたって出て辛い3日間でした。

インフルエンザは高い熱が続くので、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。

便が出なくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口が臭くなります。

どれだけ食事のたびに歯磨きをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュで口の中をきれいにしても、口の臭いは腸から胃を通って必要でないものを出そうとし、口臭の原因になるのです。

この時、便通が改善されると、口臭も何もせずとも無くなると言われています。

運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、体の不調も起こってきます。

中でも女性に多く症状が見られるのは便秘状態です。

他お手場、通勤時にエレベーターをやめて階段を使用したり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが推薦します。

更に望めば、便秘を予防する意味でも、、一週間に1、2回はウォーキングしたり、好きな運動をして体を動かすのがお勧めです。

腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのは誰でも理解できます。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃で死滅して効果が出ないのではという予想の人もいます。

実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、従って身体全体の健康にとても効果的です。

ここ最近ですが、アトピー性皮膚炎の治療法で使われる薬剤は、年ごとに高い効果を得られるようになっています。

もちろん、必ず医師の指示の下で正しく用いるということが重要です。

仮に、違う治療方法や薬を試したい時には、医師、薬剤師の意見を聞くか、セカンドオピニオンを活用するといいでしょう。

独りよがりの判断は良い結果につながりません。

アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はセラミドという成分が健康な状態の皮膚よりも減少していて、お肌のみずみずしさやバリア機能が低くくなっています。

これを補い正常に戻すには、保水保湿が大変大事です。

それ故に、お肌の表面を保護して、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を使う事が必要とされるのです。

母は深刻なアトピーです。

遺伝したみたいで、私もアトピーを発症してしまいました。

皮膚がボロボロになってしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。

お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出も厳しいのです。

別に母を責めるつもりはないのですが、私の子供に遺伝してしまったらと思うと、絶望的な気持ちになります。

このごろ、乳酸菌がアトピーをよくすることが見つかってきました。

アトピーの起因となるものは様々ですが、日々蓄積されたストレスや偏食などによって原因となることもあります。

また、アトピー患者の多数は腸内環境が整っていないため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることが完治するための方法となるわkです。

知っての通り、アトピーは大変に我慢できない症状になります。

季節を問わず一年中痒みとの根くらべになります。

汗をかく夏場は痒みが増し、冬は乾燥でかゆみが増大します。

そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、間違って食べてしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。

赤ちゃんがインフルエンザに侵されたら、最も大変なことにすすんでいきます。

まだ体力が未熟な赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、インフルエンザで命が危ないことも可能性が有るでしょう。

インフルエンザが蔓延している時には、連れて出ない方が打倒かもしれません。

乳酸菌には多数の健康作用がありますが、中でも整腸作用の効力が高いとのことです。

内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸内が活発になり体の中で蓄積した便が排泄されやすくなります。

その為、便秘や下痢が緩和されます。

乳酸菌を常に飲むことで整腸効果が高まります。

ところで、乳酸菌と聞いて思い出すのはカルピスかもしれません。

子供のころから、日々飲んでいました。

どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。

毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。

ですので、私は便秘になった事がありません。

きっと、カルピスを飲み続けていたので大変健康になりました。

ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは共通していますが、ビフィズスは、さらに、酢などという菌に強い成分も作り出す力があるのだそうです。

だから、ノロウィルス対策に有効だということなのですね。

このごろは、あちらこちらで、色々な感染症についての話を聞くので、意識しながら摂るといいかもしれません。

おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。

おならによる臭いの原因は内臓ある悪玉菌にあるとされています。

というわけで、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増加を防ぐ働きのある乳酸菌を継続して摂取することで屁の臭いを抑えることができます。

オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割として高く興味を持たれています。

オリゴ糖を添加された乳酸菌の動きが活発になり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、お腹、環境を良好にしてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖はどちらも腸の機能改善や健康増進には必須な成分です。

インフルエンザにかからないための注射に受診しました。

注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射針を注入されています。

予防注射の後は怖かったーと話していました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も伝えれませんでした。

最近、アトピーは乳酸菌の働きによってよくなるかもといわれています。

腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEと呼ばれる抗体が生まれてきます。

しかしながら、このIgEという抗体が数多く作られすぎてしまうと、体内では過剰反応を起こしてしまい、アレルギーが起こってしまうのです。

これがアトピーの原因であるとされており、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。

なぜ私が便秘になったのかというと、運動不足にあるのだと思います。

通勤も毎日車なので、歩く事もほとんどないのです。

飼い犬などもいないので、散歩に行くようなこともないのです。

そのような事情で、私は便秘になったのだと思うのです。

まず、便秘解消のためにも、ウォーキングを今日から始めることにしました。

日々摂取している乳酸菌のおかげで、私の体はとっても健康的になることができたのでした。

朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを食べるように心がけています。

ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘に悩むことなくいられます。

乳酸菌を摂ることにしてから、お肌の調子がすごく良くなって、体重も減ったのでした。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルカ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる