東京工科大学で「漫才研究」プロジェクト−サンドウィッチマン招き公開収録も /東京 / 2010年04月14日(水)
 東京工科大学メディア学部(八王子市片倉町)は現在、漫才によるコミュニケーションにスポットを当てた「漫才研究プロジェクト」を進めている。(八王子経済新聞)

 漫才をテーマにした研究は2007年4月から進めており、2人の会話が観客への情報伝達の手段になっているという点に注目して、これまでに「漫才師の視線の向きと体の向き」「漫才が立ち話で進められることの重要性」などについて分析。漫才師は、視線は相方に、体は観客へと向ける傾向があることなどを明らかにしてきた。

 「漫才が『見せる・聞かせるコミュニケーション』という構造を持っていることに注目した」と同大学片柳研究所の大庭真人さん。「対話型の教示コンテンツの作成に生かせるのでは―とプロジェクトを立ち上げることになった」。

 昨年4月からは同大学メディア学部の飯田仁教授を中心に、「笑いがもたらす情報・情動・同調に着目した漫才インタラクションの時空間的分析」と題した研究を進めており、3月19日には2007年に「M-1グランプリ」でチャンピオンに輝いた漫才コンビ・サンドウィッチマンを招いて「公開収録」も行った。

 公開収録ではホームページを使って一般から観客を募集。サンドウィッチマンの2人が同じ内容の漫才やコントを2回に分けて披露し、それぞれのデータを記録。「収録データから2人が見せる立ち居振る舞いや発する声の高さ、大きさなどに加え、掛け合いのテンポや間(ま)などを分析する」と大庭さん。観客がいるケースといないケースでの違いや、漫才とコントでどのように演じ分けているかといったことも調べるという。観客についても笑い声や拍手などを記録し、どのような態度を取っていたのかを分析していく。

 「漫才は観客や視聴者に対して情報や感情の要素をうまく伝えることで笑いを生じさせる仕組み」と大庭さん。「この仕組みは2人のキャラクターエージェントが対話しながらユーザーや視聴者に効果的に情報を伝えるというコンテンツ制作のモデルにつながる」。今後は漫才に限らず、同様の形を取るニュース番組や通販番組などについても研究していくという。

【4月13日22時37分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000048-minkei-l13
 
   
Posted at 02:15/ この記事のURL
サムスン電子、「WiMAX2」商用化計画を公開 / 2010年04月14日(水)
【ソウル13日聯合ニュース】サムスン電子が「WiMAX(ワイマックス)2」の商用化計画を公開し、第4世代(4G)移動通信市場をリードしていくとのビジョンを明らかにした。
 サムスン電子ネットワーク事業部の金雲燮(キム・ウンソプ)副社長は13日に台湾・台北市で開幕したアジア最大のワイマックス展示会「WFCA 2010」(WiMAX Forum Congress Asia)の基調演説で、年内に「ワイマックス2」の標準化を終了し、商用製品を来年発売すると述べた。
 「ワイマックス2」は現在商用サービス中のワイマックス技術の次世代バージョンで、ワイマックスに比べ約8倍速い300Mbps以上の伝送速度を実現した。
 また、同社は無線インターネット通信市場での確固たる技術リーダーシップの獲得と市場拡大の意志も明らかにした。
 金副社長は「新しい移動通信技術が広がるためにはチップセット、端末機、システム装置業者と通信事業者間の強固なエコシステムが形成されなければならない」と強調。世界で150以上の事業者がサービスを推進しており、120以上の端末機が発売されたモバイルワイマックスはすでに拡散期に突入したと述べ、市場は引き続き拡大するとの見通しを示した。


japanese@yna.co.kr 4月13日21時42分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000033-yonh-kr
 
   
Posted at 01:39/ この記事のURL
ルノーとソニーがコラボ、トゥインゴ WALKMAN 登場 / 2010年04月14日(水)
ルノーは9日、欧州向けの『トゥインゴ』に「WALKMANリミテッドエディション」を設定した。ソニー製のヘッドユニットとソニーが世界に誇る「WALKMAN」(ウォークマン)を装備し、限定2500台が販売される。

画像4枚:WALKMAN仕様のトゥインゴ

ベースグレードは、1.2リットル直列4気筒ガソリンと1.5リットル直列4気筒ディーゼルの2タイプ。「音楽ファンに向けた1台」をコンセプトに、ソニーとタイアップして、ソニー製の最新オーディオを標準装備する。

CDヘッドユニットは、『MEX-BT3800』。52W×4の出力を備え、MP3やBluetoothに対応する。さらに、WALKMANの「MP3 E」シリーズから『NWZE443B』を特別装備。最大1600曲が保存できる4GBの容量を持ち、2インチの液晶画面も採用されている。

外観は、フロントスポーツバンパー、ブラックヘッドランプベゼル、専用リアエンブレムが識別点。ボディカラーは、ホワイト、レッド、ブラックなど全5色が選択できる。

WALKMANリミテッドエディションは、フランス、ベルギー、ルクセンブルク、ポルトガルの4か国で、限定2500台を販売。フランス現地価格は、1万0850ユーロ(約137万円)からと公表されている。

《レスポンス 森脇稔》

【4月13日21時49分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000037-rps-ind
 
   
Posted at 01:02/ この記事のURL
中国、政府調達規則を修正−外国製品に門戸広げる / 2010年04月13日(火)
【北京】中国は、年間数十億ドルに上る政府調達市場への外国企業の参加を制限していると不評の規則を緩和しようとしているようだ。

 中国科学技術省は週末、新しい政府調達規則の草案を発表した。この草案では従来の草案で最も論議を呼んでいた条項が削除されていた。

 昨年発表されたが公式には実施されていない規則では、納入業者はその製品が調達リストに加えられる前に認定を受けなければならないとされていた。また、製品は「中国の知的財産と商標」を有しており、その知的財産は「海外の組織あるいは個人とは完全に無関係」なものでなければならないとされていたのだ。

 新規則はこれらの文言を削除し、政府調達リストに掲載する製品は国内法令に沿ったものであること、また申請者は当該製品の中国内での知的財産を有しているか、中国内で使える権利を有していることだけを求めている。

 外国企業はこれまで中国の知的財産と商標がない製品はリストに載せられないと解釈していた。世界の主要企業の大半を代表する北米や欧州、アジアの30以上の業界団体は、この規則は保護主義的だとする書簡を中国当局に送っていた。

 これが実施されていたら、適格とされない企業のパソコンやアプリケーションデバイス、通信機器、オフィス機器、ソフトウェア、それにエネルギー効率化製品などが、数十億ドル規模の中国政府の調達市場から閉め出されてしまっていたところだ。

 ただ、米国の通商担当者は、今回の修正は中国が国内企業助成の努力を放棄したことを意味するものではない警告する。

 シスコシステムズやデルなど多くの米テクノロジー企業を代表する団体、米国情報技術工業協議会のジョン・ニューファー副会長は「彼らが批判にこたえたことは明らかであり、評価したいが、これがわれわれのすべての懸念に対処したというわけではない」とし、「よく吟味しなければならない。文言は依然あいまいだ」と述べた。また、これまでの問題の文言の一部が除去されたとしても、政府調達に際して、国内で開発された知的財産に基づく製品を優先する独自のリストを使うのであれば、依然として「非常に問題だ」と話した。

 中国の米国大使館は、その影響の度合いを測るために規則を引き続き検討しているところだとしている。

 この修正は、中国の外国企業の間に対中投資する不満が強まっているときに発表された。米国商工会議所が3月に発表した調査結果では、ここ数カ月ネガティブな空気が急速に広まっており、政府調達規則が最も大きな問題の一つに挙げられていた。

 203社を対象にしたこの調査では、中国市場への進出や、競争において歓迎されていないと感じている企業は38%で、2008年の23%を上回り、調査を開始して以来4年間での最高を記録した。

記者: Loretta Chao

【4月13日12時25分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000308-wsj-bus_all
 
   
Posted at 23:27/ この記事のURL
フェラーリ・フェスティバル開催…最新型の日本初公開も 5月29-30日 / 2010年04月13日(火)
フェラーリジャパンは5月29日、30日の2日間、富士スピードウェイでフェラーリオーナーを対象としたイベント「フェラーリ・フェスティバル・ジャパン2010」を開催する。600台以上のフェラーリが一堂に会するほか、新型の『458イタリア』、『599GTO』が日本で初公開される。

画像5枚:イベントに登場するフェラーリ

メインコースでは、エキシビジョンレースや先導車付きのサーキット走行など、様々な走行プログラムを開催。また『エンツォフェラーリ』をベースに開発されたサーキット走行専用車『FXX』や『599XX』、F1マシンによるデモンストレーション走行も実施する。

さらに、2009年のフランクフルトモーターショーで初公開となった最新V8モデルの458イタリアと、間もなく開幕する北京モーターショーで発表される最新限定モデル599GTOが日本で初めて公開される予定だ。

同イベントはフェラーリオーナーを対象としたイベントだが、一般観覧も可能。メインスタンドから、憧れのフェラーリの走行シーンやエギゾーストを楽しむことができる。一般観覧は入場料3000円(未就学児は無料)。前売り券は4月30日より販売を開始。事前申込はフェラーリ・コンシェルジュにて受け付ける。

■フェラーリ・コンシェルジュ
TEL:0120-325-408
営業時間:10時00分 - 18時00分
土・日・祝日は休み

《レスポンス 宮崎壮人》

【4月13日15時16分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000018-rps-ent
 
   
Posted at 22:49/ この記事のURL
【華流】幸せいっぱいヴァネス・ウー、恋人と香港でショッピング / 2010年04月13日(火)
 香港メディアの報道によると、F4メンバーの呉建豪(ヴァネス・ウー)が、ペアルックの女性とショッピングを楽しむ姿をパパラッチがキャッチ。ヴァネスは女性の髪や肩にさりげなく触れ、ぴったりと寄り添って幸せそうに微笑んでいたという。

 パパラッチの姿に気づいたヴァネスは「撮影を止めてください」とお願いしたが、不機嫌な様子はなく終始穏やかな笑顔で対応したそうだ。そしてマネージャーを通してコメントを発表し、「その女性は確かに恋人です。彼女は最近交際を始めた、25歳の一般女性です」と素直に認めた。

 2006年に徐若〓(ビビアン・スー/〓は王へんに宣)と破局した、と伝えられているヴァネス。4年ぶりの恋の到来に、心をときめかせているようだ。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)

【4月12日23時22分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000098-scn-ent
 
   
Posted at 22:11/ この記事のURL
韓国GPキャンセルの可能性 / 2010年04月13日(火)
10月17日に予定されている史上初の韓国GPが、サーキット建設の遅れによりキャンセルされる可能性が出てきた。

バーニー・エクレストンがマレーシアGP終了後、急遽現地入りして現場を視察した模様で、数日中にもキャンセルされるかどうかの決定が公になる見込みだという。

すでにチケット発売も開始されていた韓国GPだが、今年は史上最多の19戦が予定されていることからも一年開催を遅らせる可能性が高いようだ。

《レスポンス 編集部》

【4月12日22時44分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000027-rps-moto
 
   
Posted at 21:32/ この記事のURL
3Dテレビで「かつてない明るさ」 シャープ、4原色「AQUOS」夏に発売 / 2010年04月13日(火)
 シャープは4月12日、世界で初めて「4原色」表示方式を採用した3D対応液晶テレビ「AQUOS」を、今年夏商戦に投入すると発表した。

 高輝度と、クロストーク(二重像)の少ない鮮明な映像が売りだ。2日に発表したタッチパネル対応3D液晶とあわせ、「3D映像時代を築く」としている。

 3Dテレビは、国内ではパナソニックやソニーが夏までに投入。シャープも夏商戦に間に合わせるべく生産準備に入っているという。具体的な商品ラインアップは改めて発表するとしている。

 ソニーやパナソニックと同じく、アクティブシャッター眼鏡方式を採用。映像が暗くなったり、クロストーク(二重像)が発生するといった同方式の問題を独自技術で克服し、3D視聴時のメガネを通した輝度を、100カンデラ/平方メートル以上に高めた。

 光の3原色であるRGBの入力信号を、Y(黄色)を加えた合計4色の画素で表示する方式を、3Dテレビとして世界で初めて採用した。また、紫外線を用いて液晶分子の並びを高精度に制御する「UV2A」(ユーブイツーエー)技術を搭載して高輝度化。シングル信号配線で240Hz駆動する新開発の技術で液晶応答性能を高めたほか、スキャニングバックライトを採用してクロストークを抑えた。

 同社の水嶋繁光 研究開発本部長は「CESで各社が展示していた3Dディスプレイの輝度を測ったところ、30カンデラ/平方メートル程度で、最も明るくても60カンデラ/平方メートル。当社の技術はかつてない明るさを実現している」と胸を張る。

 高輝度と鮮明な映像を売りに、3D戦線が本格化する夏商戦を戦っていく。年度内には欧米、中国でも発売する予定だ。「シャープは2002年、世界で初めて3D対応携帯電話を発売し、03年には3D液晶と搭載PCを発売した3Dのリーディングカンパニー。新技術で3D映像時代を築く」と松本雅史 副社長は意気込んでいる。【岡田有花】 4月12日21時14分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000035-zdn_n-sci
 
   
Posted at 20:20/ この記事のURL
「単純な許可/ブロックでは解決できない」、パロアルト / 2010年04月13日(火)
 パロアルトネットワークスは4月12日、同社のファイアウォール製品「PAシリーズ」のOSをバージョンアップした。同時に、KDDIが、法人向けネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」向けの仮想専用型ファイアウォールとして、PA-4050を採用したことも発表した。

 PAシリーズは、アプリケーションやコンテンツ、ユーザーといった情報を識別した上で処理を行い、システムを攻撃から保護するファイアウォールアプライアンスだ。

 従来より存在したステートフルインスペクション型ファイアウォール製品では、ポート番号やIPアドレスを基に制御を行うが、この場合、同じポート番号を利用する異なるアプリケーションを区別し、コントロールすることができない。「現在ではアプリケーションが多様化した結果、ネットワークが複雑化し、脆弱性が増えている。これまでのファイアウォールテクノロジではこの問題を解決できない」(米パロアルトネットワークスの社長兼CEO、レーン・ベス氏)。

 これに対しPAシリーズは、アプリケーションを識別する「App-ID」、ユーザーを識別する「User-ID」、脅威を識別する「Content-ID」という3つの情報を組み合わせて、許可すべきトラフィックとそうでないトラフィックを識別し、細かな制御を行う。またこの結果、どのアプリケーションがどのように利用されているかという情報を把握し、トラフィックの可視化も可能にする。

 「アプリケーションプロキシやIPSでも『アプリケーションに対する制御が可能』とうたう製品があるが、単純にブロックするか、許可するかだけの二者択一。PAシリーズは、同じアプリケーションでもユーザーに応じてコントロールするという具合に、アプリケーションを許可しながら、きめ細かく制限を加えることができる」(同社 PAN-ONプロダクトマネージャ、クリス・キング氏)。

 キング氏は、ソーシャルネットワークサービスをはじめとするアプリケーションの多様化と普及によって、ファイアウォールにもアプリケーションレベルのインテリジェンスが求められていると述べた。「エンタープライズアプリケーションには大きな変化が起こっており、ソーシャルネットワークやコラボレーション用のアプリケーションが、企業ネットワークでも広く利用されるようになってきた。しかし不幸なことに、脅威の側もそれを認識し、こうしたアプリケーションに攻撃を集中させている」(同氏)。

 「問題は、こうしたアプリケーションというものは、単純にブロックすることも、許可することもできない性質を持つ。うまくメリットを享受しながら、リスクを排除していかなければならない」(同氏)。

 PAシリーズのソフトウェアの最新版「PAN-OS 3.1」では、こうした課題の解決に向け、各機能を強化した。例えばApp-IDに関しては、階層的にポリシーを設定できるようにしたという。これにより、例えば「Facebookの利用自体は許可するが、Facebook Chatは禁止する」といった具合に、同一のアプリケーションに含まれる複数の機能を制御できる。

 User-IDについては、Active Directoryに加え、eDirectoryやOpenLDAPに対応。さらに日本語を含む2バイトのユーザー名やグループ名に対応した。またContent-IDでは、ユーザー自身がカスタムシグニチャを作成してフィルタリングを行えるようにしたほか、JavaScriptでエンコードされたウイルスやマルウェアのスキャニングを可能にした。さらに、PPPoEやBGPのサポート、ポリシーベースのフォワーディング対応といった機能を追加したという。PAN-OS 3.1は、保守契約に加入している既存ユーザーには無償で提供される。 4月12日21時31分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000001-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 19:45/ この記事のURL
日本HP、10万円でデジタル3波チューナー搭載の一体型デスクトップ発表 / 2010年04月13日(火)
 日本ヒューレット・パッカードは2010年4月12日、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵した一体型デスクトップ「HP All-in-One PC 200」を4月20日に発売すると発表した。フルハイビジョン解像度の21.5型ワイド液晶を備えながら、直販モデルは10万円を切る安さが特徴だ。

【詳細画像または表】

 同社の液晶ディスプレイと同じ「HPエアロスタンド」機構を採用し、マイナス5度からプラス30度まで画面の角度が調整できる。本体の厚さは約6.5cm、奥行き約22cmとスリムだ。ディスプレイは1920×1080ドット表示対応の21.5型ワイド。長時間テレビを視聴しても疲れにくい非光沢タイプを採用した。

 テレビ機能は、「Windows Media Center Edition」を使ったもので、「ダビング10」などに対応する。リモコンも付く。動作音は26.8dB(都内の第3者機関で測定)。

 直販モデルの仕様は、CPUがPentium E5400(2.70GHz)、2GBのメモリー、HDDが500GBとなる。価格は9万9800円。店頭販売モデルの方が高性能となり、CPUがCore 2 Duo E7500(2.93GHz)、4GBのメモリー、HDDが750GB。予想実売価格は11万9800円前後。光学ドライブはどちらもDVDスーパーマルチ、OSはWindows 7 Home Premiumを採用する。IEEE802.11b/g/n対応の無線LANなども内蔵する。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)

【4月13日4時23分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000003-nkbp_tren-sci
 
   
Posted at 19:12/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!