佳子さま、国際基督教大に合格! 4月から東京・三鷹市で1年生 宮内庁が発表

November 01 [Sat], 2014, 10:15
秋篠宮家の次女・佳子さま(19)が国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)に合格した。宮内庁が発表した。受験した特別入学選考(AO入試)の合格発表が24日にあり、通知されていた。佳子さまは学習院大の文学部教育学科を8月末日付で退学していたが、来年4月からはICUの「教養学部アーツ・サイエンス学科」の1年生になる。

 AO入試は一次試験(書類選考)と二次試験(面接)があり、当初約40人の募集枠に171人が志願。結果的に、佳子さまを含む71人が合格した。

 ICUは1949年に創立されたキリスト教系の名門大学。厳しい英語教育で知られ、東京三鷹市に東京ドーム13個分(約62万平方メートル)の広大な敷地を持つ。入学当初は文系・理系を分けず、「リベラル・アーツ」と呼ばれる基礎教養の教育に重点を置いている。
佳子さまと「同じクラス」になる確率は?
 新1年生は、英語のレベルによって4つのレベル、30程度のクラスに分けられる。佳子さまもここでいずれかの英語クラスに所属して基礎教養を学んだあと、2年生の終わりに学部にあたる「専修分野(メジャー)」を選択して、より専門的な教育を受けることになる。

卒業生にはあの著名人も
 ICU出身の著名人には、ソニー社長の平井一夫氏、小説家の高村薫氏、奥泉光氏、劇作家の平田オリザ氏、タレントのジョン・カビラ氏らがいる。佳子さまの姉の眞子さま(23)もICUを3月に卒業している。
 佳子さまは、多くの皇族方が学んだ学習院に幼稚園から通っていたが、女子高等科在学中に学習院以外で学びたいとの希望を持つようになり、3年時には外部の大学を受験したこともあったという。昨年4月に内部進学の選考を経て学習院大に入学したが、この希望は変わらず、退学していた。 http://jpdaikou.rigouwang.com