docomo、光セット割値下げ分をプロバイダに負担させ批判を浴びる

January 13 [Tue], 2015, 17:56
docomo、光セット割値下げ分をプロバイダに負担させ批判を浴びる

国内最大の通信事業者、NTTグループの成長戦略に誤算が生じている。原因は、グループの稼ぎ頭であるNTTドコモの変調だ。同社は今期、音声収入の減少や端末の割引費用が増大するため、期初の営業利益予想を前期比691億円減の7500億円としていた。ドコモ光

が、6月に投入した音声定額を含む新料金プランには、強烈な副作用が伴った。10月までに1000万件と想定以上のペースで加入があり、最も低額なデータ通信プランに人気が集中したため、営業利益予想は従来から1200億円もの下方修正を余儀なくされた。

近年、8000億円前後の営業利益を稼いでいたが、2015年3月期は6300億円に落ち込む。この急変に、競合他社の幹部から、「プランのシミュレーションがお粗末すぎる」と言われるほどだ。

こうした中、グループの巻き返しの一手と位置づけられるのが、5月に公表したNTT東日本・西日本による光回線の「卸売り」。ドコモはこれを活用し、他社が展開してきた携帯電話と光回線サービスのセット割引で追随する。

価格交渉で漏れる事業者の不満
一方、卸価格の取り決めは、一筋縄でいきそうにない。NTT東西は非公表だが、現場の交渉では戸建て向け月額3500円、集合住宅は2500円という条件を提示している。これに対し「価格が高すぎて広がらない」(交渉中の事業者)と不満も漏れる。

また、ドコモ光では、プロバイダ(ネット接続事業者)から不満の声が上がる。同サービスではドコモの携帯と他社のプロバイダを組み合わせられる。ドコモ光

関係者によれば、ドコモはその接続料を500円にするよう、水面下で交渉中。
しかし、多くの事業者が約1000円でサービスを提供しており、「(ドコモが示した)条件は非常に厳しい」(プロバイダ幹部)と明かす。

予定どおりドコモ光を実現したとしても、セット割引による大きなコスト負担をどう吸収するかという課題もある。
固定回線は携帯に比べて解約されにくい傾向があり、「最初の面取り合戦で負ければ数年間は負け続ける」(業界幹部)との声も上がる。KDDIやソフトバンクも積極的なキャンペーンで迎え撃つ構えで競争の激化は必至だ。

ドコモに限らず、NTT東西は、多くの事業者と卸売りサービスで連携し、回線契約数増加を実現することが喫緊の課題。巻き返しの一手で“突破力”を示せるか。年明け以降、NTTグループの正念場は続きそうだ。 ドコモ光

























ドルガバ 服
メンズ パーカー
グローバーオール
レミレリーフ
acanthus 通販
ラウンジリザード 通販
コメラリア
エンメティ
ムーレー
in cloudiness 通販
スリーブラインドマイス
ジーンズ メンズ
NANGA WHITE LABEL
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aassdd2233/index1_0.rdf