ウルズと千田

July 31 [Sun], 2016, 19:19
最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、経験を積む上でもほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。個人的な話ですが、妻も看護師としてシフトに入っていましたから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので悩みました。多くの方が看護師を続ける動機としてとても現実的な理由として年収が高いということがあります。働き始めて最初の給料を鑑みても、同世代の新入社員と比較して高めだといえるでしょう。ただ、このようにして高収入を得ているのですから、その分、研鑽に励み、患者さんに返していかなければなりません。私がなぜ看護師になりたいと思ったのかというと、中学での職業体験でのことでした。介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに衝撃を受けたからです。大人になって仕事に就くならああいう風になりたいと考えたことが端緒となり高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。いやなこともありますが、充実した日々を過ごしています。世間では、看護師は別名「白衣の天使」ということからも一般的には好意的な印象を与える仕事であると思います。とは言え、実際の看護師の働き方を見てみると、収入はそこそこあるとはいっても、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療職にかかわる人たちももっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。そういった理由で今でさえ足りていない看護師ですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。年々多くの看護師が輩出されているのに、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一つの理由といえるでしょう。食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。看護師を養成する学校というのは複数あります。看護学校、短大、大学や学部などですが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術やケアのやり方も違ってきます。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの事を学べる機会です。今後の進路を考える事もできますから、やる気も湧いてきます。看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。課長職の年収とはいえ企業によって違うように、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。または、公立と民間、地域によっても差があって、具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、750万円位だと想定されます。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。それと、患者さんの家族や関係者の人にとても喜んでもらえた時など、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、仕事からやりがいを得られない場合は、きっと辞職しようと考えるだろうと思います。仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことは極力、放射線を浴びないようにすることです。エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、細心の注意を払ってほしいところです。それから、薬についてですが妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、注意するべきでしょう。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。看護師の勉強をするための学校には大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。大学の特色は何かというと最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。対する専門学校については、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。その他、学費に関しても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。病院に初めて看護師が就職を果たした時、どこに配属されるかは大変気になりますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなこともありますが、人員配置を担当する人の考え方一つで確定されたりすることもありそうです。病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、導き出された結果としての配属であるはずです。でももし、その配置に不満がやまないのなら新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでも看護師は必要とされています。グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症患者の方であるため、気を付けて接する必要があります。特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームに就職するという選択肢もいいのではないでしょうか。病院では普通、看護師が注射や採血を行います。注射されるのが好き、なんていうタイプは少ないと思いますが、注射の必要があるのならば、出来るだけ痛くないようにお願いしたいですよね。とは言うものの、看護師の技術によっては上手な人もいれば、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。勤務や休みをある程度自由にすることができ、やりたい仕事を選べたりもする、等々が派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、今現在、仕事を探している人は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。給料は勤めている会社によって違うものですが、看護師も同様でしょう。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では給料も変わってくるでしょう。こういった事を考えても、看護師として働く人の平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。看護師に階級があるのをご存知ですか?高い階級から言うと、ほとんどの病院では総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。どういう人が出世するのかというと、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、一目置かれ、認められるような存在になることが大切なようです。もちろん、階級が上がればその分、より多くの給料を受け取れるはずです。現在、私は病院事務として働いています。普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが常にみなさん忙しく働かれています。仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。でも、私が思ったよりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている看護師さんが少なからずいらっしゃるんです。先生方も笑顔で、温かい雰囲気でした。看護士と看護師、発音は当然同じですが、この二つを漢字で書き表すと二通りで表すことができます。以前は男性のことを表すのは看護士、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。それが、2001年に法律が改正され、性別に無関係に使用できる「看護師」を使うことで一本化されました。病院で看護師として働く場合、働く時間が規則的でないことや厳しい労働環境であることなどが影響して他の仕事に移る人も結構いるということですが、実をいうと、看護師の資格を持っていると違う職種の現場においても活用できるというのもよくある話です。例として、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。そして、病棟勤務とは違って、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと待合室に患者があふれるようなことにもなって、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。社会に出たばかりの新卒看護師や、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、勤続年数や経験などは関係せずはっきりと労基法に違反しているのです。残業も完全に仕事のうちですから、当然、働いた分のお金は、対価をもらう権利があります。もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったような単純な業務とは言えませんから、実地に経験していくしかない、ということです。看護師の中には、向学心から転職を考え始める人もいるようです。様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って技術を吸収したいと希望する、ポジティブな考え方の転職ですね。病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、その技能を一番発揮できる職場配置となるはずです。そうなるとつまり、夜勤をぜひ希望したいということなら、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。転職の際には、ご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、注意すべきことがあります。その注意点とは、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望の理由の書き方です。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、技術や知識を学べるといった理由や身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。離職率が高い職業として看護師が有名ですが、転職率も高いですね。こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが多種多様に存在しています。看護師の求人に特化した転職サイトであれば、さらに効率よく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを一緒に活用することをお勧めします。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。厳しい労働環境の中で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死に至った看護師もいました。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、多くは訪問介護の仕事があったりして、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。入院施設のある病院に勤める看護師は、夜勤を避けられない職業の一つです。夜勤の時間帯については、2交代制か3交代制かでまた違っています。一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、一方の3交代勤務では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。求人に応募しようとする病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、理解しておいてください。夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。もちろん休みはとることができますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったら24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。とは言え、近年においては復職を希望する人の例が徐々に増えつつあるようです。一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、対人関係の問題や不規則な勤務形態です。やはり、女性が多い職場ともなると、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも多いのです。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもひとつの選択として、覚えておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ikka
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aasr2smholtisc/index1_0.rdf