Bennettとディディエールシカクワガタ

August 03 [Wed], 2016, 18:54
介護士というと介護施設に勤めているイメージがありますが、介護士が働く現場として実は、保育園があります。こうした保育園を職場にするとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方はぴったりの職場でしょう。介護施設とは違って、保育園での介護士の仕事は介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする大切な仕事です。勤務時間について、介護士というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実は意外と調整しやすいようになっています。
シフトの具合によっては仕方がないとしても、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、小さな子供がいる人でも大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。
子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。ついでに言うと、介護士も他業種と同じように8時間勤務です。
転職活動の場面においては、ご存じのとおり、たとえ介護士であっても履歴書の持参が必要ですが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。
その注意点とは、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望の理由の書き方です。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。



長く介護士として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは交代勤務などで休日が不規則になることです。
せっかくのお休みにもデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの事が悩みのタネになっているようです。



または、昨今の介護士不足の影響から休みを取る暇がないケースもあるでしょう。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。
介護士といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、介護士の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。
なお、介護士という職についていると、それなりに介護についても学んできて、詳しくもなりますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分の心身の健康についても状態を自覚したりできるようになります。介護士といったら、昔は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の介護士がほとんどでした。しかし今日では一般的に「介護士」という名称が使われているように男性が働くことも多くなってきました。介護士に相応しい性格や能力をみても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。女性的な優しさも大切ですが、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。

介護士になるための手段として、主に二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。


カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。
それに対して、介護士の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習が多いので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。

介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった単に私事からの転職もよくあるものの、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。



こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと肝心の転職自体、できない恐れがあります。

より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある介護施設に勤務したい、設備の揃った総合介護施設で、最先端の看護を学びたい、などなど積極性を感じられる理由を挙げたいところです。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。ですから、現時点で介護士不足の状態なのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。年々多くの介護士が輩出されているのに、それでも介護士が足りていないのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが起因しています。

一般的に、介護士として勤務する人は女の人が多いので、人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。


その他にも、勤務時間がばらばらであることや、ハードな仕事内容であることが原因で結果的に離婚してしまう方も多いようです。
たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。


どうしても、介護士という職業においては愛煙家が多くない印象がありますが、そのイメージ通りに平均的な禁煙率よりも、介護士の喫煙率は少ないそうです。介護施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、意識している介護士が少なくない様子が理解できます。よく介護士として働くことは大変ハードだと認識され、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。二交代制の介護施設勤務の一例を挙げると、途中で休憩をとることはとるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。こういった長時間勤務の実態も介護士として勤務することがハードだと思われやすい理由になっていると思います。

高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、近年においては一段と介護的な処置を必要とする人々が増えてます。


ということは、介護士に関しても現場では切実に求められているのに、介護士が足りなくて困っている、という介護施設はたいへん多いのです。
しかし、人材が不足している、ということはつまり、求人募集がとても多いということでもあり、介護士は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという良い面もあるのです。介護施設での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。



日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。そしてまた、外来勤務では夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。
外来勤務が忙しくなるかどうかは、介護施設による部分もありますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは介護施設や、診療科によっても違います。パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる介護士業ですけれど、ほとんどの介護士が介護施設で勤務します。介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、実は介護士がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、介護施設、保育園、大きな企業内などです。こういった所で介護士として働く人は実際とても多いのです。



必ずしも介護施設でなくとも仕事をすることが可能であり、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにしてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。
子供のころから介護士になるのが夢だったのですが、家の都合によって会社員としてしばらく働きました。ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。


資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという事も出来ますが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。

すると、看護助手として勤務しながら資格を取ることが出来る事を知りました。

子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。

よく言われているように、介護士というのはとてもきつい仕事です。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いもすべて介護士の仕事となっております。



急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、人手の少ない夜間に限ってナースコールに何度も応答することになったり等々、目が回るほど立ち働くことになります。

給料についてですが、介護士の場合は勤め先により違いがあり、例えば大学介護施設と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。
退職する時に出る手当である、退職金については、公的介護機関であれば、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、納得のいく額が支払われることになるでしょう。

個人介護施設はどうなっているかというと、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、結局は院長先生の考え次第となるようです。勤め先が公立介護施設の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は介護施設次第ということです。介護施設などで介護士という仕事に就いていると、当然のことですが、やめてしまいたくなることも往々にして起こります。


仕事自体で間違ってしまうことや患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。ただ、やりがいがあると実感することも多々あるのです。先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。いま日本においては、インドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人介護士候補生の受け入れを実施中です。しかしながら、日本語で出題される介護士の国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、母国へ帰国することになります。

勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、とても大変だというのが現状です。同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。


正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。


時給がどのくらいなのかというと昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが相場のようです。

パートとしては結構良いように思えますが、介護士として、人命にかかわる業務をこなし、かなりの激務をこなしていることを思うと、金額的に少々不満です。実は、介護士でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、国公立の介護機関で働くことです。本来、職業としての介護士が専門的な知識や経験が求められ、安定した仕事だという理由から希望者が多いのですが、さらに公務員の待遇が付加することでこれ以上の安定性はないですよね。
公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、魅力的ですよね。
この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、介護士というのは慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。

なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、丹念に当たってみるなら、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。
幸い、ネット上を少し見てみると専門的に介護士の求人などを支援するサイトもたくさんありますから、上手にそういうものも使って優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。



介護施設で介護士として働く場合、毎日の勤務時間がばらばらであり、キツい仕事だということも原因となり、違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、実をいうと、介護士の資格を持っているといろいろな職種において有利な方向に働くことが多いでしょう。


考えられるのは体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。
看護士と介護士、発音は当然同じですが、漢字だと、こうして二種の字で表せます。

以前は看護士というと男性のことで女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、性別に無関係に使用できる介護士の呼び名に統合されました。新卒で勤め始めた新人介護士や、別の介護機関から転職してきたばかりの介護士に多いのですが、残業したことによって支払われるべき給金が出ないという職場があるといいます。

ただ働きで残業をさせるのは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せずはっきりと労基法に違反しているのです。
行なった残業は、労働には違いありません。

なので、せっかく働いたのならその時間分、給金という形で手に入るのが当然なのです。

介護士がかぶる帽子というのは、介護士を志す学生たちが、介護施設の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。介護士にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。けれども、近頃では徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。
髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、これも世の中の傾向なのでしょうね。

どこの業界にもこういったものはあるようですが、介護士の世界で通用する業界用語のひとつにエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。
この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、働いている他の人にわかってもらう目的でどこでもよく通用します。
そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。

介護の現場においては、介護先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、その影響です。

何であれ現在に至っても普通に使用されているようです。色々とある中で、介護士という資格の一番いい点を挙げるとすれば、結局のところ、働いていない期間が長くあったとしても、再度職に就くことが可能だということでしょう。
どうしてかというと、介護士の仕事が専門職だということ、現場の人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。

「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、時と場合により50代だったとしても、復職が可能です。
当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術やケアのやり方も違ってきます。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、視野を広げて、多くの知識を身に付けることが出来ます。

将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人介護士の意欲も湧いてきます。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Himawari
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aalnpessswrseo/index1_0.rdf