中国・広州(Guangzhou)で開催中のアジア大会(Asian Games)のビーチバレーボールで、

November 18 [Thu], 2010, 13:20
中国・広州(Guangzhou)で開催中のアジア大会(Asian Games)のビーチバレーボールで、 肌もあらわなビキニ姿の応援団にワクワクメールのコツ 気が散り、「試合に集中できなかった」と イエメン代表チームの選手がこぼした。 17日の地元紙・天府早報(Tianfu Morning)にコメントが掲載されたイエメンのAdeeb Mahfoudh選手は 「僕たちが負けたことと関係があると思う」と語り、自分たちのプレーにビキニ応援団の影響があったことを 認めた。 16日に不倫について インドネシアと対戦して負けたイエメンのチームは、相手チームよりも明らかに 集中できていなかった。 同紙によると大会主催者側では、ビーチバレーの合間の時間に観客を楽しませるためとして、 水着を着た8人のチアガールからなる4組のチアリーディングチームを雇っていた。 Mahfoudh選手は「彼女たちは本当にきれいだったからね。彼女たちがいることで、ビーチバレーにも 注目する人が増えると思うよ。願わくばメル友のコツ 次の試合は、僕も彼女たちのパフォーマンスを 見ていたいくらいだよ」と述べた。 韓国の青少年人権団体『アスナロ』は16日、青少年恋愛弾圧に関する調査報告書を発表し、教育当局に青少年 の性的自己決定権を侵害する校則の廃止をうながした。複数の韓国メディアも関連内容を続々と報じ、注目を 集めている。 同報告書は、『アスナロ』団体が今年9月から10月にかけて全国主要地域354カ所の中・高等学校の校則を調査 した結果をまとめている。それによると、全体の81%を占める286カ所の学校が学生たちの異性交際やスキン シップを禁止していることが明らかとなった。 たとえば、京畿道(キョンギド)のある高校では「倫理距離」という規則があり、男女の学生が50cm以上の 距離を維持しなければならない。この規則を違反した学生は「校内奉仕」の懲戒が下されるという。 また、仁川(インチョン)のある高校は「異性交際を3度摘発されると退学」という厳しい校則を定め、違反 となった場合転校や自主退学CFDの専門 を強いられていることが分かった。さらに釜山(プサン)のある高等学校では、 身体接触の程度別モバコイClick に罰点をつけ、肩組み・腕組みは15点、抱擁は30点、キスは50点となっている。 メディアによると、同報告書の発表同日に「愛は19禁じゃない!」は、『アスナロ』団体の標語だったという。 団体の関係者は、学校校則による厳しすぎる規定は、学生たちの性的自己決定権を侵害するとし、人権に基盤 を置いた性教育が必要であると指摘した。 同調査結果に接した韓国のネットユーザーらは、「こういう奇形的な校則が問題をさらに呼ぶもの、正しい性 教育を行うべき」「このような問題は抑圧すれば逆効果が出る」などと、現実に合う正しい性教育の必要性を 訴える意見が多くみられた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aagaaswag
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aagaaswag/index1_0.rdf