ベルツノガエルだけどホワイト・テリア

February 03 [Wed], 2016, 9:11
むかし流産しています。
その時は自分を責めて苦しかったのですが、1年くらい経ってもう一度、チャレンジしてみようとそこから妊活を始めました。
サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動することを思いつきました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低かった基礎体温が上がり、冷え性を治すことが出来ました。
自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。
妊娠に大切な葉酸は日本の行政機関である厚生労働省も妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。
摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿や汗と一緒に体外に出ていくので、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。
ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。
実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。
サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。
では、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。
葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。
これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害などを発症するリスクが高まると知られています。
また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それが葉酸の摂取です。
ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体にあるばかりでなく、意外にも男性にあるというケースもあるわけです。
原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。
ですから、調理法にポイントがあります。
葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。
とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。
加熱しなければいけない場合、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。
もし面倒だな、と感じる方は葉酸のサプリメントを活用するのが簡単ですから、おススメです。
なかなか妊娠できないという人は、基礎体温計測から始めてみましょう。
平均体温と基礎体温は違います。
基礎体温を見ると女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠につなげる手がかりとなるのです。
さて、基礎体温表を作るにあたっては、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るというお約束がありますから、それに従って毎日続けるのが大切です。
もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。
不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。
居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らすことが一般的に行われているようです。
私は40歳以上の人こそ助成回数を増やしたほうが良いように思います。
実は私自身もすでにアラフォーですので、常に急かされているような気がして、ストレスも限界です。
多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。
それは寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。
妊娠初期の神経質な時期には過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので適切な摂取を心がけるようにしましょう。
一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。
そうした時に簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。
サプリメントは、葉酸の摂取量が一目瞭然ですので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には大変便利だと思います。
赤ちゃんを授かって栄養指導を受けたり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。
こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。
レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。
ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、葉酸摂取の計画を立てましょう。
妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素のひとつであると知られています。
普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事をするのも辛い時がありますよね。
そうすると食べ物からの摂取が困難な場合もあるでしょう。
そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。
葉酸は葉酸サプリ等を利用すれば不足した葉酸を確実に補給することが出来ます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuga
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aadtnrsyngadfu/index1_0.rdf