関節痛とヒアルロン酸との関係とは?

September 06 [Tue], 2016, 18:04
ヒアルロン酸(多糖類の一種で、人間や動物の体に含まれている物質です)と関節痛(原因として代表的なのが、通風や関節リウマチ、変形性関節症などです)には、どのくらいの関係があるでしょう?ヒアルロン酸(保湿、弾力の維持、摩擦の軽減などの働きがあります)って言えね、美容(見られることが一番の秘訣という説も。引きこもりがちになって、他人の目を意識しなくなると、努力することが難しくなるかもしれません)成分を連想する方はおおいかもしれません。ドロッとしたゼリー状の成分で、アミノ酸の一種でありす。ヒアルロン酸(1940年代に、競赭馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)が不足すると、肌にシワやたるみが起きてきます。保水力(あまり色々な化粧品を使いすぎると、かえって肌の保水力は低くなるものです)や張りを保つのに、欠かせない成分んですよ。今の化粧水(洗顔後に肌の乾燥を防ぐ目的でつけますね)などには、ヒアルロン酸(結合組織を構成するとても重要な成分で、多糖類の一種です)を配合してある物も多いのです。実は、関節液(不足すると関節がスムーズに動かなくなり、関節痛を感じるようになります)と言う物には、このヒアルロン酸(人体にも存在しているムコ多糖類の一種で、乳酸菌などからも生産できるそうです)が多く含まれているんですね。加齢や日常生活によって、関節の軟骨(骨と骨の間などにあって切り餅のように弾力があり、軟骨組織と軟骨膜で構成されています)はすり減っていき、関節液(滑液ともいい、タンパク質とヒアルロン酸が主な成分です)も減少していきます。そうなってしまうと、当り前ですが、ヒアルロン酸(角膜移植術などの眼の手術の際に、補助剤として使われることもあるそうです)も減少していくようです。このような状況から、関節痛(痛みが軽いうちに、その痛みの原因を検査し、適切な治療を始めることで、痛みを軽減できたり、完治できる可能性があります)は起こるではないかと思います。関節の炎症が酷い時は、ヒアルロン酸(保水力に優れている成分なので、美肌効果を期待して化粧品などに配合されていることが多いです)も減っていて、関節液(関節軟骨に栄養などを供給する役割も持っています)はさらさらした状態なでしょう。そのために、関節痛(読んで字の如く、関節に痛みを感じることです。関節が痛いのは同じでも、その原因には様々なものがあるでしょう)の治療法の一つとして、ヒアルロン酸注射(体内で吸収されてしまうので、定期的に行う必要があるでしょう)があるそうです。関節の中にヒアルロン酸(結合組織を構成するとても重要な成分で、多糖類の一種です)を直接注入して、関節痛を抑制するというものになります。たったこれのみで、かなり痛みが軽減されるらしいです。また、ヒアルロン酸には、軟骨を保護する効果もあります。このように、ヒアルロン酸(人体にも存在しているムコ多糖類の一種で、乳酸菌などからも生産できるそうです)は軟骨(ヒアルロン酸を注射することで痛みを和らげることができるそうです)を保護し、関節痛(老化現象だと諦めないで、早めに対策することで、症状の進行を抑えることができるでしょう)を抑えると言った意味で大変重要な成分なのです。普段から摂取しておきたい成分ですね。しかし、ヒアルロン酸(1940年代に、競赭馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)は日常の食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)の中では、摂取しにくい成分はずです。ドラッグストア(一般用医薬品や日曜生活雑貨などを扱うセルフサービス形式の小売店をいいます)には、?多くのヒアルロン酸(結合組織を構成するとても重要な成分で、多糖類の一種です)のサプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)が出ています。このようなサプリメントを使用してみるのも良いと思います
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:琴音
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aadenpm7aj4emm/index1_0.rdf