たったひとり 

December 21 [Mon], 2009, 2:09
人は孤独の中にいればいる程無気力になる。

全てのものはコミュニケーションのためにできている。



人間の欲求は全て関係性によるものだ。

誰かと繋がっていたい、誰かに誉められたい、誰かを支配したい、認めて、受け入れて欲しいと。


いいことをしようと思うのはたいへんである。


成功させるには全員の協力が必要だが、失敗させるには一人の力だけでいいのだ。

9人の天使がいて、1人の悪魔がいる場合キーは彼が握っている。

たった一人の悪魔が主導権を握るのである。


世の中はだから幸せになれない。


たったひとりの怪物がこっそり潜んでいるからだ。

永遠無限ループ 

May 12 [Mon], 2008, 1:11
いつもね、書きたいこと。
表現したいことは同じなの。
伝えたいこと、言いたいこと書き残したいことは一緒。

ただ言葉を変えて、表現をそのときそのときで変えて永遠無限ループしてるの。

生きたい
死にたい
何を守りたい
大切なもの
隠す
存在意義

きっとこんなことばかり。

頭の中や心の中をぐるぐる駆け巡る思いをドロップアウトさせてるだけ。


物語の真相はどこにもない。

なにを守ろうとしてるの 

May 09 [Fri], 2008, 18:52
なにを守ってるの。

分かってる、全部自分でわかってるんだから言わせないでよなんて思って。

でもわかんないっていうとわかってるっていいたくなってでもそうするとわかってないんだろって言われるから黙ってる。

けどきっとわかってほしくてどうにかしたい。


なにがわかっててなにがわからないの?


下らない言い訳ばかりして自分に嘘ついて正当化したままもやもやしてげるぐるして。


なにを守ろうとしてるの?

守るなんて嘘つき。 

May 06 [Tue], 2008, 21:51
守るなんて楽なの。
自分みなくていいから。

守られるのは負担だ。
信じなきゃいけないんだ。相手をみて自分をみなきゃいけない。


守れなくなったら棄てればいいの。
だけど棄てられたらどうしたらいいの?


聞きたいけれど聞く必要なんてないと思う。

みられるのこわいけどみられないのはつまらないんだ。


複雑にみせて本当はなにもないんだ。

なにもないを見透かされたくない。

何かあるって余裕でいたくて。

大丈夫だよと虚勢を張っていたい。


それが出来ないと自分が壊されそうで、でも壊されたいのかな。


ゆらゆらゆらゆら、揺れてばかり。

どっち着かずが一番楽だ。


あやふやで揺れているのが一番ずるいんだ。

悲鳴なんて聞こえないでしょう 

May 01 [Thu], 2008, 0:59
ここはね、知ってる人は知らないの。
知らない人は知ってるかも知れない。

あたしが誰か知らない。
誰があたしか知らない。

みんな大人だけど子どもなんだよ。
どうしようもないくらいね。

汚い部分をしったってすきでいられるの。


思うことは簡単で自由。
だけれどそれを言葉にするか、ううん、文章にするかは考えなくちゃいけないと思うんだ。


思ってることすべて伝わればいい。
簡単に伝わればいい。
もどかしさとか歯痒さなんてけとばして繋がったらいいのにな。

嘘もつけるし、思ってること言わないってのもできるけど、素直ではいたいんだ。
ただなんでもかんでもすきなこというのとは違うの。

すきじゃないなって思うことはいっぱいあるけど、そのもの自体を否定はしてない。
それはそれでいいと思うけど自分には合わないな、違うなって思うだけ。

だからそういうものに出会ったとしても一時の感情で言葉にして表現して共感を求めたり、あたしかわいそうでしょみたいに書くのはすきじゃない。


ここにある言葉はね、全部そのときそのときで投げてるの。
自分から出したらポイなの。

自分にあったものを捨てるときって少し勇気がいる。
けど自分からはなれら瞬間もう要らなくなる。
ゴミになる。

人間って不思議。
ほら、髪の毛一本落ちただけ、それはもうゴミ。
さっきまであんなに大事に梳いてたのに。


大切なものもいつかはゴミにして。
いろいろ落として。
なんでも捨てて。

最後に何が残るだろうか。
何を拾うのだろうか。

この小さな両の手つかめるものは今ここにない。

だってまだ見えない。
今が見えない。
未だみえない。

見えなくて不安定なものだからきっと欲しい。
求め合う。


完璧な何かなんていらないの。
だってそれはそこで終わりだから。

悲鳴なんてあげないよ。
声になんてしてやらない。

本当はどこかで知られたいんだと思うけど、それを認めたくないからここにこうやっているの。
気づいて欲しいと叫ぶこともせず。

ずるいね。ばかだね。
でもこれしか知らない。

甘やかされてるはずなのに、甘え方は知らないんだ。

羊はもう数えない。 

April 09 [Wed], 2008, 4:38
この憂いを消してくれるなら誰でもいい。

すがって甘えて甘やかされてだめになる。


自分すらつくれない。


壊すことでしか認められない。
壊すことで認識するの、世界を初めて。


でも壊したくないから。
傷つきたくないから。
傷つけたくないから。
傷つけられたくないから。

知らないふりして夢ばかりみていたの。


羊を数えるたびに僕の体温は下がって体液は冷え行くばかり。

あぁ殺して。
それは甘美な囁き。

だって羨望していることだから。


君のいない世界で生きるなんて死より遥かに僕を殺すことでしょう?

それなら殺めてよ。

その綺麗な両の手をかけて。

二度と消えない痕を残してよ。

君にはその感触を忘れないでいてほしい。
僕の喉が潰れるその音も。

君だけがしるでしょう。


僕は最後まで、最期まで君だけを見ていられるんだって。
なんという幸福だろう。


ただひとつごめんね。
僕だけこんな幸せになって。死の瞬間を君に決めてもらえて、その死すら君に与えられる。

僕はいつでも死を夢みていた。
死の甘い誘惑に勝てなかったんだ。


すぐ後を追ってくれるんだよね。


本当は僕も君をこの手で終わりにしてあげたかった。
けどできなかった。

そんな力すらもう持っていなかったんだ。
穢れたこの指先は。


だからきっとこの体は天国へはいけない。


そしたら君とは離ればなれかな。

でも君に罪を背負わせてしまったね。
その罰を神が与えるのだとしたらそれは地獄かもしれない。


でも君といれるなら地獄に堕ちたっていいんだ。

君がいるから僕がいる。

僕の死は君の死。


重苦しい体を捨ててやっとひとつになれるんだよね。

いつも離れる不安にかられていたけれど、もう大丈夫。


羊はもう数えない。

スケープゴートはふたりとも夢の世界へ飛び立ちました。


さよなら。
最初で最期の君への挨拶。



愛してる。



死をもって君の存在と信頼を証明するよ。

君世界。 

April 08 [Tue], 2008, 21:42
たとえそれが歪んだ愛だとしても。
それしか知らないから、怖いくらいに求めるの。


いつか壊れてしまう綺麗な恋なんていらない。


醜くておぞましいくらいの狂気にまみれた愛だとしてもきっとそれがほしい。


どうしようもなくその生まれくるその衝動をぶつけて壊してよ。

もうこれ以上傷つくことのないように縛り付けてがんじがらめにして君だけの世界にして。


君世界。

それが居場所、唯一の。



僕はすべてそのために捨てたんだから。

君は捨てないで。


たった一つ、僕を捨てないで。

馬鹿の一つ覚え 

April 08 [Tue], 2008, 19:09
本当はどうしてなんていいたくないんだ。

わがままな子供の一つ覚えみたいに。

だけどそうしないと答えは生まれてこないから。


見つけたいんだよ。
ありきたりなどうでもいい答えじゃなくて。
難しくて遠くて小さなたったひとつの君の思い。

それだけがしりたい。


だからね、ばかみたいにただどうしてって問い掛け続けるの。


この命尽きるその時まで。
ね、嘘つき。

いきたくない。 

April 08 [Tue], 2008, 17:17
知りたいな。

知りたくてしりたくてしたいな。


もっともっともっと。

求めてもがいて拒絶する。

知りたくない。
関わりたくない。
触れたくない。
ほおっておいて?


なのに寂しいと伝えたい。

排除したい、痛みも苦しみも憂いも。
でも本当はこのまま浸っていたいのかも知れない。

光を求めれば求めるほど見付けられなくて。

見渡す限り黒の世界。

ここがすき。

ここにいたい。


けど本当にここに一生いるために今ここにいるの?


死ぬのは怖い。
死にたくない。

生きるのは辛い。
生きられない。


死にたくなくて生きられないこの感情をなんと呼ぼうか。


いきたくない。

生きたくない。
逝きたくない。
行きたくない。


そう。
いきたくない、だ。

僕は僕から逃げる 

March 22 [Sat], 2008, 1:42
僕はなんの為に今生きてるの?

今は今しかないのに現実逃避?

なんで逃げる?

今から逃げる。

僕から逃げる。

僕は今、僕から逃げようとしてる。

そしたらいったい僕は誰?

なにに。

誰に。

なろうとしているの?
profile
aaanother
20
drowing,reading,writing
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像aaanother
» 僕を。 (2007年03月02日)
アイコン画像にゃん
» 僕を。 (2007年03月01日)
アイコン画像aaanother
» 左手。 (2007年02月24日)
アイコン画像まな
» 左手。 (2007年02月23日)
アイコン画像aaanother
» ごめんね。 (2006年12月18日)
アイコン画像にゃんこ
» ごめんね。 (2006年12月15日)
アイコン画像aaanother
» つたえる。つたわる。 (2006年09月22日)
アイコン画像まな
» つたえる。つたわる。 (2006年09月21日)
アイコン画像ねこ。
» つたえる。つたわる。 (2006年09月21日)
アイコン画像aaanother
» 衝動 (2006年07月22日)
Yapme!一覧
読者になる