糖尿病性網膜症は視力低下の症状がなくとも進行している場合があります

August 31 [Fri], 2012, 12:54
首筋から後頭部の深層筋肉の凝りを緩める施術を行うことにより眼科では改善不可能なドライアイや目の痛みや目の奥の痛みが改善されることから、やはり血流が悪くなるとうつ病だけではなくありとあらゆる病気に発展すると考えられます。肩凝りや首凝り、全身の筋肉のあるところはどのような場所でも凝りを形成します。凝りが形成されると筋肉が収縮して、それに伴い血管も細くなり血流が充分に必要な組織に運べなくなってしまいます。病気と凝りに関しての関連性は研究された事はありませんが、当院では殆どの病気と筋肉の硬直である凝りが関連していると思っています。目の痛みやドライアイなどはそのほんの一例にしかすぎません。全身の凝りをとり本来の柔軟性のある身体を取り戻せば、殆ど疲れることなく仕事に集中でき良く眠れるようになり、次の日に疲れを残すこともありません。目の奥の痛みや目の疲労・ドライアイで眼科に通っている方がいますが、改善はされないようです。

そのために当院のサイトをご覧いただき来店される方が数多くいらっしゃいます。目の痛みでさえ眼科で改善されないというのは本当に困ったものですが、眼科では凝りによる血流不足を改善させるという事には至っていないようです。例えばドライアイについて、涙の原料は血液です。涙腺内の毛細血管から得た血液から血球を除き、液体成分のみを取り出したものですが、その血液が不足している為に涙を作れなくなるとドライアイになってしまうと考えられます。目の痛みで来店され患者さんは首筋から後頭部を緩めると目の周辺や視神経への血流が改善され目の痛みが簡単に改善されます。また視神経への血流も改善しますので施術後には視界が明るく感じるようになる方も非常に多くいらっしゃいます。目の痛みだけではなく、痛みというのは身体からの警告だと捉えることが大切です。意味もなく痛みや症状を出すわけではありません。

痛みは放置せずに何らかの警告だと捉えて早く対処する事で慢性化せずに簡単に改善させる事が出来ます。当院に来店される患者さんの筋肉を触診するとストレスを長期に渡り放置した筋肉と短期間ストレスを感じた筋肉では全く感触が違います。長期のストレスを感じた筋肉は重く硬くゴツゴツし水分量が不足している事が解ります。一方短期間のストレスを感じた筋肉は、それほど重さも硬さもなく素直な筋肉の質をしていますので、改善に時間がかかる事はありません。例えば糖尿病は合併症を起こして白内障や網膜症を発症します。網膜に障害を引き起こす糖尿病性網膜症は後天性の失明原因の第1位となっています。糖尿病性網膜症は視力低下の症状がなくとも進行している場合がありますので、糖尿病と診断された場合は早めに眼科で検査をうける必要があります。
奇勝カプセル
威哥王 販売
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:name2
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる