子供を産むために

March 11 [Wed], 2015, 15:20
先日、お酒好きの友人達と恒例の家飲みをしたのですが、
一番のお酒大好きな友人がお酒を控えていたので、
いったいどうしたのかと思ったら、どうやら妊娠しているかも、だとか。
ずっと2人目が欲しいという話を聞いてきたので、すごく嬉しい報告でしたね。
まだ、はっきりとではないみたいですけど、
やっぱり女性って子供を産む前から子供を守りたいという思いが男性よりも数倍強いと思うのが、
子供のためなら大好きなお酒だって一日でやめれるしタバコだって簡単にやめられるところ。
元気な我が子の顔を見たいから、そのためだったらいくらでも我慢できますし、
嗜好だって簡単に変えられちゃうんですからね。

私も今は2人の子供に恵まれていますが、
結婚してしばらくはなかなか子宝に恵まれませんでした。
同じ時期に結婚した友人達が続々と出産していくのを横目に、
だんだんと冷静さを失い、焦りばかりの毎日で情緒不安定だったと思います。

病は気からといいますが、子供ができるできないも、気持ちの問題って大きい気もします。
いくら子供が欲しいと強く願い続けても、そのストレスで頭がいっぱいだった時期は、
まったくいい結果はでませんでしたからね。
赤ちゃんもイライラしてばかりのからだでは居心地が悪いですもんね、きっと。

こまえクリニックという病院に通うようになり、不妊カウンセリングで、自分の気持ちをさらけだせる場所ができたことが、
私が大きく変わったひとつのポイントでした。
同じように不妊に悩む友人達もできたことで、今までひとり悩み涙を流していた時間を、
一緒にたわいない話をしたり、この治療が辛くて・・・などという悩みをわかちあう時間に変えることができたのです。

結局、その後半年ほどで妊娠が判明。
自分自身の心と体が健康であることが、妊娠にはなによりも大切なのかな、と思いましたね。

ネスレ、缶コーヒー事業から撤退

March 06 [Fri], 2015, 15:28
自動販売機でとコンビニの缶コーヒー事業から撤退を発表したネスレ日本。
ネスレの缶コーヒーはクオリティが高くて好きだったのにという根強いファンもいるようですが、
なぜ撤退を決めることになったのでしょうか。



コンビニが広がっていくことで、自販機の缶コーヒーの役割が後退。
ネスレでは自販機のオペレーションを持っていないので、
どうしても販売数をあげることができなかったといいます。

たしかに、いまやコンビニで定価より少し安く買えるほうが自販機で買うよりもいいですからね。
わざわざ自販機を探すということも少なくなった気がします。
コンビニのできたてカフェが今やワンコイン100円で飲める時代ですからね。
100円を超える缶コーヒーの魅力がまったくなくなってしまったわけです。
コンビニのコーヒーは、コーヒー専門店よりも美味しいと言っている人が山ほどいますからね。
値段が安くてできたてで美味しいコーヒーがあれば、どうしてもそちらに流れますよね。

今後缶コーヒーの復活の可能性もあると言っていますが、果たしてどうでしょうかね。

心ない言葉

March 04 [Wed], 2015, 15:30
義母から顔をあわせるたびに子供の話をされて正直疲れきってしまいました。
私は今年で37歳。
結婚して5年目ですがいまだ子供はいません。
もう年齢のこともありますし、私自身自分の力では限界にきているのかな、とどこかで思っています。
主人とも何度も話し合いましたが、最近では無理して身を削ってまで、
不妊治療をして子供をつくらなくてもいいかな・・・そんな気持ちに傾いています。
もちろん、今まで幾度と無く治療にチャレンジしてきました。
子供が欲しい気持ちはありましたので、もしこれで妊娠できるのならと、
いったい治療に何十万の費用を使ったかわかりません。

でも、先日、義母にあってこんなことを言われました。
「私があなたくらいの時には、不妊の人なんていなかったのにねぇ。食べてるものが悪いのかしら。」と。
なんだかどっと疲れ、悲しさと悔しさで涙が出ました。
妊娠しやすい身体になるよう、食生活は十分に気を使っているつもりです。
仕事をしながらの不妊治療は本当にしんどくて、何度も心が折れそうになりましたが、
それでも少しの可能性にかけて、自分なりに心を奮い立たせて頑張ってきました。
なのに、今までの自分のすべてを否定されたような気がしました。

来週、不妊 漢方を治療に取り入れたクリニックに初めて行くのですが、
これが最後と、夫婦ふたりで決めています。
あと半年・・・。
心ない言葉にもう悲しみたくはありません。
奇跡が起きるよう、とにかく私は祈るばかりです。

不妊治療の末に

February 27 [Fri], 2015, 12:03
私の姉が4年の不妊治療の末に、このたび新しい命を授かりました。
ずっと姉の頑張りを見ていた私は、この報告を受けた時、自分のことのように嬉しく涙が出ました。
もともとは、あまり子供好きではなかった姉。
ですが、まわりの友人がどんどん出産をして、赤ちゃんを見る機会が多くなってから、
赤ちゃんってかわいいな、と純粋に思うようになり、自分も出産したいと思い始めたそうです。

姉は36歳で結婚したので、はじめは年齢のことをかなり気にしていました。
もし子供ができたとしても、リスクのある年齢にすでになっていることを心配していました。
障害のある子供ができた場合、それを受け止められるか、
ずっとそこがひっかかって、なかなか子作りを積極的にできなかったようです。
でも、ご主人がとても包容力のある人で、そんな姉の心配を和らげ、
一緒に頑張ってみようと言ってくれたことで、姉は決心したのです。

ですが、やはり年齢も関係があったのか、なかなか子供はできませんでした。
半年ほど自力で頑張ったものの、まったく妊娠の気配すらなかったので、
そこではじめてクリニックに行き、実はご主人に不妊の原因があることがわかったのです。

不妊の原因は女性にあると思われがちですけど、実は半数が男性側に原因があるそうです。
ですから決して珍しいことではないのですが、やはりご主人は相当ショックを受けていたそうです。
男性としての自分を否定されたような気がする、男性不妊の人はたいていこう思うみたいですね。
男としてのプライドもあるでしょうから、あまりにも酷な現実を突きつけられた感じでしょうか。

でも今、もうすぐ我が子を抱ける幸せでいっぱいの姉を見て、
この4年間、頑張ってきて本当によかったなと心から思います。
きっと私にはわからないつらい思いもいっぱいしたはずですけど、
これから生まれてくる子供は本当に宝物だと思います。

菊川怜急性胃腸炎で、生放送途中退席

February 19 [Thu], 2015, 15:10
菊川怜さんが、朝の情報番組「とくダネ!」を体調不良で途中退席したそうです。
冒頭では元気な笑顔を見せていたようですが、体調不良により、番組を途中退席。
原因は急性胃腸炎だったそうです。
明日には番組復帰を目ざすとのことですが、あまり無理されないように、と思いますね。



私も何度か胃腸炎になったことがありますが、
とても仕事なんてできない状態で、トイレにこもりっきりになってしまいました。
ひどい時には点滴をうつはめになりましたから、無理だけは禁物だと思います。
どんなに気をつけていても、この時期はどうしてもしかたないこともあると思います。
あの苦しみは、経験者でないとわからないと思いますが、
本当に辛くて辛くていつ終わるんだろう、と絶望感さえ感じてしまいますからね。

年末にも体調不良があったようですから、少し体が悲鳴をあげているのかもしれません。
仕事柄、難しいとは思いますが、休めるときにゆっくり休養をとってほしいと思います。
どうかお大事になさってください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aaaa0219
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる