カナダガンとはまちゃん

September 13 [Wed], 2017, 12:10
腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのは周知の事実です。ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、せっかく食べても胃で死滅して効果が発揮できないのではというふうに期待していない人もいます。

でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、身体の健康づくりに大変効果的です。
私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳になったばかりの頃でした。

かゆみがしょっちゅうあり、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。

そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、ようやくそれらの症状も落ち着きました。

ヨーグルトは便秘を解消するのに効果があるといわれますが、私が経験したのは、かなり大量にたべないと、あまり効かない感じがします。毎日1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。

ヨーグルトが大好きな人はいいですが、嫌な人もジャムを入れて味を変えるなどして可能な限り食べるようにするとよいでしょう。私自身にとって乳酸菌サプリと言えば、やっぱりビオフェルミンなのです。まだまだ子供だった頃からあったサプリメントであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、いつも私のお腹を労わり続けてくれました。

「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、やはりビオフェルミンなのです。



アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも少ない状態になっていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が少なくなっています。これを補足して健康に近づけるには、保水保湿が大変大事です。


そのために、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を塗ることが必要なのです。インフルエンザにかかってしまったら、とにかく栄養をしっかりと、摂取しないといけません。



薬も大切ですが、栄養補給も大事です。

一刻も早くインフルエンザを完治させるためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。食事がしたくなくても、消化吸収しやすく栄養満点なものをできる限り摂ってください。
最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効くといわれています。
およそ1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったという番組がありました。

うちの娘が受験を控えておりましたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。
乳酸菌が生きて腸まで届くタイプのヨーグルトが最もいいそうです。
乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では一緒ですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作る働きがあるのだそうです。
そう考えても、ノロウィルス対策に適しているとされているのですね。


近頃は、あちらこちらで、色々な感染症についての話を聞くので、摂るといいかもしれません。



便が溜まった事って一生のうちに必ず一度は誰でも体験するものだと思います。特に辛い時は一週間便秘に苦しむこともあります。便通を良くする薬もありますが、私はアレがあまり好きではないので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖を愛用しています。
穏やかに効いてくれるのがいいと思います。運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、体調不良も引き起こします。



中でも女性に多い症状としては便秘症状です。
運動不足の解消のため、通勤時に走ってみたり、、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが良い方法です。

更に望めば、便秘を予防する意味でも、、週に1、2回はウォーキングにでかけたり、好きな運動をして体を動かした方が良いです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シュリ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる