2007年06月12日(火) 2時23分
歌は続けるよ

僕の命だから



そう言えるものが欲しい。
けど、自分も章一くんと同じかもな。
今の自分が歌を歌えなくなったら、死にたくなるかもしれない。
切実に。


歌は
音楽は
決して自分を裏切らない。


自分の中にまだそう思えるものがあることに、気付いたら、

悲しいとか辛いとかじゃなく


何故だか泣けた。



歌が好きだ。
音楽が好きだ。
会話が好きだ。
人の声が好きだ。
人が楽しくて笑っている姿を見るのが好きだ。


意外に、
まだ好きなものはざっとあげただけでも
結構ある。


意外にも。
自分が思っていた以上に

無題 

2007年02月17日(土) 0時39分
正直、こんなことがおこるなんて思ってなかった。

希望はあったけれど、現実になるなんて思ってなかった。

だから本当に嬉しい。

有り難う。

色んなことに感謝するよ。

心からそう思う。


ありがとう、本当に。


何よりもまず、その言葉を。


寧ろ、それ以外を上手く言葉に出来なくてごめん。


大丈夫。
自分はいつだってここにいる。

(無題) 

2007年02月04日(日) 1時41分
何がどうなっていて
どうすればベストなのか…
それを考える。
なにより、ただ間違ってボタンを押してしまったのかもしれないし…。
そもそも、少くとも好かれてなどいないはずではないか…好いていない人間から反応されては迷惑ではないか…という考えも融合していて。



今までとは違って、簡単に思ったままを言動に移すことが必ずしも、自分にも、対する人や物事にもベストとは言えない場合だってあるのだと、本当に遅いけれど、今はそう思ったりしている。

だからこそ、ずっと大人にならなければならない。
今まで持てなかった思慮深さをもたなければならない。


自分に欠けている沢山のもの。

それを一つずつ学んで、始めて堂々と胸を張れる気がする。

柔道の 

2006年08月18日(金) 21時00分
受け身とりつつベッドから落ちろ

言われましたが…


無理だし!有段者がさらりと言うな!


素直にドテンと落ちました…(…)

ベッドで生活しなれてないからな

アイタタタ 

2006年08月18日(金) 11時44分
ベッドと床とテーブルと壁とケンカしたら酷いことに…

スローテンポでしか動けないし、
携帯いじるのもつらい…

病院行くったって何科かわからんぞ


いいや…とりあえず寝とこ

ベッドと床とテーブルと 

2006年08月17日(木) 19時06分
ケンカして、肩と左すねと左腕と首負傷と青痣…

動けるけど痛い……(汗)


お薬は適量を守るけど、眠れなかったからさ〜…つい(オイ)

ベッドと床とテーブルにはケンカ売ってはいけないな…としみじみ

フラフラしてたら 

2006年08月17日(木) 10時19分
思いきりベッドから落ちました。アタタタタ


執行猶予、1日だろうが一週間だろうが


答えは一つしかないってこと


たった5文字。





メガサメタ

 

2006年08月16日(水) 15時07分
睡眠導入剤(?)
1日2錠のところ、4錠くらいちびちび飲んだら…
ふらふらしてきました…
足元おぼつかなくて壁にぶつかりまくり?


いかん…


と思いつつ。
だって余ってんだもん。消費しないと。


携帯打つのも怪しくなってきたなこりゃ…(苦笑)


ねよ…

とうとう 

2006年05月22日(月) 1時16分
某夏那さんが(笑)某ファミリーに入ったため
自分も入れさせようと

「YOUも入っちゃいなよ!」(これで某の意味はなくなった…)

と勧誘されてます。
ちょっと迷うからやめれ(迷うんかい!)


そんな夏那から借りた、ヤジキタDeep(漫画)があんな絵なのに(オイ)
めちゃくちゃ深いストーリーで、結構考えさせられます。
リアルって凄い曖昧で不確かなものなんだな…とか。
リアルって「リアル」「現実」って言葉に色んなことが包括され過ぎて
逆にわけのわからんものになってるのかもしれないな…とか。


でも最近は、考えるわりに冷静だったり。
いい傾向…か?



何となく、めっちゃ久々に皆で芝居したくなりました。
めちゃくちゃ柄の悪い役とかやりたいな〜…(ストレス発散したいだけ?)


さて…寝ますか

いったい 

2006年05月08日(月) 23時19分
どれほどの人が
あと僅かで死にゆく人の手を取り
真に心から
「あなたを愛していますよ」
と言えるだろう。
そうして息を引き取る人は、
必ず涙を流すのだと言う。
何と尊いことか。
本当に美しい魂の持ち主の言葉だからこそ
人の心の奥で響き、心を満たすのだ。
マザー・テレサ
彼女はどうして
誰よりも美しい
質素なサリー姿
老婆の容貌
着飾るものはなく
化粧の一つもなく
けれど、あんなにも
眩しく、美しく見えるのは
彼女の魂が美しいからだ。
尊いからだ。


今の自分のようなものには絶対に言えはしない。

けれど、言えるような人間になりたい。



男でも女でも大人でも何でもなく



確固たる意識のもとに

初めて思った



私は「真の人間」になりたいのだ


私という魂を成長させ
その魂のもとに
「真の人間」である私になりたいのだ



2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ハル
» あ〜… (2005年09月12日)
アイコン画像かな
» なんだかなぁ (2005年04月30日)
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a_y
読者になる
Yapme!一覧
読者になる