2006年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a_slushy_road
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
ミクシィ / 2006年01月24日(火)
友達に誘ってもらいミクシィを去年から始めています。

中学のコミニュティに行き部活の先輩に会い、

その先輩を通じてか苦手な先輩に見られてた。

憂鬱。

消そうかしら・・・

私のなかでどこかネットの世界は非現実で、

そんな非現実な世界で知り合いに会うことが凄く嫌だったりする。

非現実が現実になるのは理解できるのになぜだろうか・・・

現実逃避したくてネットをしてるからなのかもしれない。

2月2日が私の勝負の日。

受験、頑張ろう。
 
   
Posted at 20:56/ この記事のURL
コメント(0)
隙 / 2005年12月10日(土)
隙がないと母によく言われる。

だから彼氏が出来ないんじゃない?と。

あんまり人に媚を売るのは好きではないしわざわざ弱さを見せることもしたくない。

男の人よりも女の人のほうが近くに居るから

それをも見てるのは結局女の人だけ。

私はいつも自分は可哀相な子を演じるのを見ると嫌だ。

だから自分のことを話すのも限られた相手だけだし、

仲良くても私から話すことはない。

この世の中で隙があれば危ないと感じる。

だから私はいくら着飾っても隙を見せたくない。

それは良いのか悪いのかよく分からないけれど・・・
 
   
Posted at 02:06 / Diary / この記事のURL
コメント(0)
crazy / 2005年10月29日(土)
私が私を見失ってるとき、

そんなとき、ある大好きな人のサイトを見ると自分が落ち着く。

何が自分自身の基準なのかが分かってくる。

それを忘れて人を傷つけることしか出来ないとき、

その人のサイトは安心する。

テストでか人間関係でか、自分を見失ってた。

落ち着け、勉強するとやけに落ち着く。

気持ち悪い自分。

ただ書くだけの頭に入ってない意味のない勉強。

こんな人間にはなりたくない!って思いがある。

裕福で甘やかされた環境に育った人は可哀相な人なんだと思う。

ねたみに聞こえるかもしれないけれど、

いつかぬるま湯は冷めるのだから・・
 
   
Posted at 23:22 / Diary / この記事のURL
コメント(0)
やる気 / 2005年10月03日(月)
いつもいつもやる気がない私は勉強なんてしていない。

なんで友達はそんなに勉強を頑張れるのだろう・・・

いくら良い大学行っても何も保障などないのに。

自己満足なのかな。そこに行ったという。

なんとかなるといつも思う私はいつも失敗する。

けれど、それなりに良いなぁと思うことはあるけれど、

何も出来ない私はおかしいのかもしれない。

それなりに生活できれば良いなぁとおもってしまう。

人生諦めているのかもしれない。
 
   
Posted at 00:05 / Diary / この記事のURL
コメント(0)
思い出の写真 / 2005年09月29日(木)
体育祭だった、今日。

私は女子応援団に参加した。袴をはいてやっている先輩たちに憧れていた。

男子応援団にいないと思ってた密かに好きだった彼がやっていた。

それを知ったのはつい最近。

ただそれだけなのに凄く嬉しかった。

ずっとずっと好きなくせに何も出来ない自分が嫌で、

それでも彼女がいるわけだから、

いや、彼女が男のメルアドを消したというのを聞いたから、

写真・・・いけないかな・・・という思いもあった。

なによりも自分に自信がないし、最近は話したこともない。

だから・・・駄目だと思ってた。

けど、その彼の元彼女でクラスメイトで女子応援団を一緒にやってる

女の子Sに「撮って貰おう?」と言えた私は少し進歩。

そして2ショット(死語?)で撮ってもらえた。

凄く嬉しくて、Sに感謝。

なんかそれに少し自分が開けた感じがする。

勇気が要ることだけど、素直に嬉しかった。

彼女ときっと今も続いてて、今思うと悪かったかなって思う。

けど幸せだった。ありがとう。

まだ好きなのは変わらないけど、気持ちに踏ん切りついたかも。

告白とか気持ちを伝えるわけじゃないけど、

一区切りついたかな、頑張れる。

沢山撮ったこの思い出の写真を早く見たいな。

ほんとみんなありがとう。
 
   
Posted at 22:22 / Diary / この記事のURL
コメント(0)
ケアレスミス / 2005年09月24日(土)

金曜日は学校で模試をした。

一番最後に受けた数学の模試で突然焦りを感じて

出来るものができなくなった。

数学のテストに私はそれをよくやる。

時間ばかり気にして、焦りばかりが次々と生まれる。

冷静に、かつ速く、問題を解く練習をしなくてはいけない。

あまり数学の教師が好きではないだから今まであまり質問に行かなかった。

行くべきなのか・・・否か。

私のことをあまりよく思ってないことが分かるから。

けれど入試でこの焦りを無くしたい。

どうしたらいいのだろうか・・・?
 
   
Posted at 23:53 / Diary / この記事のURL
コメント(0)
心穏か / 2005年09月18日(日)
 
消し去りたい過去を認められた今日。

未練で見ていた過去のものを、後悔で見れなくなった。

そしてその未練も後悔も認めれた。

写真を見ても楽しかったなと思える。

別に愛おしいとも思わなく、ただただバカだったなって思う。

恥ずかしい私を受け入れてくれた、そして今私自身受け入れられた。

進歩したんだ。

いつ何時も月日は流れる、日進月歩。

また同じ思いをする日がいつか来るだろう。

そしてまた自分自身を認めて過ごしていく。

認められた自分を少し褒めてあげたい。

偉いよ、私。頑張りな、私。
 
   
Posted at 00:21 / Diary / この記事のURL
コメント(0)
作家 / 2005年09月09日(金)

石田衣良、私の大好きな作家の一人で中でも一番好き。

池袋ウエストゲートパークで初めて石田衣良を知った。

もうドラマ化も終わっていて学校の図書館で手に取った本だった。

いつも思うけれど表紙や背表紙で選ぶ私はジャケ買いと同じで、

本と出合うのも偶然なんだろうなと思う。

その素敵な偶然で知った作者にものすごく惹かれてはまった。

恋愛小説を書かせてもいい、裏の黒い世界を書かせてもいい、

凄く適切な言葉で私の頭にその情景が浮かぶ。

そんな石田衣良が審査員のYAHOOの文学賞を今募集している。

ずっと書きたいななんて思って1年が経った。

けれど文才のない私自信が嫌になる。

所詮私は読者でしか居られないのかもしれない。

本を読むのは昔から好きで、ただ読むとその世界に入ってしまう、

だから読まないようにしてるけど凄く読みたい。

私がジャケ借りしてあとからじんわり良い小説だったって感じたのは

麻生哲郎の「ヴィーナスブレンド」という本。

映画のホテルヴィーナスの小説。

ホテルヴィーナスは見てないけど、本はここがいいとかそういうのじゃなくて

あ、良い小説だったって読み終わったとき思えた。

暗い感じの本(ex東野圭吾とか)好きで読むけど、読み終わった後、

凄く気分が落ちる。

けどこの本はじんわり良かったって思えた。似てるなら本多孝好かな。

良い本求めてます。


 
   
Posted at 01:31 / Myself / この記事のURL
コメント(0)
姉妹 / 2005年08月21日(日)
 
私には4つ離れている妹が居る。

私は妹が嫌い。

しなくてはいけないことを人任せにするところが嫌い。

自分で出来るくせにしないなんて最低だと思う。

何を考えているのか知らないけれど、痛い目見ればいいと心底思う。

そう思っている私は最低かもしれないけれど別にいい。

誰かと一緒に居なきゃ何かを出来ないところも嫌い。

一人で居ることを酷く嫌い、自分の意見をあまり言わない。

それが妹なりの生きていくすべなのかもしれないけれど、

酷く親父に似ている。

私の母も同じ事を言う。

親父と一緒に居るのは退屈で、苦痛だ。

似ている妹も、私を嫌な気分にさせる。

大人になれば仲良くなるよという周りにうんざりする。

なるのかならないのか分からないけれど、

今の私は仲良くなるなんて分からない。

妹でも距離が居ると思った。
 
   
Posted at 00:28 / Essay / この記事のURL
コメント(0)
Summer Vacation / 2005年08月16日(火)
補習もお盆休みです。

けどもう終わり。

綺麗な月が出ている最近。

月は見えても星は見えない。

早くCD届かないかな・・・夏休み、暑くて外出したくありません。

聞きたいよ、夏気分で癒されたい。

今週末には模試がある、良い成績出さないと、受験許可も出してもらえない。

映画見たいなと思うけど外出するのに勇気がいります。
 
   
Posted at 00:31 / essay / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.