表の世界A 

December 21 [Tue], 2004, 2:40
好きなときに寝て、好きなときに起きる。好きなときに好きなものを食べ、
好きなものを好きなときに買い、好きなときに散歩に行く。

たぶん、すごく幸せなんだと思う。
世間から叱られるかもしれないけれど、それでも窮屈に感じる。本当の私を見せられない、たくさんの人との付き合い。主婦らしくすべきだと考えてしまうこと。嫌だったら離婚すれば言いというのが、いかにあさはかだったか。
不覚にも、単なる金づるだったパパとママを大好きになってしまった。
そういう愛情の示し方もあるし、それしかできなかったんだと感謝もしている。
その両親を巻き込んで、心配をかけて、離婚してわが道を行くのには戸惑いがある。
離婚する理由も特にないのだけれど。
ただのお付き合いなら、とっくの昔に別れているだろうな。
紙切れ1枚にこんな力があったとは・・・。
こうやって、嫌なことがあっても、なんとか折り合いをつけて暮らしていくのが夫婦なのかな。
それにどんな意味があるのだろう。

社会に属していない私にとって、彼は表の華やかな世界に時々連れ出してくれる人です。
で、社会というものをちょっと外側から眺めて、私は社会には馴染めないわと再確認します。
たまに見るだけなら、楽しいですが、属するのは私には非常に難しいです。

表の世界@ 

December 21 [Tue], 2004, 2:31
私は働いていないし、働いたこともない。それでも暮らしていける環境にずっといる。

私のやるべきことは、いつもきれいにしていること。彼の仕事柄急遽パーティーに参加ということが多い。ネイルサロン、美容室…国内でも海外でも、そのお供が私の仕事。

結婚して3年経つけれど、当初は誰もが驚いた。物質的に非常に恵まれていた私は、両親は金づる以外の何者でもなかったし、そんなふうに思っていたから、勝手に海外に行って何ヶ月か帰ってこないこともよくあった。
「こんなにしてあげているのに、何が不満なの!」とよく言われたが、私にとっては、
望むように小さい頃から習い事をして大学を出て、私に何を望むんだと逆に思っていた。
心配をかけるようなことばかりした。いつも親に見張られていた。今思えば、心配してくれていただけだったのだけど。

結婚=束縛と結婚なんて恐ろしいと思っていたが、「最低限望むことをしてくれたらそれでいい」と言われたので結婚してみた。嫌になったら離婚するつもりで。その望むことというのが、彼のお供。それ以外は、私が楽しく暮らしていればいいらしい。
家の中が汚いと嫌だから掃除だけはするけれど、料理はしない。
朝6時まで遊んでいようと、勝手に海外旅行へ行こうと、2ヶ月留守にしようと怒られたりはしない。彼は忙しい人なので、国内外飛び回っていて、どこに出張しているのか私は把握していない。たまに帰ってきても一緒に外食したりする。
結婚指輪は結婚式のあとに共に速攻ではずした。それ以降、見ていない。
2人とも結婚式なんてしたくなかった。周りがうるさいのでしただけ。
変わった夫婦なのかな。こういうのは夫婦っていないのかな。

はじめまして 

December 20 [Mon], 2004, 12:04
mimiです。
何となく、ブログを始めてみます。
「熱しやすく冷めやすい」典型的な性格なので、続くかなぁ(笑)

そんな私も、13歳から21歳までは、ほぼ欠かさずに日記をつけた。
年に1度読み返すかどうかもわからない程度のものだけれど、
忘れたくない、残しておきたいことがそんなにあったのだと思う。

彼にこう言われて、こう言った。
テストの結果。
進学の悩み。
時に、友人の悩みまで記してある。

と同時に、文字にしないと、
自分の気持ちを整理できないというところも私にはあるように思う。
文字にすることで、案外すっきりしたりする。
無論、今の私は、日記などつけてはいない。
悲しいけれど、大人になって色々なことに慣れすぎたのだと思う。
ただ、嫌なことがある時ほど、本を読む。
それも難しい本なんかではなくて、サラッと読めるもの。
寝る時間や食べる時間を惜しんで。
活字に現実逃避しているのかなぁ。

生きているというよりも、生かされていると日々感じる私です。
恋人と一緒にいて、最愛の人の命のともし火が消えかけて
時が止まって欲しい人も、
つまらない会議に出席中で早く時間が過ぎて欲しい人にも、
平等に過ぎていく時間。
平等に過ぎていくからこそ、とても冷酷。
どんなお金持ちも、偉い人も、そうではない人も、
生まれた瞬間から、死に向かっているのに、
向かうところは皆一緒なのに。

はじめから、おも〜い感じになってしまいましたが、
自殺願望はありません。
「死ぬ意味もないけど、生きている意味もない」といって
自ら亡くなった高校生がいましたが、少しその気持ちがわかるなぁと思う。
いつか、自分の生きる意味を見つけられたら、
その時は想像もつかない気持ちになりそう。
見つけたい。
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
自分に素直に正直に、 胸を張って生きたい。でも、そう生き方って正しくないのかもしれない。
■管理人:mimi■
■生きることは悩むこと。そんな毎日をただ綴る、独り言のようなものです。何でもありのブログですので、何でも書いてくださいね■
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a_paris
読者になる
Yapme!一覧
読者になる