可愛いギター。 

2017年05月26日(金) 18時45分
ギターにもいろいろなカタチのものがあるが、
わたしが個人的に「イチバン可愛い」と感じるのが
コレである。



なにぶんにもカタログの写真なのでディテールが
イマイチわかりづらいうえに、カッコよさげに掲載
してあるので、可愛さが伝わらないかもしれません
が・・。

このギターは、Grecoという日本のメーカーの整品で、
型番は「RL」というようです。
ギターには型番とは別に愛称のようなものがついて
いることも多いのですが、コレにはない様子。
確か1990年代くらい(曖昧&大雑把 w)の整品で、
「他メーカー製品を意匠までもコピーするのはもう
やめましょう」という時代の産物だったはず。

まぁ、エレキギターというのは板切れにマイクが
付いていればアンプに繋いで音は出せるわけで、
理論上は「どんなカタチにでもできる」とか。
しかし、それと「楽器としてよい響きが得られるか」
はまた別の話しなようで、「見た目」と「響き」の
よい妥協点を探すのが、エレキギターをデザイン
する際の要諦といえましょう。

このRLはおそらく、
Gibson社の「Les Paulモデル」という大定番のギター
を出発点に、独自にアレンジしたデザインでしょう
多分。
その結果、丸っこくて可愛くなった、と・・。
丸いギターは他にいくらでもあるけど、どれも可愛く
はないのだ。
このギターを抱えればゴツいオッサンが可愛くなる
はずもないし、可愛いひとならどんなギターを持って
も可愛く見えるはずである。従ってもちろん、ギター
のデザインが可愛い必要もないw。

わたしは中古楽器の売買webサイトを見るのが趣味
だが、このギターは滅多に見かけない。それは
つまり、「あまりたくさん巷に出回らなかった。
(ミもフタもない言い方をすると、あまり売れな
かった。)」ということでしょう。
実のところわたしも、このギターを使用している
ギタリスト(あるいはギターを持って歌うひと)を、
見た覚えがない。
それでも以前から、このギターの写真等を見かける
都度、「あ、可愛いギターだ・・」と、わたしは
心の中で呟いていたのであるw。

さて、
前述のとおり、コレ以外のギターは全てが可愛くない
のだが、そんな中ひときわ可愛くない1つが、コレ!



B.C.Rich社の「Warlock」というモデルだが、
見た目のみならず名前までも、まぁ〜イカツイこと
イカツイことw!!
確信も確認もしてないけどw、Slipknotのひとが
一時期使ってた気がする・・。
あと、コレの仲間で(?)ボディがV字型のヤツを
Slayerのひとが使ってたよね!
もぅ、
最初からイカツイ音用やないか〜〜〜い!!

(笑)


※Translate button is located on the right sidebar.
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鯨本網綱
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる