初日記。 

August 12 [Sun], 2007, 21:24
会社とは、社長で決まる。
と言っても過言ではないだろう。。。

入社した年、冬のボーナスが出なかった。
それはしょうがないとしても、年末年始の休み明けに
社長がヴィトンのカバンを持って出社した。
正直、腹が立った。

社員には、ボーナスも出せないのに、
自分はブランドショッピングですか。と。


あれから、7年。
いい会社になったと思う。
社長が社員のことを第一に考えるようになった。
残業代も出せるようになった。
やらされるのではなく、進んでやる社員に成長した。
皆、キツイスケジュールも快く承諾してくれるようになった。

社長が社員なしでは会社が成り立たないと思ったから。
きっかけは色々あったと思うけど、結果、とてもいい流れ。
役員の自己満足ではないように、注意しながら、
これからも良い会社になりたい。
早く会社に行きたい。仕事がしたい。と思える会社。

理想で終わらせたくない。
月曜の朝に仕掛けが必要だろうか。


一方、ダンナさんの会社は、昔のうちの会社のよう。
社長が、完全に会社を私物化しているように思う。
世の中とはうまくできているなー。と思ったのは、税金のこと。
調査が入る際に、社長は通帳もすべて見せなければならいそう。
家賃がどこから支払われているのか、社長個人の買い物が
会社の費用として落とされていないか。など、
会社を私物化していないかのチェックが入る。

お盆休みもなく働くスタッフのことを考えているのだろうか。
自分たちはキャンプですか。

そこの線引きが今後、会社の存続に影響が出るように思う。
経営者はこうあるもの!なんてマニュアルはないけれど、
私は「会社は社員のもの」と言い切る社長の下で働きたいと
切に思う。
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a_honma2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる