パンデミック特集 

January 14 [Mon], 2008, 0:00
某放送局でかかってたやつ、みましたぁ?


私はみました。

はからずも、海外留学を野望として抱いている私は、見入ってしまいました。


一昨年にはなるんですが、インドネシアでH5N1型が鳥から人に伝染し広がったことがありました。

ちょうどゴールデンウィーク中です。必死で課題をこなそうとしていたときですね…。

同じ世界の空のしたで、人から人へ感染する力をもった強毒性ウィルスが発生する目前だったんです。

ときはかわって昨年秋になります。結核が大学で二人みつかった。それは集団感染か?という問いを、保健所実習の感染症課会議でだされました。


答えは、いぇす。

それが、インドネシアのある村の一角の家とその近辺で
計七人もの犠牲者をだしたんですよね。それも数週間の間に。明らかな集団感染です。新型にならなくて本当によかった、と胸を撫で下ろしました。

アメリカではすでに予想されるH5N1型の新型、人から人へ感染するウィルスのパンデミックを予期し、大規模な対策が講じられつつある模様。医療従事者は、みな、専門、専門外関係なく協力体制を整えている模様。

日本は、「自分が感染者になる可能性がある。」
「専門外」
などの理由から協力体制の整備は、自治体に任されているものの難航している。


今、このときにも、もしかすると、H5N1型に感染した人が亡くなっていっているかもしれない。

また、H5N1型ウィルスが変性し、人から人へ感染するウィルスになっているかもしれない。


日本は予期されるパンデミックにたいしてどう対応していくのか。また、これからの医療従事者に求められる意識とは…。

今回の特集で…世界を震撼させるパンデミックの恐ろしさ、それから想定されるさまざまな被害を、まのあたりにするような感覚に襲われた。


恐ろしかった。

カニクリームコロッケ 

January 12 [Sat], 2008, 0:14
カニクリームコロッケ

その甘い響きにずいぶん昔から、胸をときめかせていた。

ああ、家のおかずにカニクリームコロッケがでたら…

ある日、母に
「どうかカニクリームコロッケを作って!」

母は
「自分で作りなさい。私はそんなこったもの作れないからね。」

その時の私の心の中には、南極の風が吹き抜けていた。「作れるかーっ!」

そして、なんて口をきくの!と一発叩かれて…
さらに、私の心のなかへ土星の輪から氷の粒が降り注いだ(そう考えたほうが、まだ癒される)

うわぁーん


そう思っていた幼少時代。

少女時代…私はカニクリームコロッケをうどん屋で懇願し食すだけに喜びを覚えていた。

そうして今。
母は和食担当。私は中華・洋食担当となり、さまざまな料理に挑戦している。


栗原さんちの「ごちそうさまがききたくて」で紹介されているカニクリームコロッケを参考に、食卓に並ぶことを願ったコロッケが、千切りキャベツとともに、真っ白い皿に並べられる。

少し、衣が割れ、中からクリームが湯気をたてて見え隠れする。

まるで笑顔がほころんでいるよう、

ほこほこカニクリームコロッケ♪

家族みんなで、いただきまぁす♪

平成20年新春の御挨拶 

January 05 [Sat], 2008, 1:02
初春のお慶びを申し上げます♪

新年早々に、就職先から賀状が届き、驚きのあまり後ろに仰け反り、廊下の長椅子に頭をぶつけたP−OKKYです♪
さらにさらに、昨年は厄年だった、ということに親戚のお寺に詣でたところ伝え聞かされ、それがまた!厄除け寺だというから、おもしろい。ぶわははは♪

こんなドジなところもある私。昨年は皆様に大変お世話になりました。ありがとうございました。
本年も宜しくお願い申し上げます(o´▽`o)

笑う門には福来。
昨年は、悲しい辛いと嘆いてばかり、哀れむばかり、自分を守ることばかりでしたが、今年は厄も晴れ、明るく元気に歩みたいと思っております。

初心貫徹。
また今年は、笑顔は人を倖せにする、という堅い信念のもと、選択した専門職に成る為の一歩を踏み出す年。
♪はーじーめーの第一歩♪だるまさんが転んだ、で、次の鬼を決めるときに、鬼が踏み出す一歩。誰を次の鬼にするか見据えて、一歩を踏み出す。その一歩は、小さな一歩でも、既に、その一歩は、次の未来への大きな第一歩なのです。

一歩を踏みしめるとき、見据えた未来があったなら、そこへ向かって、突き進むの。ただ前をむいて。しっかりと。一歩。また一歩とね♪

チュー(子)ことで♪
書き初めは『初心貫徹』で決まりっ♪

皆様におかれましても、なにはともあれ御健康であられますように♪
益々の御発展、御多幸をお祈りしております(o^ヮ^o)

2008.1

大晦日 

December 31 [Mon], 2007, 20:24
親愛なる皆様へ

慌ただしい年の瀬を迎え、ご多忙のことと拝察いたします。

本年は、年女ということで格別な思いをもち新年を迎えました。実習に研究に国家試験にむけての勉強と一年を通じて気持ちの面でも、身体の面でもストレスの多い日々だったように思います。

駄菓子菓子♪

患者さんに、先生に、先輩に、後輩に、友達に、家族に

なにより仲間に支えられ、
私は一年を乗り越えることができました。

ありがとう、ピアっこ。
ありがとう、ももいろ。
ありがとう!Fグループ!
気遣ってメールをくださった方、つっけんどんに返してしまってごめんなさい。そんなことがあって連絡も疎らになってしまってきちんとお礼をいうことができてなかったように思います。なので改めてここで感謝を込めて、ありがとう。

見守ってくれてありがとう。

皆さんのおかげで、今、年越し蕎麦を幸せに食べることができてます(ん?)


皆さんのおかげで私は色々な面で成長することができ、充実した一年を過ごすことができました。


大変お世話になりました。
お世話した覚えのない方も、ありがとう。あなたは、生きているという真実で、私に勇気を与えてくださったんです。


ありがとう。


よいお年をお迎えください。

クリスマスカロル 

December 25 [Tue], 2007, 22:02
メリークリスマス♪

今日の朝起きてキッチンにいくと靴下がぶらさがっていて、そのなかにメッセージカードと詩集(*ノωノ)いやーん、嬉しいっ♪thanks mam♪

それでささやかながらお返しを…
今日は、香味ソーセージとほうれん草をつかったキッシュを作りました。

うましー(><*)(><*)

と思っていた昼。

夜は、キッシュソースの残りを使ったキャベツのホワイトクリーム煮♪

うましー(><*)(><*)

高カロリー食万歳っ


お返しになってないじゃーん(´・ω・`)

happy christmas♪ 

December 24 [Mon], 2007, 7:30
クリスマス・イヴです♪

ラジオでは朝からクリスマスの幸せな曲が流れてます。

今年のクリスマスは、ホワイトクリスマスならぬ、ホワイトフルムーン音クリスマスデイに飾られたムーンロードをまだ夜が明けるほんの少しの間の暗い時間にみることができ始まりました。

そうじゃなくても
今年のクリスマスはちょっとだけ特別♪
なんていったって、海を渡り、山を越えて、虹をかけて、子供たちに、そうこのクリスマスデイに、プレゼントを贈ったんだもん♪

でも…アフガニスタンってインディアに近いから…クリスマスデイとか祝うのだろうか、と考えてみる。
イギリスとの三度にわたるアフガン戦争を経て、イギリス領だったこともあったなぁ。あれから王制も廃止されて共和制になったけど文化も何もかもめちゃめちゃにされたんだよなぁ…今、タジク人が力をもってる。今復興してる途中の国。
文化や言語も多様ではあったような…。

検索結果…イスラム国じゃんorz


でも…役立つプレゼントだし、いっか♪彼らの笑顔を思い浮べるだけでうれしくなってハッピークリスマスだわぁ♪

他国だけじゃなく母国の人、世界中のだれもがHAPPYを感じることができる日であるように願います(o´・ω・`o)

RATATOUILLE 

December 20 [Thu], 2007, 22:56
「レミーのおいしいレストラン」みました♪

うまし!ハッピー感じました(人´∨`)

料理は人を幸せにする♪
映画も人を幸せにする♪


この世のほとんどは、幸せに生きるためにある♪

幸せになるためにある♪

人間だけじゃない、すべてが。

細く長い道 

December 20 [Thu], 2007, 22:54
私は物作りが好きだ。
高校は工業高校に通い、多くのコンクールや一般公募されているコンテストに絵を出品した。
しかし、これといった秀でた才能はなく、あるといえばガッツと燃える魂ぐらい。だからといってそのガッツや燃える魂が、長続きするわけもなく、まさに鉄同様。こんなところは、今もかわっていない。たいして努力もしない。
ゆえに、高校時代に私が手にした賞は片手で数えたほうが早いぐらいだ。
それにもかかわらず、私は美術系の大学それも国公立にどうしても入りたいと願った。それで二年。絵を描いた記憶もあるし、多少はガッツを誉められたこともある。
しかし、やはりその道を私の人生における太い道にはできない。そう思い、私は夢を細く長い道にかえた。
物作りと言えば、私にはほかにも細く長い道がある。料理。
私は絵を描くのと同じくらい料理を作るのも好きだ。まぁ、これもたいして力をいれているわけではない。
ではなぜ好きなのか。
それは、自分がガッツをいれて作ったものが喜ばれる。そうしたらまた作りたくなる。私の場合、絵もそうだ。たくさんの努力と才能をもちあわせた人々に囲まれ、できない自分と常に向き合っているより、(そういう時間はたまにで十分)ゆっくりと呼吸し、好きなものを描き、好きなものを作り、それを喜ぶ人がいるなかでいたほうがのびのび絵が描けた。私は今描いている絵のほうが好きだ。



今、はたと思うことがある。
確かに、体も心も冷めた日に、冷たい水につかることは困難だ。暖かい湯につかることのほうがいい。
しかし、暖かい湯につかった次の日、また冷たい風のなか歩いて体も心も冷えても、暖かい湯につかる場所があれば、冷たい日々ものりこえていけるのではないか。
そんなあたりまえのこと…と思うかもしれない…私でさえそう思う…






私の描く絵、私の作る料理が―たとえ一部の人であってもいい―その人にとって暖かい湯を浸かる場所を提供できるものであることを願ってならない。
そうであることで、私も同じ暖かい湯に浸かり、また冷たい風のなかでも歩き疲れはてることができる。

それが私にとってのどのような場面であれそうだと願うのだ

私はパワーを貯める容量が大きい(ようだ)。そのパワーを発ししつづけるには、たくさんの細く長い道が必要なのさ!

或る日、 

December 12 [Wed], 2007, 8:14
或る日、私は話すことが億劫になったことがありました。

私ができないことや、至らないことを、自己認識したときには、本が教えてくれるのです。というのも、最近の本は、或る一つの箴言をわかりやすく表題につけ、それを掘り下げている本が多いのです。

うん。

そうなの。
私は、近年以前の本に好む本が多いのは、自分で考える、自分で気付く、という能動的な部分が多いからなのかな、と思います。

ひとつのことに固執して書かれてあるわけでもなく。だからといって、ただつらつらと訳のわからないことが書かれてある訳でもない。
或る程度の知識があれば、世界がどんどん広がる。
想像力が豊かになる。


(違うかなぁ…?)

そんな訳で、最近の本は、私が感じたこと、なんかより、本が発しているメッセージを受け取る、ってことのほうが先行している。それは本だけじゃなくて、ほとんどがそう。

そして、それを好んで受け取ってきた人。その人と接するときの悲しいこと。
受け取ることになれてしまっているからか、メッセージが発せられないことを不思議に思うみたい。
さらに、自分で考える機会が少なかったからか、他者のまがった論理や主張に気がつきにくいみたい。

かと思えば、狭い見聞のなかで考えて、そのなかで人を判断していくの。

なんだかなぁ。

(機会が与えられなかったのは、子供たちのせいではないんやけど)

そういう時代やからこそ、機会を自分で作っていく必要があるし、自分で考えたことを伝えていく必要があると思うんです。


でも、受け取り手が、受け取った考えにひっぱられたり、今まで受け取ったメッセージばかりを思い起こしていたら、会話にならないんじゃないかな?

表面上はなっていても。


まぁ、そんなことがつづくと、話すことが億劫になったりするんです。
会話が成り立っていない会話を続ける人々。

考えをかわすことを忌み嫌う人々。
ああ、うなだれる。
そして一番は、
やっぱり
私もその時代に生きてきた一人だってことなんだよなぁ。

ああ、うなだれる、


駄菓子菓子!

うなだれてばかりもいられない。

世の中に暗いことばかりだっても。

その暗い世の中を変えていけるのは、暗くした人間だけなんさ。

土を食べるんやって。 

December 10 [Mon], 2007, 8:27
ペルーって「チャコ」っていう土を食べるんやって( ゜Д゜)

しらなんだ。

毒を吸着して体外に排出するミネラルも含んでるから、胃腸潰瘍容剤として医療に使われてるんやと。

しらなんだー!
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
コメントありがと☆
アイコン画像ひい
» パンデミック特集 (2008年01月17日)
アイコン画像JUNKO
» 平成20年新春の御挨拶 (2008年01月06日)
アイコン画像JUNKO
» 平成20年新春の御挨拶 (2008年01月06日)
アイコン画像P−OKKY
» クリスマスカロル (2008年01月01日)
アイコン画像P−OKKY
» 大晦日 (2008年01月01日)
アイコン画像JUNKO
» 大晦日 (2007年12月31日)
アイコン画像JUNKO
» クリスマスカロル (2007年12月30日)
アイコン画像P−OKKY
» 或る日、 (2007年12月13日)
アイコン画像P−OKKY
» 或る日、 (2007年12月13日)
アイコン画像P−OKKY
» 土を食べるんやって。 (2007年12月13日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

にゃんこ