ホルモンの作用

April 17 [Wed], 2013, 18:07
この原因は色々な要因があります。
高血圧や狭心症、心筋梗塞などたよくです。
慢性心不全の場合には体内が余分である水分を摂取して除く「利尿剤」、
心臓の活動を助ける「ジギタリス(foxglove)制」、
心臓にかかる負担を軽くするアンギオテンシン(angiotensin)
変換酵素潮解制などの「血管拡張剤」、
長期的には心臓に障害を与えやすい神経やホルモンの作用を抑制する「ベータ遮断剤」などがあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タケちゃん
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a9ha6tqr/index1_0.rdf