妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取する

January 30 [Sat], 2016, 8:26
妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離せない関係の二つです。
その理由は、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。
この話はもちろん、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。
妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から葉酸を摂るようにするのが良いでしょう。
妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
具体的に、葉酸を多く含む食品は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。
また、他にも枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。
ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが困難な方も多いと思います。
普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリを飲むことも間違いではありません。
サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、食事では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できますから、おススメです。
胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」が知られるようになってきました。
葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、定期的な摂取の結果、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸を摂った方が良いと思います。
葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。
ですが、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。
さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を25種類前後入っているものを選べば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。
ですので「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も摂取をオススメします。
妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、日本の行政機関である厚生労働省も妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。
体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿などに混じって排出されています。
ですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。
ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。
サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された分量と用法を守ってください。
葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。
その中でも先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は最も注目したい効果です。
ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、葉酸をしっかりと摂取することが大切だと思います。
ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。
葉酸のサプリであれば計算や摂取も難しくないですから是非試してみてください。
葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素なんですよね。
普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事で葉酸を補給するのも難しい時もありますよね。
そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリ等の栄養補助食品を利用することで不足した葉酸を確実に摂取できるという訳ですね。
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。
早く赤ちゃんを望む周囲の期待や時間的制約による焦りが不妊治療に通ううちに重積してくるケースもしばしば見られ、相当悩んでいる人もいるのです。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大切です。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性側が主体となって行うもののように感じますよね。
でも男性にも出来る妊活があるんです。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
不妊などの原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、男性側の問題だというケースもあります。
中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食生活を見なおしてみるのは一つの手かもしれません。
精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、不健全な食習慣の下では受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、期待できませんよね。
妊娠しやすさのためには夫妻そろって健康的な食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナナ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a9clornayi9sel/index1_0.rdf