妊婦にとって葉酸の摂取は胎児の健康

February 08 [Mon], 2016, 22:30
妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。

とはいえ、ご飯で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が良いとされています。

サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してちょーだい。


葉酸を効率よくはたらかせるためにも、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてちょーだい。



ご飯で手にできる栄養素と相互作用することで、葉酸も効率よく働けるというワケです。



一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてちょーだい。


妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活以外に、十分な葉酸の摂取が厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。



葉酸はさまざまな食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。
サプリメントによる補給もおススメですが、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。
ですから化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが大事です。妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。


しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。
妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体の健康維持を考える上でも重要な役割を果たしているのです。



ですので、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、赤ちゃんの授乳が終わるまでサプリを続けるという摂取方法がオススメですね。一般的に、妊娠中は当然のこととして、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、普段通りの生活を送っていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合もありますよね。

葉酸の摂取不足は妊婦さんに共とおする悩みですが、一番おススメしたい解決策は、サプリです。葉酸サプリであれば、普段のご飯を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。ですから、ご飯での葉酸摂取に不安がある方も安心です。

不妊の一因は冷え性だともいわれています。
体が冷えて血のめぐりが悪化すると、摂取した栄養が上手く活用できなくなって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。血行を良くして、代謝機能を底上げするだけでなく、ストレスを和らげる効果もあります。冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なんです。



いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養をもらいながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。この時に葉酸が大変重要な働きをするのです。葉酸単体での吸収率は低いために、総合サプリメントを選択すると良いでしょう。


総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとって一体どういった成分が必要なのか分からないという方が殆どでしょう。

総合サプリの選び方で悩まれている方は、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、サプリを選んでみましょう。
妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。

赤ちゃんが健やかに育つように、たとえばサプリメントなどを活用しながら葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日あたり0.4mgとなっています。さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、大変でしょう。サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。


不妊でクリニックに通うのはお金がかかってしまいますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。自治体から助成金が支給されますが、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる例が多いのが実情です。治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

今年で40歳になる私ですが、体力と時間とお金のことばかり考えて、疲れきっています。ところで、葉酸とはどういった栄養素なのでしょう。
葉酸は、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Bの一種で、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。



葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。
それは推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠の初期の段階で一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。


また、厚生労働省が推奨するように葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良い選択でしょう。友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。


長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言い出しにくい感じがしたので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。

月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、妊娠できなくて、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。相乗効果なのか、服用後2か月には赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミツキ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる