高卒でエンジニア 就職をすることの是非

June 02 [Thu], 2016, 9:01
IT関係のプログラマーやエンジニア、またデザイナーなどの仕事は、学歴よりも本人がいかに実力を持って仕事がこなせるかが重視される現場です。
大卒のほうが知遇がよく感じるとあっても、それはあくまでも年齢の差であり、長く生きてきた分だけ実力もあるだろうという評価をされるからです。

たとえ高卒、18歳で就職しても本人が勉強熱心で高い実力を持っているのならば、エンジニア 就職をすることも決して難しくはありません。
ただし、やはり大卒と比較して4年間の人生経験の差は大きい物があり、平均的な実力を見れば高卒で即戦力となれる人は少ないです。
そのハンデを覆すためには本人がたゆまぬ努力に励み、どんどん自分から勉強をしていくことも必要です。

IT関係の仕事は、本人のセンスというのも出てくるので、勉強次第では十分に若年でも実力を身につけられるでしょう。
ただしもう一つ重要なのが社会人としての常識や経験です。
言葉遣いであったり、周りとの付き合いかた、外部とのやり取りなどそういった部分も社会人としては仕事を行う上で非常に重要です。
そのような力は勉強だけでは身につきにくいこともあります。
なので高卒の学歴でIT関係に就職をしたい時も、まずはいきなり会社に正社員で入るよりも様々な現場にアルバイトで入り、そこで経験を積んでいくのが良いでしょう。
年齢はハンデにはなりにくいので、バイトで経験を積んで実力を証明できればエンジニア 就職は容易くなるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:倉コト
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a8zhirt6n0k/index1_0.rdf