副交感神経が優位になると

September 17 [Sat], 2016, 16:32

ポリフェノール最大の特長はL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)違っていて、細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化しにくくする効果に優れています。


「肝機能の衰退」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等の値によって診ることができますが、ここ数年で肝機能が減衰している人が増加傾向にあるそうです。


気分障害の一種であるうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、著しい倦怠感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図等の深刻な症状が出現するのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a8l4s211390
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/a8l4s211390/index1_0.rdf