ニビル接近の歴史的記録…その時、太陽系で何が起きたか?。

September 01 [Thu], 2011, 23:50
バビロニア天地創造の叙事詩は遺跡にあったそのままの文章※ティアマト地球の前身。火星と木星の間にあった。この叙事詩の中にニビルが太陽系内の中心に近づく様子を物語っている部分があります運命の部屋、運命の場所で神は生まれた神々の最も有能で最も賢いもの深い所の中心でマルドゥクニビルがくられた宇宙から現れてきたマルドゥクは、まだ生まれたばかりの惑星で、火を出して、放射を発していた。彼が唇を動かすと火が外へ燃え立ったマルドゥクが他の惑星に近づくと、彼らは恐ろしいきらめきを彼にどっさり与えたそして彼は明るい光を放ちの光輪を装ったこのように彼が接近すると太陽系の他のメンバーは、電気や他の放出を誘発されたのだった。この物語はマルドゥクの進路にそって我々を案内する。最初に彼を生じさせ太陽系にwedding cupid引き入れた惑星エア海王星の横を通過する。マルドゥクはその時、まだ形成途上の段階にあったので、エア海王星を過ぎる時、引力によってマルドゥクニビルの側面は膨らまされ二番目の頭を持かのようになった。マルドゥクはこの通過で裂かれなかったが、アヌ天王星の付近に達すると大きな塊が彼から飛び散りはじめ、4の衛星となったアヌ天王星が四の側面を膨らませて形作り、この群れのリーダーにその力を引き渡した風と呼ばれたその四wedding cupidの衛星は、マルドゥクのまわりの速い軌道に突っ込まれ嵐のように渦を巻いていたマルドゥクはどんどん進んでいくと、すぐに巨大なアンシャール土星とキシャール木星の莫大な引力と磁力の作用によって捕らえられ、彼の道は、太陽系の中心ティアマトの方へ、いくぶん曲がっていった。マルドゥクの接近がすぐにティアマトと、内惑星火星、金星、水星を乱しはじめた。彼は流れを作り出し、ティアマトを乱した。神々惑星は休息できず、嵐の中にいるようにもみくちゃにされた次の部分は途切れがちに遺されている近づいてwedding cupidくる惑星が活力を薄め彼らの目を衰えさせるティアマト地球の前身もひどく動揺して歩いたこれは明らかに乱された彼女の軌道を表している。接近してくる巨大な惑星ニビルの引力は、すぐにティアマトを裂きはじめた。続く
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a8hqdudxe0
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a8hqdudxe0/index1_0.rdf