紫外線は肌にどんな影響を与えるのか

May 20 [Tue], 2014, 12:58
お肌に届く紫外線Aと紫外線Bは、それぞれどういった変化をお肌に対して及ぼすものなのでしょうか。UVAは主に、肌を黒くしたり、しわやたるみなどを促進したりします。UVAは、浴びるとすぐに肌を黒くします。紫外線は窓ガラスを透過して皮膚にまで届くことから、曇っている日でも皮膚の奥の部分にまで届いてしまいます。曇りの日でも室内にいてもUVAによる肌への影響はなくならないといえます。紫外線B波は、肌の炎症やそばかす、しみを増加させることがあります。UVBはUVAとは異なり、真皮にまで到達することはありませんが、主に表皮に強く作用するため、日差しを浴びて数時間経ってから肌に赤い炎症を引き起こします。UVBを受けた皮膚はメラニン色素が増加し、しみやそばかすになることがあるようです。明らかに目に焼けた日焼け症状がなくても肌は紫外線の影響を受けています。知らないうちに紫外線を浴び続けることで、肌は光によって老化させられています。紫外線を浴びないためには、防御する必要があります。紫外線カット効果があるスキンケア用品やメイク用品を用いたり、紫外線対策の日傘やサングラスなどがいいでしょう。夏でも露出面を減らした服装を選んだりして、紫外線を浴びない工夫をして肌を守りましょう。
ブライダルエステ 予算
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a8dlmty7q7yi2v
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a8dlmty7q7yi2v/index1_0.rdf