一人親方労災保険の特別加入が許される職種とは? 

June 02 [Fri], 2017, 0:50
一人親方労災保険に加入する意思がおありな方は、次に挙げる該当職種をご参考にしてください。
建設現場での解体作業や電気工事、内装仕上工事などが挙げられます。

一人親方団体労災センターから一人親方労災保険に加入できるのは、建設の事業をしている一人親方が対象です。
ガス工事や道路工事、鉄筋工事も加入対象なので、現時点の職種がその保険の加入条件を満たしているのか気になる方もその条件に当てはまっているかもしれません。
左官工事や板金工事、水道工事も例外ではなく、一人親方労災保険に加入できる職種がいかに多いのかがよく分かります。

驚くべきことに、一人親方団体労災センターのサイトに掲載されている職種以外の建設業でも特別加入が許されるケースがあるようです。
気になる方は、そのセンターに問い合わせをしてご確認してみてはどうでしょうか?
意外な職種が加入対象だと聞かされた瞬間に、自分のような事業主にも手厚い補償が受けられるようになる!と希望を抱くようになるかもしれません。

一人親方労災保険に加入するとこんなにメリットがいっぱいあるんです! 

March 30 [Thu], 2017, 10:14
一人親方も手厚い補償で守られるべきなので、一人親方労災保険の加入を推し進める動きが顕著になっているでしょう。
その保険にはどんな良いことがあるのか?と気になる一人親方は、次に挙げる一人親方労災保険の加入メリットをご覧ください。

まずは仕事中に怪我した場合、自己負担なく無料で治療が受けられる点です。
今まで怪我する度に治療費を払っていた一人親方は、何て頼れる補償なんだ!と感激したのではないでしょうか。

治療に専念するために休業した際は、給付基礎日額に沿った額の休業補償の給付が発生します。
仕事を休んでも給付されれば、落ち着いて治療を受けて完全回復しようと思えますからね。

障害が残ったならば、障害の度合いと給付基礎日額に見合った額の障害補償が一人親方に与えられます。
いつ障害を患う程の労災に見舞われる分からないため、こうした補償があるのは心強いです。

一人親方がお亡くなりになった際の遺族補償があるのも一人親方労災保険の強み。
更に労災保険の特別加入をしていることで、元請会社などが安心して仕事を任せられるので、仕事の確保も叶えられて良いことづくしだと言っても過言ではありません。

一人親方労災保険は一人親方を救うために生み出されたもの 

March 29 [Wed], 2017, 9:51
一人親方が十分な補償がある保険に加入できない状況が長らく続いており、補償の薄さで不安の色を隠せない一人親方の苦悩は大きいでしょう。
一人親方だと労働者が加入可能な労災保険に加入できないため、労災が発生したときのリスクは計り知れません。

その理不尽さに見兼ねた一人親方団体労災センターは、一人親方労災保険で一人親方にも手厚い補償を受けられるように活動を始めました。
今なら新年度新規ご加入キャンペーンで入会金が一切掛かりませんので、その保険の加入意思がある方はお早めのご加入を推奨します。

組合費も年間通して10,000円と通常時と比較して2,000円安くなっているので、費用の捻出を幾分カットした状態で加入できてお得です。
一人親方労災保険の加入を促進させようとする一人親方団体労災センターの思惑が垣間見えるキャンペーンではないでしょうか。
不十分な補償で一人親方に辛い思いをさせるのを終わりにしなければいけない時が来ています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b8c
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる