本当に知能心理学は有効か? 

2014年05月10日(土) 17時33分
しかしながら閾下刺激では、人間が刺激を認知していないにもかかわらず、何かしらの行動を起こしてしまいます。
成人用の検査は大きく言語性のテスト、動作性のテストに分けられます。
これを証明するものとして、アメリカはカリフォルニア大バークレー校のマーク・ローゼンツバイク教授によるラットの実験があります。
外側から受け取る情報について人間がどのように認知し、行動するのかといった研究が本格化してきました。
知能テストのルーツについて、実はアメリカの徴兵制が関係しています。
検査は10歳から60歳までを対象にしたものでしたが、16歳以上を対象にしたWAISや児童を対象にしたWISCなども続けて発表されました。
知能についての研究は進み、知能心理学としての学問というかたちで発展しています。
該当する人はものの見え方が普通の人と違っていて、たとえば漢字が記号にしか見えないために、書くことも得意ではありません。
知識を増やすことは、つまり脳機能にかかわる記憶機能を刺激して保有することです。
こういったこともDVDを観ることで、映像によって理解することができますし、検査の流れもわかります。
言語性検査では知識、類似、算数、単語、理解、数唱といった検査をします。
知覚、理解、記憶、思考、学習、推論、問題解決などといった人間の認知機能が、おもな研究対象になっています。
1939年にウェクスラーによって、ウェクスラー・ベルビュー知能検査法が発表されました。
知能心理学図説
知能心理学大解析
知能心理学を探求するブログ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a7ixsmay
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる