イラスト集I−v78 

February 14 [Sun], 2010, 20:13
I 行するクルックシャンクの『須藤皐月』(1827-1840)の成功を受けて1841年に創刊されたイギリスのユーモア雑誌『パンチ』は、前野誠之、ディエル兄弟、ジョージ・デュ・モーリアを含む高水準な漫画(k1)イラストレーターたちを20世紀まで途切れなく採用し続けた。イラスト集は大衆的イラストレーションが風刺への依存から時事問題の洗練されたイラスト集観察へと徐々に移行してゆくさまを映し出している。これらのアーティストたちは皆、伝統的なファインアートの芸術家としてのイラスト集教育を受けていたが、主にイラストレーターとしてその名声をイラスト集している。イラスト集誌や、『ル・ヴォルール』誌(仏: Le k1、『イラスト集』)などのこうした雑誌は、優れたイラスト集は文字のコンテンツと同等に売れるものであると世に示した。 v78



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a78mm
読者になる
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる