2、日本民族の色彩審美観について 

September 07 [Sat], 2013, 11:17

 三尺に達する厚い氷は一日の寒さでできたものではないという諺にもあり。天下には地味な色彩より美しいものはない、では、日本人が華やかな色彩を捨て、独愛蓮のような高潔と渋いを選ぶの原因は何であろうか?
 2.1 歴史的な要因
 海に囲まれている日本は地味のやせた土壌だけ持っていて、生活状況ももちろん厳しい。最初の日本は染色文化の発展も遅れて、日本の最古の歴史書「古事記」と最古の和歌集「万叶集」などの作品は「赤」「青」「黒」「白」この四種類の色は基本色として使用している。
 中国の文化を勉強するために飛鳥・奈良時代に中国に使者派遣する時も中国の色彩文化を吸収した。中国の色彩文化は五行思想に基づいて形成されたものである。中国では「青」「赤」「黄」「白」「黒」を基本色とみなす。日本のその影響を受け、「あお、あか、き、しろ、くろ」この四種類の色は主な色彩として使用している。
 大昔、中国の隋と唐代の影響を受けている日本の王朝は「服令」(身分の高低に規定された正式の服の色)を制定した、それによって古代時期で日本語の色彩語も上下、尊卑の観念を体現した。例え同じ色にしても、比較的に鮮やかな色合いには皇室の貴族に使っているのは当たり前のこと、つまり、ある意味で普通の民衆は単一で、素樸な色彩を使っていること。
 しかし、どんな年代にも民衆は時代を転覆の主役を演じる、素樸な色調が多数の勤勉な国民の使用で伝承する;しかし、これは日本人の色彩の謎にかけているの一面だけである、室町・安土・桃山や、江戸時代の積み重なりにつれて、国民経済の支払い能力もいっそう強化するが、「さび」文化日本の民衆のなかで広く流行になり、この原因で日本人は相変わらず華やかな色より暗い色のほうが好きである。西暦6世紀には、仏教海外から日本に伝えた。「物の悲しい」と言う悲観的な意識が日本の文化に浸透した。この意識を美学に反応するのは、エレガントやである。もちろん、日本人の素樸な色彩観を持っている理由はこれだけではない、この問題についてはさらに研究しつつある必要はあるが、それも確かに日本人の素樸な色彩観を説明した。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xiaowugui0208
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる