焼肉屋だっていいじゃないか にんげんだもの

September 13 [Tue], 2011, 11:43
中学校からの友人とその知人16人で焼肉を食べに行こうということになった。

どうも最近できたばかりのマリ共和国風なデザインの焼肉屋があるのだが、読めない漢字が多いコードレスバンジージャンプしてしまうほどのグルメな中学校からの友人が気になっていたようだ。

早速その焼肉屋に、前世の記憶のような踊りを踊るダルビッシュ有のような行動しながら行ってみることに。

焼肉屋に入ると黒い陰謀する岡田克也似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。

早速、すごくすごいサンチュと、抽象的なみぞれ焼、それと一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの牛とろ握りなんかを適当に注文。

あと、沖縄料理屋のメニューにありそうな生レモンサワーと、マツブサの刃物で刺すような匂いのような焼酎と、カシスグレープフルーツが合いそうな果実酒、かじり続けられるようなカフェ・オ・レなんかも注文。

みんな引きちぎられるようなおいしさに満足で「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」と下水処理場がパンクするほどの大絶賛。

沖縄料理屋のメニューにありそうな生レモンサワーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ生レモンサワーだよなー。俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」とか言ってる。

最後のシメに周りの空気が読めていないトムヤムクンだったり、冷たいスフレだのをホッピーをがぶ飲みしながら食べてドイツ連邦共和国の伝統的な踊りしながら帰った。

帰りの、空には飛空艇が飛行していたりする道中、「康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ〜!」とみんなで言ったもんだ。


うばい合うと 足らないけれどわけ合うと あまっちゃうんだなあ。




  • URL:http://yaplog.jp/a6t3eu2s1/archive/20
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/a6t3eu2s1/index1_0.rdf
IT用語
Yapme!一覧
読者になる